ビックヒット

今、うすい百貨店では「大北海道物産展」をやってますが、かつてあれほど人気をはくした、花畑牧場の
生キャラメルは今回はまったく売れていないそうです。
パット火がついたものは、散るのも早い。

本当のヒット商品はロングラン商品。じわじわと火がついて、なかなか消えない。

当店のセサミスパも生ほうれんそうスパも、せさみピザもそんなロングランヒット商品になりたいです。

歌手もパットでて、ぱっと消えていく歌手がたくさんいます。ずうっと長く売れている歌手、
たとえばサザンとか、小田和正とか、
ビートルズなどは、40年以上たった今でも、売れている。

究極のロングラン商品はクラシック音楽でしょうか、何百年と愛されているのは本当にすごいことです。

映画でいえば、男はつらいよとか、釣りバカとか、007とか、
長くあいされるものってすごいですよね。

お店も老舗と言われるようになって、一人前です。
オレンジも郡山を代表するような老舗になるべく、頑張ります。
DSCN1074.jpg
中ヒット商品のフルーツピザ。
スポンサーサイト

オレンジの3ババ

当店にはおばあちゃん方もよく来店して下さいます。みんな元気なばあちゃん達です。
ひとりは88歳のおばあさま。マルゲリータの大ファン。いつもおせんべいとかいろんなお菓子を持ってきてくれます。元気の秘訣はいろんな小物をつくること。綺麗な布でいろんな小物入れなどを作っているそうで、来月の88歳の誕生日には郡山市からお祝いに8万円もらえるそうです。100歳の誕生日には30万円もらえるそうです。

もう一人のばあちゃんは77歳。元気の秘訣は「よさこい」と書道。年に何回もよさこいの大会に出たり、
書道の展示会に出たり、元気なおばあさま。セサミスパの大ファンです。いつも飴をくれます。

3人目は66歳。元気の秘訣は野菜作り。いつも新鮮な野菜をたくさん持ってきてくれます。
タカラズカのフアンで、東京まで見に行くとか。ほうれん草スパの大ファンです。

子供からお年寄りまで、広い年齢層に支えられております。ありがたや。
DSCN1080.jpg
おばあちゃんの新鮮野菜でおいしいお料理作ってます!

居酒屋大戦争

昨日、テレビで居酒屋戦争を放映してました。今は2割引きとか半額とかではインパクトがなく。
ずばりタダでの戦争だそうです。
ある居酒屋は料理3品注文で焼酎がただで飲み放題。別の店はビール一杯の注文につき餃子3個がサービス。
2杯飲めば6個、3杯では9個のサービス。
また別の店ではカレーライスの食べ放題がただ、無料。
無料戦争だそうです。

東京では電車通勤の人がほとんどなので、帰りに一杯という需要が車通勤の地方に比べると非常に多い。
私も東京勤務時代は帰りに一杯飲んで帰るのは多かったです。
でも地方は飲酒運転があるから帰りは代行、代行代が2,3千円かかるから、あまり頻繁には飲みに行けない。

そんな訳で、東京の居酒屋の激安戦争が過剰になっている。
郡山でも2時間飲み放題990円とか、家までの送迎が無料とか、代行代をキャッシュバックとか、
やっぱり激安戦争です。

その点、まだパスタ屋はパスタ人口が少ないせいで、それほどの価格競争にはなっていないとはいえ、
パスタ屋のライバルがパスタ屋だけではなく、コンビニであり、スーパーでもあるので、
やっぱり価格には敏感になっていて、290円弁当ですませる人も少なくない。

どっちにしても大変な競争時代、1000円亭主のおこずかいの奪い合いなのであります。
DSCN1084.jpg
和風ペペロンチーノ、これにスープ、サラダ、ドリンク、デザートもついて880円、どうだ、高いか?

巻き込み肩

今日は肩と首が痛くて、整骨院に行ってきました。巻き込み肩という症状なのだそうです。
いつも前傾姿勢での仕事が多いので、肩が内側に巻き込まれて、こってしまうのだそうです。
マッサージでだいぶよくなりました。
DSCN1087.jpg
DSCN1088.jpg
DSCN1089.jpg
郡山情報さんのご好意で、いろいろ広告載せて
いただきました。野菜自慢の店として、ほうれん草スパが載りました。

永遠の0

DSCN1083.jpg
DSCN1085.jpg
DSCN1082.jpg
百田尚樹の「永遠の0」という本を読みました。大大大感動の小説でした。超おすすめの本です。
かつて特攻隊だった祖父の足跡を孫がかつての生き残りの戦友を訪ね歩いて、戦争とは、特攻とは、平和とはを
考える話しです。
祖父はゼロ戦のパイロットで、その操縦の腕は抜群でしたが、いつも妻と子供の写真を胸に、生きて帰りたいというのが口癖の男で、臆病者、とも呼ばれていましたが、命を大切にする姿は尊敬も集めていました。
そんな男が主人公のこの小説は、本当の戦争、特攻をあぶりだし、その悲惨さをこれでもかとえがいています。
大傑作です。全国民必読の書です。涙涙の悲しい、せつない、そして感動の素晴らしい本です。

今中国が暴走しています、。もはやどちらがぶつかったという問題をこえて、領土問題にまでなって、
中国はレアアースを一人占めして、弱みにつけこんで、やりたい放題。話し合いにならない。
戦争にでもなったら大変です。
中国の首脳陣にはこの「永遠の0」を読んでもらって、少し頭を冷やしてほしいものです。

日本は核武装したほうが平和になれるという人もいますが、そうでしょうか?
日本は世界でただ一つの核被爆国です。核の恐ろしさを一番理解している国です。核の恐ろしさを訴えていかなければいけない国が核をもって、自衛手段にしていいもか、難しいですね。

特攻隊も悲惨でしたが、もっと悲惨な作戦に、桜花があります。これは人間ミサイルです。
人間を中に乗せたミサイル。こんなものを考える、まったく愚かな参謀がかつての日本軍にはいたのです。
ほんの一部の大馬鹿司令官によって、日本の若者の命が奪われていったのです。

中国にもほんの一部に、大馬鹿で愚かな首脳陣がいるのです。中国という国が悪いのではなく、こうした
一部のえらいさんが狂っているのです。

さあどうする日本。
DSCN1081.jpg
平和について考えながら、栗のジャム作りました。

ご年配の方々

当店には、ご年配の方々も少なからず来店くださいます。
近所のオーディオショップの社長、いつもむずかしい話しをお聞かせ下さいまして、時々クラシックのCDなども
いただきまして、嬉しい限りです。
民話の会の会長さん、いつも郡山の歴史や怪談噺を聞かせてくれて、ジャズのCDをたくさん頂きました。
幼稚園を経営されている御坊さま、ありがたいお話をいつも頂き感謝です。
耳のいたいご説教をいただく会長様、「経営者に休みは無い」と毎日のお仕事、御苦労さまです。

そしていつもむずかしい顔をして、無口で、あまり会話を好まないような雰囲気のおじい様、昔はどっかの
組の方ではないかと思わせるような、近づきがたい感じの人ですが、今日ぼそっと

「おい!腰は治ったのか?」と聞かれました。はて、この人に腰の話ししたことがなかったので、恐る恐る
「もしかして、私のブログ、見てくれてますか?」と聞きますと。
「ああ、たまにな」「ありがとうございます。」
「腰は大事だからな、かあちゃんと頑張るのは、ほどほどにな」と言われてしまいました。

以外な人にも、私のブログが見られているんだなあ。と慎重さを必要と改めて考えた次第です。
DSCN1077.jpg
ご年配の方々に大人気のトマトソーススパです。

無の世界

たとえば、人間が呼吸するだけで生きられる生物だったら、一切の食物を必要としないで生きられたら、
たとえば、人間が一年中、裸でいられる生き物だったら、一切の服飾を必要としないで生きられたら、
たとえば、人間がセックスなしで子孫を増やすことのできる生物だったら、一切の恋や愛情を
必要としないで生きられたら。
たとえば、人間が植物のように、一切の欲望がなく、ただそこに存在するだけの生き物だったら、
一切の争いごとや戦争はまったく起きないでしょう。

中国はあれだけの広い国土をもちながら、ちいさいちいさい国土の日本から、なおかつ領土を奪おうとしている。
金持ちが乞食からお金を奪うような行為です。
見境のない欲望が人類を進化させ、そして滅亡させる。
欲望からのがれられない人間は哀れです。野に咲く、無欲の花の方がずっと幸せかも。

人はオレンジに行きたいという欲望からも逃れられないのであります。

説教魔

当店には説教魔のじじいがたまにやってきます。この辺では有名な会社の会長さん。世界で自分が一番えらいと
錯覚している。
やれ「料理はもっと早くださなければいけない」とか、(うちはファーストフードじゃないやい)
やれ「もっと視野を広めて、井の中の蛙ではいけない」とか、(井の中の蛙はそっちだろ!)
やれ「ここは漫画本がなくても客が入るようにしなくちゃいけない」とか、(自分も読んでるくせに!)
やれ「音楽はクラシックだともっと上等な人が集まる」とか、(おまえは楽器の一つでも弾けるのか!)

いちいち反論したいのはやまやまですが、そこが客商売のつらいところ、適当にいなしておりますです。

私は今身体が固くて困っておりますが、頭脳も固いと困りものです。なんでもこうでなければいけない。
という頭ではだめです。今は何がおきてもおかしくない世の中です。
頭も柔軟にして、新鮮な発想をしなくては。
人の振り見て、我がふり直す。DSCN1076.jpg
柔軟な頭脳はおいしい料理から、きっとあのじじい、うちではまずいもの食ってるな。

みんな仲良く

日中間が荒れています。領土問題で緊張状態です。戦争はいつも領土問題で始まります。土地の奪い合い。
資源の奪い合い。
最小の人間の単位が家族です。最大の単位が地球。家族で争う事はありますが、それは少ない。すくなくとも
それが殺し合いになることはまれです。基本的にはかけがえのない存在の集まりのはず。
これをグローバルにもってこれれば、一気に問題解決です。
地球は家族という発想が世界中でできれば。

資源は偏った処にしかない。だから奪い合いがおきる。でも太陽光は偏ったところではなく、地球上にまんべんなく降り注ぐ。つまり平和への道は太陽発電の完成です。

コンピューターの起源は第二次世界大戦中のドイツの暗号機「エニグマ」をイギリスが研究し、
この暗号を解読するためにうまれたのがコンピュウターなのだそうです。
世界の技術の進歩は全て戦争技術の開発によって生まれた。とすれば人類の進歩は戦争の賜物と
なってしまう。これはあまりにも悲しい。

今一番の脅威は中国、中国を怒らせてはいけない。と日本が委縮してもいけない。
せめて中国と日本はお隣どおしということで、同じ家族。家族は資源を分け合ってとならないものでしょうか?
DSCN1078_20100922220832.jpg
DSCN1075.jpg
昨日は小さい写真で失礼しました。フルーツピザが大好きな看護学生さん。今日も当店の前を通って
元気に通学。頑張れ!

看護婦さんの卵

本日、看護学校の生徒さんが、二人で、「マスター!腰痛治った!」とお見舞いに来てくれました。
嬉しかったです。自分の勉強が大変だろうに、他人の健康を気遣う優しさを持った、あなた方は
看護婦になる素質充分です。

ほとんどの人は病院で死にます。だから最後に一番接するのは看護婦さん。
やさしい看護婦さんに出会えた入院生活は幸福です。

ぜひ人の痛みを理解できる看護婦さんになって下さいな。
DSCN1078.jpg

ゼロ戦

近所のおじいさんが、ゼロ戦の写真集を買ってきたと、見せてくれました。
私も小学生の頃、ゼロ戦のプラモデルをよく作ったものです。
第二次世界大戦の前半戦はこのゼロ戦にかなう戦闘機はまったく無かった。圧倒的に優秀な戦闘機だったのです。
航続距離、スピード、旋回性、どれも抜きんでていた。だから前半戦は日本の圧勝が続いた。

でも後半になると、アメリカはゼロ戦を徹底的に研究し、グラマンを素晴らしい戦闘機に改良し、ゼロ戦には
負けなくなった。人も物資も日本を圧倒していたアメリカは空中戦は常に、2対1、または3対1での
戦い、さすがのゼロ戦も、刃がたたなくなって、ついには負けてしまった。

技術力では完全にアメリカに勝っていた。でも人と物資が圧倒的に不足、飢えに苦しむ日本に、
勝ちめはなかった。恐ろしいのは飢えの恐怖。
この飢えさえなければ、まだ日本に勝機はあったそうです。

飢えを知らない今は幸せ。だってオレンジに行けば、いつでも
美味しいものが食べられるんだもん。
DSCN0736.jpg
日本兵がいつもこんな食事ができていたら、勝てていたかも?

情けない

菅首相が今度の内閣は「有言実行内閣だ」と言いました。まったく情けない。
こんな当たり前すぎて、幼稚な内閣ってありますか?
一国の首相がこんな小学生レベルの標語を言っていてどうするのでしょうか?

今日本は危機に瀕している。そんな時に言う言葉でしょうか?
大人なんだから、首相なんだから、もっと高度なもっと具体的で、もっと高尚な、もっと理解、共鳴を
得られるような、適切な言葉があるはずです。

こんな幼稚で低レベルの首相に、今の日本を救えるのか?大いに心配です。

近くのお寿司屋さんの親方はもう60なのに、これから大学に通うとか、向学心旺盛で
頭が下がります。
人間いくつになっても勉強です。こんな親方のように、常に前向きに頑張りたいです。

今日来てくれた、5歳くらいの女の子
「この店って、きれいだねえ、お店の人、いそがしそうだねえ、お店の人、がんばってるんだねえ」
と言ってくれました。
思わず目頭が熱くなりました。
DSCN1071.jpg

うすい通り

うすい通りがさびしくなります。ミスタードーナッツが撤退。ウベルジェは八山田へ移転だそうで、この
界隈はうんとさびしくなります。なんとかして盛り上げて頂きたい。

男は死ぬ間際、残された妻に「生まれ変わっても、またおまえと一緒になりたい」と言って死ぬそうです・
でも奥様は「今度生まれ変わったら、絶対にこんな奴とは、一緒になるまい」と思うそうです。

男ってなんと報われない生き物なのでしょう。

DSCN0880.jpg
強きもの、それは女性なり。

大きくなったら何になる?

大きくなったら何になりたいか?みんな子供の頃、若い頃、夢があった。
私の弟はロックのギタリストになりたかった。大学を卒業してもその夢を捨て切れず、フリーターをしながら、
おろんなオーディションを受けていたようだが、夢やぶれ、いまは運送会社で働いています。

私の娘は、歌手になりたかったようだが、弦てつやのカラオケグランプリに出て、初戦敗退し、夢やぶれ、
今は大学の食堂で働きながら、3人の子供のおかあさんとして、頑張っている。

うちの馬鹿息子は未だに夢を捨て切れず、今もバスケの社会人チームにはいって、プロのバスケの選手を
目指しているようで、先日も県大会で準優勝して、東北大会の切符を手にしてきました。
今も会社の仕事が終わってから、週に4日は練習に出かけています。

うちのかみさんも実は歌手を目指していた頃があって、一度は銀行に就職したものの、夢捨てきれず、
銀行をやめ、ピアノ教室に通い、ピアノを弾きながら歌える歌手を目指したようですが、
夢やぶれピアノの先生になり、今はオレンジの料理長です。

私はというと、小学校の頃は身体が弱くて、頻繁に医者にかかっていたので、医者になりたいと思ってました。
中学では詩人になりたいと思った。高校ではボディビルのジムをやりたいと思った。
大学では映画の脚本家になりたいと思った。でも夢やぶれて、サラリーマンになった。
でもこのままサラリーマンではいたくないと思って、サラリーマン20年目にして会社を辞めた。
どうしても小さな店をやりたかった。その頃、かみさんは小さな会社の事務員だったが、店をやりたいと
言ったら「私も会社を辞めるから、一緒にやろう」と言ってくれた。

そんな訳で今は夫婦でパスタ屋「オレンジ」です。

みんな、大きくなったら何になる?
DSCN0877.jpg
初心、忘るべからず!!11年前のあの日。

日本の未来

菅首相になって、がっかりのお客様が少なくないのです。小沢のほうがよかったとか。
力不足の正義の味方より、力自慢の悪党の方がいいのだそうで、
菅さんは隣に住むただのおっちゃんならいいが、この人が今の瀕死の重傷を負った日本を救えるとは思えない。
金にきたなくても、自分の罪を部下におしつけようとも、なんとかしてくれそうな、悪代官が必要だとか。

どうなる、日本の未来、少なくとも。菅さんに頼っていれば大丈夫と思っているひとは誰もいないかも。

商売をやっている人もそうでない人も、今の不況を何とかしてほしいとせつに願っているわけですが、
誰に願っていいのやらですね。

オレンジの明日は、お客さん頼みであります。
H000043554_Q009.jpg
たまには、フルコースでパットやろうぜ!!

初心に帰る

当店も11年にもなりと、少々マンネリ化の兆しがあり、日々の暮らしに新鮮味が不足しがちの今日この頃です。
思い切ったリニューアルとか、メニュー変更など、変化をつけないと、いけないという気もしますが、

昔ながらのメニュー構成を何十年も守り続けて、何も変わらぬことをうりにしている店もあります。

いずれにしても、初心に帰り、日々新鮮な気持ちで仕事に当たらなければと思いなおしている処です。
DSCN0500.jpg
ゆったりとくつろげるお店。コンセプトは変わらずです。

鍼治療

今日も鍼治療行って来ました。やっぱり私の身体はそうとうに堅いらしく、
筋肉が柔軟性を無くして、固くなると、縮みます。筋肉が硬く縮むと、骨をあらぬ方向に引っ張るのだそうで、
これが痛みの原因とか。

整形外科でやるブロック注射は一時的で神経をブロックしてマヒさせるだけで、根本治療にはならないとか。

鍼の助けを借りつつ、やはり自分で柔軟体操をして、筋肉を伸びのある柔らかい性質に変えない限りは
根本治療にはならないそうです。

私は若い頃、格闘技をやっているころは、開脚して、胸が床に着くほどに柔らかかった頃もあるのです。
ハイキックで自分よりはるかに背の高い相手の顔面を蹴ることもできた、。

目指せ、若返り!!karate.jpg

できちゃった婚

最近、当店がオープンした頃から、お客様だった若いカップルが、結婚して、子供できましたと、
赤ちゃんをつれてやってくる、何組もやってきてくれます。
幸せな人生の過程のなかに、オレンジの空間とお食事が関われたことを嬉しく思います。
毎週毎週、オレンジでデートして、愛を育て、家庭を持てるまでに成長。その場所がオレンジであったことが
嬉しくて、この店をやって良かったと思う瞬間です。

でもふと思うのですが、私の若い頃とは、常識もずいぶんと変わったものです。今のカップルは子供ができたら
結婚するというのが常識のようで、これは私の常識とはまったくかけ離れていたので戸惑いであります。

男女の付き合いが携帯電話ができたことで、劇的に変わったと思います。昔、携帯が無かった頃、彼女と
デートまでもっていくのは本当に大変だった。なんとか電話番号を聞き出せても、それからが大変。
「ちょっと友達のとこ行って来る」と言って、近くの公衆電話まで自転車で走り、勇気を振り絞って
電話しても、決まってでるのはこわーい親父さんで「うちの娘になんの用だ」なって言われて、
ようやく彼女に代わってもらって、会話しても、どうやら父親が近くにいるらしく、すごくぎこちない
会話で、ようやくデートの場所と時間を打ち合わせしても、緊張のあまり、おたがいに思い違いがあって、
約束の場所、時間に会えない。携帯があれば「今、どこ?」などと、すぐに会えるのに、伝えるすべが
なくて、結局会えなかったり。

携帯がある、今の若者はいつでも24時間、好きな時に彼女と話ができて、メールもできて、
メールが無い頃は、何度も書き直した手紙を持って、郵便ポストの前を行ったり来たりして、ようやく
手紙をだし、それがつくのに3,4日もかかり、返事が来るまで、1週間以上も掛かったり。

恋の仕方が今と、昔では、まるで違う、過程が、今は簡単すぎると思います。
いくつもの難しいハードルが全くない。
恋を成就させる事の難しさが無い、今は、それが幸福なのか不幸なのか?
おじさんは心配するのです。DSCN0784.jpg
ロマンチックな夜はオレンジで。

阿佐ヶ谷、良い映画を見る会

私は学生の頃、東京の阿佐ヶ谷に住んでおりまして、その頃、「阿佐ヶ谷良い映画を見る会」というのに
参加していた事があって、その頃のことをふと思い出しました。
この会に参加していた時、第3の男という映画の上映会をやりました。場所を小学校の体育館を借りて、
映写機を借りて、フィルムを借りて、ポスターを自分たちで描いて
それをいろんな商店の方々にたのんで貼らせていただき、

当日、お客さんが体育館に集まってくれた時は感動して、涙があふれました。

そんな何かをやり遂げた感動が最近ありません。日常に流されています。
若かった、あの頃の達成感あふれる感動を取り戻したいと思っている今日この頃です。DSCN1057.jpg

それぞれの治療法

最近、私がぎっくり腰になったことで、お客さんと、ぎっくり腰の話題になりますが、最新の医学では
整形外科に行って、ブロック注射というものを1本打てば、たちまち治ってしまうとか。保険も効くから
やっぱり整形外科に行くのが、一番安くて、早く治るのだそうです。
鍼治療でなおした人もたくさんいますが、3,4回は行かないと完治しませんし、保険が効かないので
治療費も高いのが問題。
その他、接骨院で治した人もいますが、7,8回は行かないと完治はしないようで、やはり
即効で治したい場合は整形外科がいいのかも。

以前、けんしょう炎になったことがあって、整形外科に行ったら、安静にしてくださいと言われ、湿布薬を
もらっただけで、一向に治りませんでした。そのあと接骨院にかかり、揉んでもらったら治りまして、
整形外科に不信感を抱き、接骨院に信頼を寄せていました。

最近は針きゅうの先生に信頼をおいてましたが、次回、もしかして腰を痛めたら、整形に行ってみるかと
思っております。

やっぱり口コミの情報は大事ですよね。ネットで調べても限界があります。信頼できる人の情報が
一番です。
飲食店も口コミが一番、いっぱい口コミしてもらえるよう、オレンジも信頼を
第一に頑張ります。
DSCN1056.jpg

話術が決め手

御蔭様で腰は順調に回復しており、小走りに走れるくらいまで復活しました。ストレッチ頑張ります。
ところで最近は民主党の代表選のニュースばかりですが、候補の話しを聞いていると、がっかりばかりです。
やっぱり、二人とも、首相の器に非ずです。
話術にまったく魅力がないのです。説得力がない。オバマ大統領あたりを見習うべきです。
「私は消費税を上げようとは言っていない。消費税についての議論が必要だと言っただけ」とか言ってます。
議論が必要なのは当たり前のはなし。わざわざ言うべきことでもない。問題はなぜ消費税の議論が必要なのかを
言わなければいけない。

「消費税は上げない。私たち国会議員の報酬を10分の1にして、議員特権も全て廃止にして、財源を作ります」
こんなふうに言ったら、大人気の首相になるでしょう。

必要なのは根拠をあきらかにした、具体的な話しなのです。二人の候補にはこれがまったくない。
こんな二人が首相になる日本はすごく危ない。不安が一杯です。
国はあてにできない。自分で自分のちからでどこまで頑張れるか。

なぜエコポイントという税金を使って、自動車メーカーと家電メーカーだけを儲けさせるのか?
なぜ他の業種には税金を使っての支援はしてくれないのか?
なぜ自動車と家電だけを国をあげて優遇するのか?
それを、この制度が始まる前に一度でも説明してくれたか?おかしい!おかしい!
特定の企業だけを税金を使って、支援するなんて、民主主義の国がすることか!

飲食店だって、税金を投入して支援してほしい!!
エコひいきするな!

腰が良くなってきたので、今の政治に怒りを感じておりますです。
DSCN1064.jpg
そろそろ冷製スパも終了ですかね。

はやぶさ

今日はかみさんも、首が痛いというので、一緒に針きゅう院に行きました。
鍼の先生の的確な医学的説明にかみさんはいたく感心しておりました。学校の先生も兼ねているので、
この先生、話しはすごく上手です。信頼感はやはり、多少の話術のうまさもないと、築けないかもです。

テレビで「衛星探査機のはやぶさ」の快挙が伝えられていましたが、月以外の星の何かを持って帰ってきたのは
世界初で、それが快挙なのでしょうけど。科学的には素晴らしいことが、いまいち、日々の暮らしにどうつながるのか?
宇宙のちりを持ち帰ることに、何億もの税金を使う意味が、残念ながら、よく理解できないのは、余裕の無さでしょうか?

小沢対菅の戦いが報じられていますが、国民が投票できないのに、公開演説は何のため?
不人気のはずの小沢の方が、ずっと声援が多いのはなぜ?
クリーンな政治で、良くならないより、ダーティーでも生活が良くなった方がいいから?

国民不在の首相選び、これでいいのか?不安な未来が増大していくようです。
いっそのこと、すべて民間でできないだろうか?政治家などという存在をなくして、すべて民間の会社で
国を運営することはできないのだろうか?
たとえば一番小さな、市町村を一つの会社と考え、それが集合したのが、日本という国にならないか?
いろんな会社や商店が集まって、一つの街ができている。商店会とか、商工会、町内会、子供会
組合とか、いろんな組織があります。そういうちいさな組織の集まり、国にならないか?

かつてロッキード事件では首相が賄賂を受け取り、国を運営していた。飛行機会社が自分の会社の飛行機を買うのに、首相が関わらねばならないことがおかしい。
タクシーの会社が自分の会社の車を買うのに、国が関わるだろうか?お店が自分の店の材料を仕入れるのに、
お役人が関わったらおかしい。
つまりは不要な存在である面もある?

建設会社は小沢に賄賂を払わないと、仕事ができない?そんなふうに伝わったのに、その人が首相に
なるかもしれない。
賄賂を受け取る存在を葬ってしまう以外にクリーンなどありえないのでは?

病み上がりの身としてはどうもマイナス思考のようです。
DSCN1025.jpg
誰が見ても美しいと感じてしまう、夕日のように、美しい政治家はいないの?

ご声援に感謝

腰痛から復帰してから、連日沢山のお客様に来ていただき、ご心配とご声援のお言葉をかけていただき、
お見舞いを頂戴したり、本当にありがとうございます。
私の不摂生から、休業にいたりほんとうにご迷惑をおかけしました。

心配してくれるお客様がこんなに沢山いることを、励みにして、これからは運動にこころがけ、無理せず
頑張りたいと思います。

これからも長く店を続けていくためには、柔軟性のある身体を取り戻すこと、これが一番重要。
身体を柔らかくすることが健康の源だそうです。
若さは柔らかさ。
心も頭も柔らかく。そして身体も柔らかく。

みんなに愛される、オレンジは頑張ります。DSCN1061.jpg
私の似顔絵だそうです。似てません!!

なんとか復帰しました。

4日ぶりに営業再開しました。誠にご心配をおかけしました。
接骨院と針きゅう院のおかげで、腰もだいぶ良くなり、今日は忙しかったですが、なんとか仕事することが
できました。
なんせ4日間寝たきりだったので、今日の労働はこたえました。日ごろの不摂生がたたったのだから
しょうがない。

もう少しして、身体がよくなったら、本格的に運動しようと思っております。
DSCN1071.jpg
頑張るマスター応援よろしく。

ぎっくり腰

今回の私の病気はいわゆるぎっくり腰の一種。接骨院では筋挫傷、針きゅう院では、頸椎関節変形捻挫と
2種類の病名を言われました。
原因は長年の立ち仕事で、身体が固くなり、とくに背中、腰、足の筋肉が板のように固くなってしまった事です。

予防はずばり、柔軟性です。柔軟体操、ストレッチを念入りにやり、柔軟な身体をつくること。これ以外にないそうです。

今日も鍼治療をうけまして、なんとか明日からは、仕事できそうですので、明日から営業再開の予定です。
月曜から木曜まで4日間もお休みいただきまして、本当にすみませんでした。
明日から、また無理せずにがんばりますので、よろしくお願いします。

西洋医学、東洋医学

私は20年サラリーマンでしたので、デスクワークとお客さんとの折衝、車の運転、すべて座っての仕事でした。
しかし、11年前からの飲食店での仕事はすべて立ち仕事、まったく身体の使い方が違っており、そこで
今回のような腰の病気となりました。
今回のような腰痛は
この10年で何度も発症しましたが、今回のように、何日も立てないDSCN1057.jpg
DSCN1072_20100901212411.jpg
DSCN1073_20100901212411.jpg
のは初めてでした。
過去には、西洋医学の整形外科にも何度も通いましたが、まったく効果がありませんでした。
それからは、もっぱら接骨院での治療をしてきました。接骨院での治療は効果があり、」
これまでは、それで仕事を復帰できました。
でも今回は接骨院にかよっても、少しずつ効果はあるものの。完治までは、まだかなり期間を要すると
思われ、思いきって、鍼治療を受けてみたわけです。
今日の時点では、かなりの効果があったように思います。
明日になってみないと、まだ確かなことはわかりませんが、この効果が持続するようであれば
なにゆえにこの鍼が保険適用にならないのかが、不思議です。

漢方薬もかなり効果が確認され、保険適用にもなっているのに、同じ東洋医学の鍼が疎んじられているのは
おかしいと思います。
まずは、東洋医学の鍼の効果のほどは、これからも報告していきます。
DSCN1056.jpg

鍼治療、初体験

すみません。ご迷惑をおかけしてます。今日もやっぱりまともに歩けなくて、お休み頂きました。
一刻も早く治すため、今日は鍼治療を受けてきました。
国際メディカルテクノロジー専門学校の中に鍼治療があり、そこに行ってきました。
1時間くらいの治療中に鍼を40本くらい打たれました。40本のうち5本くらいは、かなり
痛かったですが、あとはほとんど痛くありませんでした。
かなりよくなったようですが、明日もう一度治療を受けてきますので、
本当にすみませんが、明日1日だけお休みいただきます。
なんとしても明後日は営業を再開しますので、ご了承ください。

ちなみに鍼治療は保険がきかず、1回2000円でした、。他の鍼治療院だとだいたい3000えんから4000円くらいなので、学校の運営の為か、安かったようです。
鍼はすべて使い捨てなので、鍼代だけでもけっこうかかるし、2000円はしょうがないか。

なんとかぎくしゃくと、ロボットのようには歩けるようになりました。あと少しです。
頑張ります。
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク