みんな仲良く。

サッカーやオリンピックを見ていると、いつも思うのですが、スポーツの舞台ではあんなに仲良くなれるのに、
なぜ戦争が終わらないのか、と。
今回のワールドカップには、韓国も北朝鮮もでてました、。同じスポーツ、同じ舞台にたつ国が政治の世界では
緊迫している。なんで?
スポーツは全て戦いです。ルールのある戦い。ルールがあるから、戦いが終われば、互いに健闘を讃えあえる。
でも戦争はルールなき戦い。憎しみと欲望だけの世界。
同じ戦いでもこんなに違う。同じ人間がやっていることなのに。

戦争を終わらせることは、人類究極の課題。いままでに、これまでの歴史のなかで、一度も成し遂げられなかったこと。やればできるはずなのに。
DSCN0978.jpg
世界平和をいっぱい歌ったビートルズはだから偉大なのです。世界中のみんな、誰一人残らず、ビートルズファンだったら、きっと世界は平和。
「え!お前もビートルズ好きなの!」「俺も大好きなんだよ」こんな会話が戦場であったら、ぜったいに
この二人は殺し合ったりいないから。
スポンサーサイト

反比例

最近はサッカーが熱いですが、それに反比例するかのごとく、相撲が批判の的です。
たしかに相撲界はひどすぎる、いっそ相撲などなくしてもいのではと思えてしまうくらい。
国技といいながら、チャンピオンは外人だし、国技にする意味はないと思いますね。
柔道や空手とちがって、海外に普及するわけでもないし、リンチに博打に悪の温床でしかない。
それでもちゃんと普通に場所をやるという神経が信じられない。

サッカーがこれほどに人気なのは、だれでも、ボール一個あれができる手軽さでしょうか。
格闘技もこれぐらい人気があれば、もっと盛り上がるのにねえ。

人気があるスポーツがあれば不人気のスポーツもあるように、飲食店も繁盛店と、閉店に追い込まれる店も
ありで、大変です、。完全に需要と供給のバランスが壊れているのが飲食業界。
店が多すぎるのですね。

店が多いとそれだけ競争が激しくなる。郡山、福島、いわき、3市とも人口は33万人、でも飲食店は
断然、郡山が抜きんでて多い。大変なんですよ。サッカーにあやかりたいなあ。

DSCN0606.jpg
国民食ともいわれるカレー。不動の人気です。

虹の色って

虹の色って、みんな7色と思っていますが、実は違います。人間の目、日本人の目には7色に見えているだけ、
外国では5色と教えている国もあれば、6色、8色と教えている国ありで、様々です。
本当は無限のいろいろな色でできています。色と色の間に中間色があって、これが無限なので、
何色に見えるかは、その人の自由でいいのです。

学校教育はそういう自由さがあっていいと思います。歴史の授業など、私が学生だった頃はただ、誰が、いつ
何をやったかを、暗記するだけで、まったくおもしろくなかった。
でも今、歴史小説を読むとおもしろくてしょうがない。
「龍馬はゆく」などを歴史の教科書にすれば、授業がどれほどおもしろくなることか!

たとえば江戸時代、なんと屎尿回収の仕事があって、回収業者は街中の屎尿を集めて、これを
農村まで運んで、農民に売り、これを肥料にしていた。
だから、江戸はすごく清潔だった。
同じころ、フランスではこのシステムがなく、パリの街中はいたるところ、屎尿だらけで、夫人たちは
歩くのに、困って、ハイヒールという靴が生まれた。
なんと、江戸は同じころ、フランスより、衛生面でははるかに優れていた。
こんな歴史は授業では教えてくれない。

学ぶことは楽しいこと、学校の先生方はもっと楽しさを考えてほしい。

食事をする時も楽しい方がいい。オレンジではいつもたのしい音楽をそえて、お食事を提供しておりますです。
それはビートルズであったり、エルビスであったり、モーツアルトであったり、平原綾香だったり、
それから、たのしい絵や写真やコミックや雑誌、
オレンジはただ単に空腹を満たすだけでなく、心に潤いを満たしたいと考えているのであります。
エッヘン!DSCN0976.jpg
楽しさあふれるロコモコ丼!お腹いっぱい、夢いっぱい。

感謝と感動

たとえば、ビールを飲む。わーうまい!!なんてうまいんだろうって、感動する。そうすると、
こんなうまいビールを作ってくれた人に感謝したくなる。

たとえば、旅館に泊まる。料理もうまくて、お風呂もよくて、スタッフの接客もよくて、また来たいなあと
思う、。これこそ感謝と感動。

人生はプチハッピーのミルフィーユ。小さな、良かったこと。感動したこと、感謝したくなったこと、
うれしかったこと。そういうことの積みかさね。

オレンジはあなたをプチハッピーにしたいです。その為のピザとパスタと音楽とそして
私たちのプチ笑顔です。失礼しました。H000043554_Q011_20090325233638.jpg
この緑が幸せを呼ぶか!!

ありがたや、お客様

当店のお客様、毎日来てくれる方が5%。週に2回の方が、10%。
週に1回の方が10%、2週に1回のかたが 15%。月に1回のかたが20%。
2か月に一回のかたが、15%。3か月に一回の方が15%。
初めての方が20%。こんな感じでして、
本当にお客様はありがたいのであります。

今日の最後のお客様、70歳くらいのおじいちゃま。近くのうなぎ屋に来たら休みだったので、しょうがなくて
来たけど、おたくもおいしかったからまた来るよ。だって、
ありがたい、ありがたい。
DSCN0460.jpg
おじいちゃまご推薦の和風スープスパです。

生き返る

最近、まったく休肝日が取れません。誘惑に負けて、ひたすら毎晩、お酒飲んでます。
疲れて家にたどり着く、お風呂にはいる。お風呂から上がればやっぱりビールです。ビールの次は
やっぱり焼酎、そしてウイスキーハイボール、その後にワインで最後に日本酒。こんなパターンでしょうか。

つまみは店でピザを焼いてくる。ピザ生地の上に余った食材をたっぷりとなんでも乗っけて、焼くのです。
店のあまりものが無い時はやっぱりコンビニ。
店の近くのファミマのおかあさんはドラえもんにそっくり。ドラえもんかあさんにいつも「オレンジさん、
今晩もフライドチキン、買ってがんしょ!!」と言われ、素直に従います。
その後、家の近くの7-11にも寄ってしまって、ここも女性店長が待ち構えていて、
「オレンジさん、メンチカツ、今揚がったよ!」と言われ、やはり素直に従い、買ってしまうのです。

それらのつまみとビールを飲むと、生き返るのでありました。

体重、コレステロール、中性脂肪、増え続けていることでしょう。
ストレスを増やすよりもいいかな。
DSCN0967.jpg
ビールのつまみはやっぱりピザが一番でしょう。

分相応

分相応という言葉があって、これは江戸時代の身分制度からきている言葉です。つまり分とは身分のこと。
サムライの子はサムライになり、百姓の子は百姓にしかない。
だから、江戸時代は競争がなかった。競争がなかったから、犯罪もなかった。江戸時代に江戸の住民は50万人
いて、今でいう警察官はなんと14人しかいなかった。じつに治安は素晴らしかったのです。

今は身分制度はなく、みんな平等、平等であることは、自由な競争のある時代。
競争に敗れたものは、大きな不満をかかえ、その不満がたまって、あの秋葉原やマツダ自動車のような
犯罪が生まれる。

だから身分があって、競争の無い社会がいいのかというと、そうでもない。これがむずかしいところ。


今サッカーが大人気。サッカーのうまい国の競争です。試合に負ければ、当然、悔しく、不満も残る。
ファンも熱狂の裏側は、狂気となって、負けた選手を許さない。そんなばかげたことがおこる。

競争の弊害は確かにある。でも競争がないと、世の中進歩しない。
オレンジも生き残り競争に負けそうですが、必死に頑張っているところです。
応援願います。
DSCN0943.jpg
この子の将来も激しい競争が待っています。頑張れ!

マイペース

来店されて、注文が決まるまで、すごく時間がかかる方がいます。当店のランチは16種類、ディナーは
アラカルトやドリンクのメニューも含めると100種以上ありますので、迷ってしまって
なかなか決めれないのもわかりますが、かと思えば、パット見て、すぐ決められる人もいて、いろいろです。

それから、お料理がきて、これを食べるスピードも様々です。気になるのはすごく遅い人、あまりにもゆっくりなので、まずいからゆっくりなのかと心配していると、たっぷりと時間をかけて、「おいしかった」と言ってくれたり。
でもやはり、スパゲッテイは時間が経つと、麺が伸びてしまって、まずくなりますし。ピザはやっぱり
あつあつのチーズがぐつぐついっているのをたべたほうがおいしいです。

早くたべるより、ゆっくりの方が身体にはいいのでしょうが、作る側としては、早く食べてくれる人がうれしい。

女の人はがつがつ食べる男の人を見ると、魅力的に見えるそうですし、おいしそうに食べる女の人を見るのも
いいものです。
おいしそうに見える食べ方はやはりある程度のスピードが必要かと思いますが、マイペースが一番でしょうね。
でも4,5人のグループで来て、一人だけ、異様に食べるのが遅いと、なんとも他の人が居心地が悪くなるのも事実で、ほかとある程度合わせることも、時には必要です。
H000043554_Q009.jpg
コース料理の場合、グループのお客様で、一人だけ、遅い人がいると、お料理をだすタイミングがすごく
難しくなりますね、しょうがない事ですけど。

お店いろいろ、人もいろいろ、

あの店のラーメンがうまいとか、あそこのカレーがうまいとか、まずいとか、
飲食店の味情報は話題に上りやすいですが、これはあの映画がおもしろいとか、あのテレビがおもしろいとかと
同じ性格の話題で、個人の好みによるところが多い。

味情報の他に話題になるのが、その店の店主の話し。あの店のマスターは愛想がいいとか、偉そうだとか、
やたら腰が低いとか、
あそこのママは人がいいとか、悪いとか、これもやっぱり、好き嫌いがおおいに左右する話しで。

絶対という観念はありえない。みんなに好かれる人というのは理想ですが、人間だもの、やっぱり
合う合わないというのがどうしても存在するから、
100人いて、100人にいい人といわれるのは不可能だと思うのです、。

でも客商売はやはり、感じのいい人と言われないと、いけないわけで、これがむずかしい。
個性というものがあるのが自然なので、それは100%を望まず、せいぜい80%狙いくらいで
いいのかなと思う、今日この頃

自分はやはり自分でしかないので、こんなマスターで良かったらどうぞ。と言うしかないかな。
どうぞ皆様、大いに、好き嫌いを語って、盛り上がってください。

DSCN0964.jpg
お料理も相性ですかね。自分の舌を信じて、お出ししておりますです。

ボックス

今日はお休みでした、、。
久しぶりに映画館で映画をみました。50歳以上の夫婦は二人で2000円。つまり一人1000円で見られるのです。
今日見たのは、「ボックス!」ボクシング映画です。ボクシングの試合で今は「ファイト!」とは言わず
「ボックス!」というのです。ボクシングをする。という意味です。
これは原作の小説があまりにも面白く、期待を胸に見に行きましたが、原作の面白さが充分に描かれていて、
傑作でした。
これは高校ボクシング部の話ですが、主演の市原隼人が素晴らしく。はまり役でした。
涙、涙で、試合のシーンは興奮して、妻も大満足の作品でした。

やっぱり映画は」映画館で見たいです。感動が違います。

スポーツはいい、特に格闘技はいい。個人戦というのは、チームでやるスポーツと違って、
勝っても、負けても、全て自分の責任ですから、そこが潔くてすこぶるいい。
あいつのせいで負けたとか、あいつのおかげで勝ったとか、そういう他の責任をうんぬんがなくて
いいのです。

ボクシング映画は傑作が多いです。代表的な作品はやっぱり「ロッキー」でしょうか。
シリーズ化されて、5本も作られましたね。シルベスタスタローンも大好きです。

ストレス解消はやっぱり映画ですかね、。
DSCN0976.jpg
ボクシング映画で熱くなったら、腹が空く、。そんな時にはロコモコ丼です。

モノラル

日本は残念、オランダに負けました。めったにサッカーは見ないのですが、今日の試合はほとんどオランダがボールをキープしていて、やはり力の差を感じましたね。
石川はがんばって、2日目2位で通過、これはすごい。この若者、本物です。

本物と言えば、先日頂いた、ビートルズのモノラル盤、これはなかなかいいです。
ステレオに比べれば、音に広がりがなくて、ちょっと聞くとつまらなくも感じますが、でも良く聞いていると、
音に狭さが感じられるものの、音に深みを感じ、本物の質感を聞き取れました。
しばらくは、店のBGMはビートルズnモノラルサウンドです。、。お楽しみください。
DSCN0977.jpg
DSCN0978.jpg
DSCN0979.jpg
DSCN0981.jpg
DSCN0980.jpg
本物の中の本物、ビートルズ。オレンジで食事と一緒にお楽しみください。

ビートルズ、モノラル盤

オーディオ専門店ののだやさんの店長が、ほぼ毎日、来店頂いておりますが、今日、この店長様に貴重な
ビートルズのモノラルボックスを頂きました。
初期のビートルズはステレオ盤とモノラル盤と2種類だしていたんですね。
モノラルの方が、やや音がこもって聞こえますが、これはこれで、レトロな雰囲気をかもしだしていて、素敵
なのです。
CD12枚組のモノラルボックス、ありがたく頂戴した次第です。
ビートルズを小学校の頃から聞き出して、40年。まったく飽きません。輝きっぱなしです。
ビートルズのような、たくさんの人に長く愛される店になりたいです。
DSCN0561.jpg

人間はちくわ

人間は、いや、この世の生物全てはちくわのような構造になってます。
ようするに、口という入口があって、肛門という出口があり、それをつなぐ一本の管。
その管の周りにいろんな組織の肉が付いている。
その基本構造はミミズも人間も一緒。
ちくわのような、管がいろいろ考え、悩み、苦悩しながら生きているわけです。

食べて、不要なものを排泄して、ようはその繰り返しが人生。
まず食べることから人間ははじまる。衣食足りて、芸術やスポーツがある。

だから飲食業は基本中の基本のお仕事。
食べることにまずは、満足して初めて、いろんな仕事もできる。あらゆることがまず食の満足から
始まるとすれば、
私の仕事にも、少しは意味があるということ。
人間は一本の管。
まずはおいしいものを食べることからスタートしましょう。」DSCN0967.jpg
今日もおいしいピザが焼けてるよ。

せっかくここまで来たんだから

今日ご来店のカップルのお客様の会話
男「俺はミートソースでいいや」
女「なに言ってんの!せっかくここまで来て、ミートソースはないでしょ。ここはセサミダイニングだよ。
  セサミ、胡麻がうりの店なの。
  だから、この黒セサミスパを食べなきゃだめなのよ。まったく、わかってないんだから。
  だから、あんたはだめなのよ。
  それから、ここのピザは生地に、やっぱり胡麻が入っているわけよ。生地に胡麻が入っている
  ピザなんて、ここだけよ。
  しかも、すごく薄くて、パリパリよ。」
男「わっかった、お前にまかせるよ」
女」「だから注文は黒セサミスパと、セサミミックスピザ!いい?」
男「いいよ」

こんなわけで、今は完全に女性の時代なわけです。実に理知的な女性でありました。
H000043554_Q011_20090325233638.jpg
このホウレンソウのスパもウリです。白胡麻がいっぱい入っています。
超ヘルシーですぞ。

動的平衡

生物の体は常に、補修、再生を繰り返しています。足りなくなったものは、常に何かで補おうといろいろな作用が
働きます。
ほおっておくと、細胞はどんどん死んでいきますが、生物はこうして、常にリフォームを繰り返しているので
生きられるのです。壊れゆく物にいろいろと働きかけて、補修、再生を繰り返し、生き続ける。
でもやがては、運命に逆らい切れずに、本当の死を迎えます。

動的平衡とは、こういう
仕組みを言うのですね。

店もいろいろと、努力しないと、どんなに繁盛店でも、やがては暇な店になってしまう。
だからたえずいろいろ手を変え、しなを変え、手直しをしないと、お客様に見はなされてしまう。
負の方向にいってしまうものを、いろいろ手を加えて、正の方向に導き、平衡をバランスを
保つ、このたゆまぬ、努力を怠ると、あっと言う間に、店は滅びる。

生物学者、福岡教授の本を読んで、そんなことを感じました。DSCN0960.jpg
こんな赤ちゃんのうちから、動的平衡の仕組みで、身体じゅうでリホォームが繰り返されているのです。
これを阻もうとするのがエントロピーの法則です。
いろいろ勉強になりますなあ。

エントロピーの法則

エントロピーの法則という大原則が宇宙にはあります。これは、秩序ある状態は常に無秩序の方に流れるという
法則です。
つまり、きちんと片付いた部屋もほっておけば、ちらかり、汚れる。
新品の服も着ていれば、いつの間にか、よれよれになる、熱愛中のカップルも、結婚し、月日がたてば、
口げんかが絶えない、仲の悪い夫婦になる。

形あるものは、みないつか壊れる。地球にも、宇宙にもいづれ、終わりの時がくる。
生物はみないつか死ぬ。これはみんなエントロピーの法則。これに逆らう事はできない。
散らかった部屋がいつのまにか綺麗になることは無いのです。
この法則を知っておくことは重要です。
この法則と戦いながら生きること、これが動的平衡。
常に動き回って、バランスをたもとうと、努力する。これが人生。
生物学者、福岡博士の話しでした。

AKB48

AKB48の人気投票が話題ですが、なんとトップ10だけの発表かとおもったら、最下位まで発表して、
一番人気が無いと発表された子はかわいそうですよね、でもこれはしたたかな戦略ですよね。こうやって
ファンの心理を揺さぶって、ますますAkb48の人気を高める作戦。すごいです。

なんでもランキングというのは、興味をそそりますが、社会人になってからの、自分自身のランキングはつらいですよね。営業マンの成績発表ほどせつないものはない。保険のセールスウーマンとか、車の販売店の営業とか、必ず
貼ってある、成績表。

一番稼いだ奴と、一番売れなかった人。これが一目でわかる大きな紙。それがつらくて辞めていく営業が
なんと多いことか。
私も、サラリーマン時代、やられまして、成績が悪いと、給料泥棒と罵られるです。これは相当にタフでないと
つずきません。

今はそれから解放されただけでも、幸せです。

さて当店の人気メニュー、ベストテン。
1位 黒セサミスパ。
2位 生ほうれん草のヘルシースパ
3位 マルゲリータ
4位 チーズ焼きハンバーグ
5位 本日の創作スパ
6位 本日のうす焼きピザ
7位 本日の洋食
8位 シーフード ピザ
9位 カルボナーラ
10位 たらこスパ

こんな感じです。よろしく!
H000043554_Q017_20090416222753.jpg
人気のマルゲリータ、ピザの王様です。

AkB

akb

ほどほど

今日はひさびさに絶好調でした。朝11時の開店から、夜10時の閉店まで、お客さんが途切れませんでした。
御蔭様で、朝7時30分に朝食を食べてから、夜11時まで、何も食べれず、反動でこれから古女房と
大宴会です。
こんな食生活で健康になれるわけがない。

最近は絶不調と、絶好調が交互にやってきます。中間がないのです。
絶不調のときは、ストレスが溜まって、精神的に疲れますし、絶好調の時は、忙しさに肉体的に疲れます。
ほどほどが一番いいのですが、なかなかそうもいきません。

食事もほどほどがいいのですが、昼が抜けると、深夜にどか食いしてしまって、良くないです。

筋トレもマックス、100kgを上げれるひとは、80kgでトレーニングすると、効果が上がります。

みんなの気持ちが一緒になる時があるらしく、今日のランチは280
円弁当にしようとか、今日は500円ランチにしようとか、今日はほんのちょっとだけ贅沢にしてオレンジの880円ランチにしようとか、今日はぐっと贅沢にして、豪華な1500円ランチコースにしようとか、

このほんのちょっとの贅沢というのが大事です。人間ほどほどがいいのです。あまり我慢しすぎても良くないし、
あまり贅沢しすぎるのも良くない。
ほんのちょっとの贅沢、このほどほど感が、長生きの秘訣です。ちょうどいいリラックスは
オレンジにあります。よろしく!!DSCN0779.jpg

ほどほどに美人と自負しているママのぜんぜん似てない似顔絵でした。

ストレスに勝つ

このところ毎日穏やかで静かな日が続き、少々ストレスが溜まってきつつあります。
みなさんもきつい仕事の連続でさぞやストレスが溜まっているのではないですか?

そこでストレス解消法です、。それはずばりおいしいものを食べることです。
おいしいものを食べれば、豊かな気持ちになれます。そうすると、リラックスホルモンが分泌されて、
たちまちストレス解消となります。

それと、ストレスが溜まると、活性酸素が多くなって、これが正常な細胞を攻撃して、具合が悪くなります。
そこでこの活性酸素を取り除いてくれるのが、ずばり胡麻です。セサミです。
それから黒酢、そしてカスピ海ヨーグルト。
この3点セットでストレスに勝つ!!
さあ、オレンジに行こう。
H000043554_Q007.jpg

長時間労働

日本は世界一の長時間労働の国です。当店は夜10時までの営業なので、いつも帰りは11時前くらいですが、
11時でも、灯りのついているビルがたくさんあるのです。

わたしたちは自営業なので、朝8時から、夜11時まで、じつに15時間、店にいて、長時間労働ですが、
その間、お客さんのいない時間にちょこちょこ、休憩をとっているのでさほどでもないのですが。
サラリーマンの長時間労働はきついですよね。

有給休暇がもっともすくないのも、日本。日本は平均して8日くらいしか、有給を取得してないが、
一番おおいフランスなどは、38日も有給を取得。ヨーロッパの国はみんな休みが多い。

労働が長く、休みが少ない。どうしたって余裕がなくなる。余裕がないからお金が使えなくなく。そして、
不況になる。しかも給料までが、ここ10年、減り続けているのだそうです。

元気になりようが無い。どん底の中でどう這い上がればいいのか。

気持ちの切りかえが必要。なにもかも上昇する時代は終わった。ゆっくりと下降する時代。
下降しながらも、余裕、ゆとりが持ちたい。無理かなあ、

かつて、ものが無かった時代。すべてが今よりも時間がかかった時代。移動手段も歩きだけだと、今の車社会に
比べれば、何十倍もかかる。
仕事もなにもかもが手作業だった時代に比べれば、今ほとんどが機械化され、コンピューター化され、
作業効率は何十倍も速くなった。

なんでもはやくできるようになったのに、昔の方が、なんか、おちついていて、ゆとりがあったように
感じられるのは何故だろう。

欲しがるものが多くなって、欲望が肥大化したためか?
生活の原点がずれてきてしまっているのかも?
ゆっくり考える時間もない。
DSCN0951.jpg
せめて、オレンジに来たときくらいは、ゆっくりと、骨休めしてくださいな。

みんな平等?

人間、畳一畳ものスペースがあれば寝れます。一日に食べられる量もさほど変わりない。
着るものも、寒さをしのぐ為だけならばさほど何枚もいらない。

要は、人間、年収、200万の人も、1000万の人も、生きるうえに必要なお金は変わらない、ということ。
必要最低限は人間みな平等。最低限の限度を外すと、際限がなくなって、おかしなことになる。

広い家を持っても、寝る時は畳一畳のスペース以外は必要ないわけで、おにぎりだけで腹いっぱいになろうが、
フルコースで満腹になろうが、みな一緒。

人間みんな、一日は24時間だし、せいぜい80年の命。
金持ちも貧乏も、できることには限りがあって、分相応の一生には、変わりない。
食べて、寝て、働いて、それで終える人生にどれほどの差があるだろうか?
どこを目指して生きようが、死ぬことには変わりない。
どんなに歴史に名を残しても、死ぬときは死ぬ。
死んだらおわり。
じたばたしても、しなくても、同じ一生。
なんとなく幸せが一番?それでいい。ああーわからないのが、人生です。
せいぜいうまいもの食って、せつなに生きましょう。
DSCN0960.jpg
ひもじくない。せめて、食うに困らない一生でありたい。
最低限の幸せはやっぱり、いかにうまいものを腹いっぱいに食べるか
ですか?
違う。知的に生きることこそ、幸せ?
知的な人生に美食は必要か?
オレンジに行って考えよう。生まれ来る、新しい命にどんな未来を描けますか?

私の娘は大学の食堂で料理を作る調理師です。私の息子は冷凍の魚介類を販売、配送している会社の社員です。
娘のだんなは、ベニマルに食品を配送する大型ダンプの運転手。
家族みんなで、食に携わる仕事をし、郡山の食をささえる使命をはたしているわけです。

みんな誇りある仕事に生きていると、自負しておりますです。
DSCN0964.jpg
みなさま、生きるにはまず、食べること。いい店を選びましょう。

どうなる日本

また総理大臣が変わった。世界でも2番目の先進国の首相がころころ変わって、どうなることやら、
日本は小さい国ですが、日本より小さい国もたくさんある。たとえばドイツ、イタリア、イギリスなどは、日本より
小さいのです。だから世界的に見ても、ただ事ではない。
小さい国の代表としてがんばらねばならないのに、リーダーがいなくては、どうするの?

かつての日本のリーダー、織田信長、47歳で自決、豊臣秀吉、61歳で病死、徳川家康、73歳で病死
伊達正宗、68歳で病死、西郷隆盛、49歳で自決、吉田松陰、29歳で刑死、
そして坂本龍馬、31歳で暗殺死。

波乱万丈の中で家康の73歳はすごいですね。

長生きが良いのではない。長生きが目標でもない。いかに生きるか?かつての日本のリーダーたちがいたら
今の日本をどう思うだろう。

目標はただ一つ

目標は「売上をあげること」にあらず。売上はただ単に、あとからついてくる結果に過ぎない。
私の目標はただ一つ、「うまいもの作って、お客さまに、気持ちよく、お帰り頂くこと」これだけです。

なぜなら、売上が好調の時も、絶不調の時も、やること、やるべきことは一緒だからです。
不景気の時も、好景気の時も、雨の日も風の日も、私のやることは常にひとつだけなのです。
うかつにも、私はそれを忘れていました。

売上が上がろうが、下がろうが、ひたすらおいしいものをつくり、気持ちのいい空間づくりに励む。
来店されたお客様に満足していただく。
それだけを考えていればよかったのです。

あとは、食うに困るほどにお客様が遠のけば、それは料理人として失格、転職を考えればいいだけのこと。

料理人は自分の舌でおいしいと思ったものしか作れません。自分の五感でうまいと思ったものをお客さまにだすしかない。
つまり、自分の感性が受け入れられるか、受け入れられないか、それはもう宝くじにあたるか、外れるか、それと
同じ。運を天に任せるしかない。

他ではやっているからって、それを真似して、他人の感性で創っても、通用するはずない。
自分の感性を磨いて、自分の感性に自信をもって、お客さまに提供する、それが受け入れられなければ、
それまで。

価格競争は大手チェーン店に任せて、個人店は自分の個性、
感性で、勝負するしかない。
それでだめだったら、運が悪かったと諦める。

音楽や映画も一緒、創った人の感性が受け入れられれば、ヒットするし、受け入れられなければ、打ち切りになる。
いくら「いいもの創ったのに」と言っても、それがお客さまの感性と合わなければ、×です。

自分の感性を高めて、あとはその感性に合った人が来てくれるかどうかは、運まかせです。
だから売上のことを考えるのはもう止めです。
美味いものをつくることだけ、そして気持ちのいい店づくりのことだけを考えることにします。
DSCN0880.jpg
この人の感性で大丈夫か?おおいに疑問です。それもまた運命。

目標を高く

目標を高く持てば、喜びも楽しみも高くなる。目標を低くすればするほど、喜びも楽しみも低くなる。
夫婦二人だけでやっている仕事はどうしても妥協点が低くなりがちです。
従業員を雇っていて、その給料を払わねばならない、しかもその給料はすこしでも増やしてやらねばならない。
そう考えれば、もっともっと売上をあげなければと、強迫観念が生まれます。

そこいくと、夫婦だけだと、どうせ給料は無いも同然だし、なんとか食っていければいい。だからそんなに
売上をあげることは考えなくていい。などと、どんどん目標が低くなってしまいがちです。

それではいけないのです。自分の人生のステージは高くしなければいけない。私の師匠はそう言って、
自分を高めておりますです。

不況だから、天気が悪いから、弁当がはやりだから、どんどん言い訳をして、売上をあげることから逃げてはいけないのです。

人間、楽するほうに流れがち、自分から進んで、苦難の道に追い込むことは難しい。
少しでも妥協点を高める努力をしようと思うのですが、夫婦が同じ気持ちになることも
これもまた難しい。

人生、難しいことばかり、難問を避けては通れない。
貯金もないから、年金はあてにできないから、あと20年くらいは頑張らねばならないのだが、
それまでお客さんがついてきてくれるか?

20年も30年も続いている飲食店のご主人は本当にえらい。まずは目指すはそこからか!
DSCN0965.jpg
ビールを注ぎながら、よけいな事は考えるな!
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク