原田マハ

素晴らしい小説をご紹介
原田マハさんの、「キネマの神様」と「奇跡の人」 この二冊、抜群に面白いです。
映画ファンにはたまらない、雑誌「キネマ旬報」ファンには、たまらない1冊が「キネマの神様」
ヘレンケラーを思わせる「奇跡の人」は、人間の尊厳について、深く、深く考えさせられる1冊です。
ぜひ、読んでみてください。大感動間違いなしです!!haradaa,jpg
kineka ,jpg
スポンサーサイト

気分はブルースリー

昨晩は、久々に、リンクスに行って、フィットネス。「ボディコンバット」「ボディバランス」あまりにきつくって、へたりこみそうになるが、そのたびに「俺はブルースリーだ」って、自分を励まし、なんとか、やりきってきました。
いつも参加者の中では、最年長のようなわれわれ夫婦ですが、この年で、こんなにハードな運動してもいいのか?って、思いながらも、なんとか、週に1回は行きburusu,jpg
たいなあと思うのであります。

幸せとは

もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上に屋根があり、寝る場所があるのなら、あなたは世界の75%の人達より恵まれている。
世界には、栄養失調の人が沢山いるのに、それよりも多い、肥満の人がいる。
日中は、ミサイルや弾薬を作っている人が、夜、家に帰ると、家族団らんを楽しんでいる。
世界中の人が、全て、公平に幸せになることは、けっしてできないように、世の中はできている。
戦争が無い世界とは、幻なのだろうか?
家族が顔を会わせて、一緒に食事ができる、そんな小さな幸せを得られている人が、全体の25%しかいない。
それが現実だ。とてもとても悲しい現実だ。
そういう現実から、顔をそむけて、今、我々は、毎日を過ごしているのではないだろうか?
毎日、食事を提供して、美味しいと言ってもらえる、私の仕事は、とてもありがたいことなのだと、つくづく思うのだ。ennkai,jpg

奈良時代の貴族の最高級の贅沢な食べ物、それはチーズ

醍醐味という言葉がありますが、これは最高級の乳製品「チーズ」のことなんです。
奈良時代、今の「チーズ」のことを、「醍醐」と呼んでいました。
平安時代は、仏教上の理由で、乳製品は一切食べなかった。
しかし、奈良時代からは、考えが変わって、乳製品を食べるようになった。そのため、この時代から、飛躍的に平均寿命が伸びたのだそうです。
チーズと言えば、そう、ピザですね。おれんじのピザ、チーズも薄焼きの生地も美味いよ!!5gatu8.jpg

トイレの歴史

昔、ヨーロッパの婦人たちは、みんな釣鐘型のスカートをはいていました。今のウエディングドレスなんかもそうですが、あのスカートの形は、昔、ヨーロッパにはトイレが無かったからなのです。
フランスなどでは、トイレがまったくなく。みんなおしっこも、うんこも、そこらじゅうで、すませていたのです。だから町中が糞尿だらけ、とても汚かった。ハイヒールの靴の形も、うんこを踏まないために生まれたものです。
そして、あのスカートも、誰の目も気にせずに、街中で、おしっこをするために、あの形になったのだそうです。
香水がフランスで生まれたのも、糞尿の匂いを消すためなんです。

そこいくと、我が日本は、かなり昔からトイレがあった。昔トイレのことを「かわや」「厠」と呼んでいたのは、トイレが川の上にあったから。糞尿をそのまま川に流していたんですね。今もインドや中国では、トイレは川の上に作られています。

衛生的には、日本はフランスよりはるかに進んでいたのです。suka-to.jpg
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036
うすい百貨店向かい みずほ銀行の裏で
「串酒場 ピザ酒場 おれんじ」という居酒屋をやっています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク