ビックヒット

今、うすい百貨店では「大北海道物産展」をやってますが、かつてあれほど人気をはくした、花畑牧場の
生キャラメルは今回はまったく売れていないそうです。
パット火がついたものは、散るのも早い。

本当のヒット商品はロングラン商品。じわじわと火がついて、なかなか消えない。

当店のセサミスパも生ほうれんそうスパも、せさみピザもそんなロングランヒット商品になりたいです。

歌手もパットでて、ぱっと消えていく歌手がたくさんいます。ずうっと長く売れている歌手、
たとえばサザンとか、小田和正とか、
ビートルズなどは、40年以上たった今でも、売れている。

究極のロングラン商品はクラシック音楽でしょうか、何百年と愛されているのは本当にすごいことです。

映画でいえば、男はつらいよとか、釣りバカとか、007とか、
長くあいされるものってすごいですよね。

お店も老舗と言われるようになって、一人前です。
オレンジも郡山を代表するような老舗になるべく、頑張ります。
DSCN1074.jpg
中ヒット商品のフルーツピザ。
スポンサーサイト

オレンジの3ババ

当店にはおばあちゃん方もよく来店して下さいます。みんな元気なばあちゃん達です。
ひとりは88歳のおばあさま。マルゲリータの大ファン。いつもおせんべいとかいろんなお菓子を持ってきてくれます。元気の秘訣はいろんな小物をつくること。綺麗な布でいろんな小物入れなどを作っているそうで、来月の88歳の誕生日には郡山市からお祝いに8万円もらえるそうです。100歳の誕生日には30万円もらえるそうです。

もう一人のばあちゃんは77歳。元気の秘訣は「よさこい」と書道。年に何回もよさこいの大会に出たり、
書道の展示会に出たり、元気なおばあさま。セサミスパの大ファンです。いつも飴をくれます。

3人目は66歳。元気の秘訣は野菜作り。いつも新鮮な野菜をたくさん持ってきてくれます。
タカラズカのフアンで、東京まで見に行くとか。ほうれん草スパの大ファンです。

子供からお年寄りまで、広い年齢層に支えられております。ありがたや。
DSCN1080.jpg
おばあちゃんの新鮮野菜でおいしいお料理作ってます!

居酒屋大戦争

昨日、テレビで居酒屋戦争を放映してました。今は2割引きとか半額とかではインパクトがなく。
ずばりタダでの戦争だそうです。
ある居酒屋は料理3品注文で焼酎がただで飲み放題。別の店はビール一杯の注文につき餃子3個がサービス。
2杯飲めば6個、3杯では9個のサービス。
また別の店ではカレーライスの食べ放題がただ、無料。
無料戦争だそうです。

東京では電車通勤の人がほとんどなので、帰りに一杯という需要が車通勤の地方に比べると非常に多い。
私も東京勤務時代は帰りに一杯飲んで帰るのは多かったです。
でも地方は飲酒運転があるから帰りは代行、代行代が2,3千円かかるから、あまり頻繁には飲みに行けない。

そんな訳で、東京の居酒屋の激安戦争が過剰になっている。
郡山でも2時間飲み放題990円とか、家までの送迎が無料とか、代行代をキャッシュバックとか、
やっぱり激安戦争です。

その点、まだパスタ屋はパスタ人口が少ないせいで、それほどの価格競争にはなっていないとはいえ、
パスタ屋のライバルがパスタ屋だけではなく、コンビニであり、スーパーでもあるので、
やっぱり価格には敏感になっていて、290円弁当ですませる人も少なくない。

どっちにしても大変な競争時代、1000円亭主のおこずかいの奪い合いなのであります。
DSCN1084.jpg
和風ペペロンチーノ、これにスープ、サラダ、ドリンク、デザートもついて880円、どうだ、高いか?

巻き込み肩

今日は肩と首が痛くて、整骨院に行ってきました。巻き込み肩という症状なのだそうです。
いつも前傾姿勢での仕事が多いので、肩が内側に巻き込まれて、こってしまうのだそうです。
マッサージでだいぶよくなりました。
DSCN1087.jpg
DSCN1088.jpg
DSCN1089.jpg
郡山情報さんのご好意で、いろいろ広告載せて
いただきました。野菜自慢の店として、ほうれん草スパが載りました。

永遠の0

DSCN1083.jpg
DSCN1085.jpg
DSCN1082.jpg
百田尚樹の「永遠の0」という本を読みました。大大大感動の小説でした。超おすすめの本です。
かつて特攻隊だった祖父の足跡を孫がかつての生き残りの戦友を訪ね歩いて、戦争とは、特攻とは、平和とはを
考える話しです。
祖父はゼロ戦のパイロットで、その操縦の腕は抜群でしたが、いつも妻と子供の写真を胸に、生きて帰りたいというのが口癖の男で、臆病者、とも呼ばれていましたが、命を大切にする姿は尊敬も集めていました。
そんな男が主人公のこの小説は、本当の戦争、特攻をあぶりだし、その悲惨さをこれでもかとえがいています。
大傑作です。全国民必読の書です。涙涙の悲しい、せつない、そして感動の素晴らしい本です。

今中国が暴走しています、。もはやどちらがぶつかったという問題をこえて、領土問題にまでなって、
中国はレアアースを一人占めして、弱みにつけこんで、やりたい放題。話し合いにならない。
戦争にでもなったら大変です。
中国の首脳陣にはこの「永遠の0」を読んでもらって、少し頭を冷やしてほしいものです。

日本は核武装したほうが平和になれるという人もいますが、そうでしょうか?
日本は世界でただ一つの核被爆国です。核の恐ろしさを一番理解している国です。核の恐ろしさを訴えていかなければいけない国が核をもって、自衛手段にしていいもか、難しいですね。

特攻隊も悲惨でしたが、もっと悲惨な作戦に、桜花があります。これは人間ミサイルです。
人間を中に乗せたミサイル。こんなものを考える、まったく愚かな参謀がかつての日本軍にはいたのです。
ほんの一部の大馬鹿司令官によって、日本の若者の命が奪われていったのです。

中国にもほんの一部に、大馬鹿で愚かな首脳陣がいるのです。中国という国が悪いのではなく、こうした
一部のえらいさんが狂っているのです。

さあどうする日本。
DSCN1081.jpg
平和について考えながら、栗のジャム作りました。

ご年配の方々

当店には、ご年配の方々も少なからず来店くださいます。
近所のオーディオショップの社長、いつもむずかしい話しをお聞かせ下さいまして、時々クラシックのCDなども
いただきまして、嬉しい限りです。
民話の会の会長さん、いつも郡山の歴史や怪談噺を聞かせてくれて、ジャズのCDをたくさん頂きました。
幼稚園を経営されている御坊さま、ありがたいお話をいつも頂き感謝です。
耳のいたいご説教をいただく会長様、「経営者に休みは無い」と毎日のお仕事、御苦労さまです。

そしていつもむずかしい顔をして、無口で、あまり会話を好まないような雰囲気のおじい様、昔はどっかの
組の方ではないかと思わせるような、近づきがたい感じの人ですが、今日ぼそっと

「おい!腰は治ったのか?」と聞かれました。はて、この人に腰の話ししたことがなかったので、恐る恐る
「もしかして、私のブログ、見てくれてますか?」と聞きますと。
「ああ、たまにな」「ありがとうございます。」
「腰は大事だからな、かあちゃんと頑張るのは、ほどほどにな」と言われてしまいました。

以外な人にも、私のブログが見られているんだなあ。と慎重さを必要と改めて考えた次第です。
DSCN1077.jpg
ご年配の方々に大人気のトマトソーススパです。

無の世界

たとえば、人間が呼吸するだけで生きられる生物だったら、一切の食物を必要としないで生きられたら、
たとえば、人間が一年中、裸でいられる生き物だったら、一切の服飾を必要としないで生きられたら、
たとえば、人間がセックスなしで子孫を増やすことのできる生物だったら、一切の恋や愛情を
必要としないで生きられたら。
たとえば、人間が植物のように、一切の欲望がなく、ただそこに存在するだけの生き物だったら、
一切の争いごとや戦争はまったく起きないでしょう。

中国はあれだけの広い国土をもちながら、ちいさいちいさい国土の日本から、なおかつ領土を奪おうとしている。
金持ちが乞食からお金を奪うような行為です。
見境のない欲望が人類を進化させ、そして滅亡させる。
欲望からのがれられない人間は哀れです。野に咲く、無欲の花の方がずっと幸せかも。

人はオレンジに行きたいという欲望からも逃れられないのであります。

説教魔

当店には説教魔のじじいがたまにやってきます。この辺では有名な会社の会長さん。世界で自分が一番えらいと
錯覚している。
やれ「料理はもっと早くださなければいけない」とか、(うちはファーストフードじゃないやい)
やれ「もっと視野を広めて、井の中の蛙ではいけない」とか、(井の中の蛙はそっちだろ!)
やれ「ここは漫画本がなくても客が入るようにしなくちゃいけない」とか、(自分も読んでるくせに!)
やれ「音楽はクラシックだともっと上等な人が集まる」とか、(おまえは楽器の一つでも弾けるのか!)

いちいち反論したいのはやまやまですが、そこが客商売のつらいところ、適当にいなしておりますです。

私は今身体が固くて困っておりますが、頭脳も固いと困りものです。なんでもこうでなければいけない。
という頭ではだめです。今は何がおきてもおかしくない世の中です。
頭も柔軟にして、新鮮な発想をしなくては。
人の振り見て、我がふり直す。DSCN1076.jpg
柔軟な頭脳はおいしい料理から、きっとあのじじい、うちではまずいもの食ってるな。

みんな仲良く

日中間が荒れています。領土問題で緊張状態です。戦争はいつも領土問題で始まります。土地の奪い合い。
資源の奪い合い。
最小の人間の単位が家族です。最大の単位が地球。家族で争う事はありますが、それは少ない。すくなくとも
それが殺し合いになることはまれです。基本的にはかけがえのない存在の集まりのはず。
これをグローバルにもってこれれば、一気に問題解決です。
地球は家族という発想が世界中でできれば。

資源は偏った処にしかない。だから奪い合いがおきる。でも太陽光は偏ったところではなく、地球上にまんべんなく降り注ぐ。つまり平和への道は太陽発電の完成です。

コンピューターの起源は第二次世界大戦中のドイツの暗号機「エニグマ」をイギリスが研究し、
この暗号を解読するためにうまれたのがコンピュウターなのだそうです。
世界の技術の進歩は全て戦争技術の開発によって生まれた。とすれば人類の進歩は戦争の賜物と
なってしまう。これはあまりにも悲しい。

今一番の脅威は中国、中国を怒らせてはいけない。と日本が委縮してもいけない。
せめて中国と日本はお隣どおしということで、同じ家族。家族は資源を分け合ってとならないものでしょうか?
DSCN1078_20100922220832.jpg
DSCN1075.jpg
昨日は小さい写真で失礼しました。フルーツピザが大好きな看護学生さん。今日も当店の前を通って
元気に通学。頑張れ!

看護婦さんの卵

本日、看護学校の生徒さんが、二人で、「マスター!腰痛治った!」とお見舞いに来てくれました。
嬉しかったです。自分の勉強が大変だろうに、他人の健康を気遣う優しさを持った、あなた方は
看護婦になる素質充分です。

ほとんどの人は病院で死にます。だから最後に一番接するのは看護婦さん。
やさしい看護婦さんに出会えた入院生活は幸福です。

ぜひ人の痛みを理解できる看護婦さんになって下さいな。
DSCN1078.jpg
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036
うすい百貨店向かい みずほ銀行の裏で
「串酒場 ピザ酒場 おれんじ」という居酒屋をやっています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク