無宗教

外人が日本人のほとんどが無宗教であることを知ると、大変びっくりするそうです。
日本人以外はほとんどの人が何らかの宗教、神を信じているそうです。

先日の貸し切りパーティーはハロウィンパーティーでした。クリスマスも日本では盛大にやりますし。
キリストの行事にキリスト信者で無い人が一生懸命です。

結婚式も、キリスト信者でないのに、教会でやったり、葬式の時には仏教徒になったり、実に節操がない。
要するに神なんかいないと思っているのであります。それがいいことか、
悪い事かはわかりません。

ハロウィンでもクリスマスでも、バレンタインでもホワイトデーでも、なんでもお祝して下さいな。
オレンジはどんな宗教行事でも、大歓迎であります。

苦しい時の神頼みと言いますが、神の存在は、たとえば生命や宇宙を考えた時に、説明がつかなくなった時に
これは神にしかできないと考えるしかないことがたくさんあるようです。
宇宙や生命は誰が作ったのか?こんなにもありがたいことやありがたいシステム、ありがたい人体。
ありがたい太陽。みんな神が作ったのでしょうか?それは誰にもわからない。

秋の夜長、オレンジで食事しながら、たっぷりと、生命や宇宙の不思議について考えてみるのも
悪くない。
H000043554_Q004_20090505220509.jpg
スポンサーサイト

覚悟

会社を辞める時、やはり必死の覚悟が必要でした。私は20年間、一つの会社でやってきたので、辞表をかくのは
その時が初めてだった。でも妻も一緒に頑張ろうと言ってくれて、今の店を始める決心がついたのでした。

今の人は本当に、仕事が続きません、気に入らないとすぐ辞めます。辞めることに覚悟がない。
覚悟がなくて辞めているから、次もまたすぐ辞めるはめになる。

終身雇用がいい時代は終わった。年功序列も終わった。条件のいい会社をもとめて渡り歩くようになった。
覚悟を求めない時代になってきているのかもしれない。

我慢することや、耐えるということは、必要無いと思っている若者のほうが多いのかもしれない。

確かに、いやだと思っていることを我慢するだけがいいことではないかもしれない。
でもいやだとおもうことから逃げないことも必要だとも思うのであります。

好きなことだけやって生きていけるほど、今の世の中甘くない。つらいことにも耐えていけるようでないと、
生きていけない、厳しい時代だと思います。

好景気で、高度成長時代で求人が溢れている時代ではない。
そんなことには耳をかそうとしない人が少なくないのであります。

思うようにならない世の中だから、オレンジで楽しいお食事しませんか?
Image002.jpg
つらい時に暖かく迎えてくれる、そんな店でありたいです。

プロとは

最近まったく穏やかなる日々が続いておりまして、落ち込んでおりましたが、今日、貸し切りの予約が入りまして、
ホットしているところです。
プロとは、何があってもけっして言いわけをしない人。
暇なのは天気のせいでも、不景気のせいでもない。自分の努力不足であることを自覚し、精進すること。
プロとは、いかなる時でも、弱味をみせない、弱音を吐かない人。
ちょっと暇だからといって、おたおたしない。おろおろしない。どうどうとしている。
それにはやるべきことを、すべて完ぺきにやっていることが必要です。

私はまだまだプロとは
言えませんです。
H000043554_Q021_20090410225633.jpg
20人以上、一人3500円以上で貸し切りにできます。よろしく。飲み放題付きです!!

一喜一憂

一喜一憂の日々であります。売上が良かったり、最悪だったり、そのたびにホットしたり、落ち込んだり、
良かった日は祝勝会として飲み、悪かった日は残念会で飲み、最近まったく休肝日がありません。
毎日おいしくお酒を頂いておりますです。
みなさん。祝勝会も残念会もぜひオレンジで!!
H000043554_Q009_20090331222748.jpg

一日何歩?

私はいつも厨房にいます。お客様がいらっしゃると、水とメニューを持って、お客さんのテーブルへ、
再び厨房に戻って、待機、少ししてから注文を聞きにテーブルへ、オーダーを聞き、再び厨房へ、
サラダとスープを持って、テーブルへ、また厨房に戻って、料理を作る。作りながら他のお客さんの対応。
料理ができて、お客さんのもとへ届け、何か不足はないか、水は足りてるか、各テーブルのお客さんを見て
まわる。
食事を終えた頃に、デザートとドリンクを持って、テーブルへ。お会計が終わるとテーブルのかたずけ、
スプーン、フォークなどのセッティング。

ひと組のお客様のもとへ、来店からお帰りまで、大体7回くらい、往復します。一往復が大体30歩だから
ひと組のお客さまには200歩くらい歩いて対応します。一日に30組くらいのお客さまとして、
6000歩という計算。そのほかに掃除や仕込みで歩くのが2000歩くらいでしょうか?

やっぱり1万歩は歩いてない。しかも小さい空間を行ったり来たりでは、運動にはなってない。
やはり運動不足ということになり、不健康になるんだなあ。
8000歩としても、距離にして4キロメートルくらい。歩いてないことがわかります。

デスクワークの人に比べれば、少しは歩いているけれど。まだまだ足りない。しかも作業的には
仕込みでも調理でも、洗い物でも、前かがみで同じ姿勢が多い。これも不健康の元。
運動なないとなあ。
最近は腰は良くなったのですが、首と肩が痛い。かみさんも同じこと言ってます。
たまに整骨院に行く程度ではやはり無理がある。年取ったなあ。
孫が3人だから、年取るのは当たり前。でも若々しくありたい。
「えっ!!お孫さんが3人も!お若いですねえ」などと言われても。じじいは爺。
世の中には70でも80でも元気な人はいっぱいいる。
健康は若さの秘訣。頑張らないと。
DSCN1101.jpg

むしょうに食べたい

ラーメンがむしょうに食べたかったり、カレーがみりょうに食べたかったり、今日はなんとしても
焼き肉が食べたいと思ったり、ふと食べ物のことが頭をよぎった時、それが離れない時ってありますよね。

オレンジのパスタやピザがむしょうに食べたいと思わせるにはどうすればいいのだろう。
答えがあるのなら苦労はしません。

テレビや雑誌でよくラーメン特集はやりますよね、でもパスタやピザってあまり取り上げられません。
ラーメン人口は半端じゃなく多い。それに比べたら、パスタ人口はまだまだ少ない。ピザ人口はもっともっと
少ない。

少ない嗜好の方々にどうアピールしていくか、国民食にはなりえない、このパスタやピザ。
どうやって足をむけさせればいいのか?

おいしさや安さを訴えるのはもう意味がないのか?価格訴求ではなく、品質訴求。
家庭では味わえないおいしさをいかに追求できるか、そしてそれを伝えるにはどうすればいいのか?
悩みはつきないのであります。
H000043554_Q005_20090323122308.jpg
おいしいのは当たり前。それを突き抜ける何かを求めております。

後悔

何故もっと、義父に生きているうちに、戦争時代のこととか、義父の若い頃の苦労話とか、いろいろな
事を聞いておかなかったかと、今さらながら後悔しています。
義父はひたすらに、働き、酒もたばこもやらず、スポーツを愛し、野球、卓球、ゴルフをやり、
妻が2カ月も入院した時には、自分も妻のベットの下に布団をしいて泊りこみ看病し、
私が会社を辞め、独立したいと相談した時には
「誰のものでもない、博の人生なのだから、好きにやればいい」とアドバイスをいただき、勇気がでました。

軍隊にはいりながらも戦地にはいかず、生きながらえたことで、同輩の多くが戦地に赴き、戦死したためか、
自分の健康には人一倍気をくばり、80歳まで、すべて自分の歯で健康にすごし、88歳まで自分で車を
運転し、まったく元気な人でありました。

もっともっと話しをする機会はいっぱいあったはずなのに、これといってじっくり話をしたことが
なかったことが悔やまれます。

いつか子供や孫に自分の人生を語る機会があって、とうとうと語れたら、幸福かもしれません。
自分が習得したピザの作り方なども、教える機会があればそれも幸福かも。

DSCN0951.jpg
義父は今頃、ゆっくりと骨休めしている事でしょう。

義父の思い出

義父の逝去につきましては、暖かい、こころづかいのお言葉頂きましてありがとうございました。
義父は89歳でしたので、平均寿命が79ですからそれより10年もいきたので、大往生です。
義父は軍隊にもいましたが、戦地に行く事無く、終戦し、その後は設備機器の会社に勤め、
その後48歳ころに独立、機械部品の製作工場をはじめ、15ねんくらいやって、引退、
その後、孫やひ孫にも恵まれ、すきな庭いじりや盆栽、野菜つくりと穏やかな晩年
でありました。
生あるものはやがて、いつかは死を迎える。
穏やかな死を得る為に、人は生あるうちには頑張って働くのであります。
DSCN1097.jpg
私もいつか、ひ孫にも恵まれるのでしょうか?

にぎやかに

今日はリトルマーメード郡山店のオーナーが家族でご来店。パスタもピザも最高とお褒めの言葉。
リトルマーメードはジャスコ日和田店にあります。
ジャスコは福島県ではダントツで集客力をほこるショッピングセンターですが、その魅力はやはり
賑やかさと楽しさでしょう。
うすいにはそれが不足してます。29日には、東急ハンズとじゅんく堂書店が新たにオープンしますが、
乞うご期待ですね。少しでも賑やかになればいいなあと思っています。

オレンジは賑やかさと楽しさを追求した店作りに励んでおります。
賑やかに楽しく、お食事してって下さい。
H000043554_Q004_20090505220509.jpg

ちょいちょいちょいパクパクパク

今、赤ちゃんをあやす言葉として、脚光をあびている言葉、それは「ちょいちょいちょい、パクパクパク」
この魔法の言葉を繰り返すと、どんなにぐずった赤ちゃんでも、たちどころにご機嫌になるそうです。
若いお母さん方、ぜひお試しください。
どうも発祥は徳島県らしい。

「親仕舞い」という言葉、ご存じでしょうか、「おやじまい」と読みますが、親の葬式をあげる事だそうです。
「仕舞う」とはかたずけるとか、終わりにする。という意味。
親の人生を終了し、あの世へと仕舞う訳ですね。

いろんな知らない言葉ってあるもんですね。
DSCN1056.jpg
いろんな言葉に出会う、いろんな人に出会う、いろんな料理に出会う、
人生は出合いの連続ですな。

ちょいちょいちょい 

カラスの使者

今日、久しぶりに営業再開、で朝店に行くと、なんと、店の入り口にカラスの死体。それも美しい、眠っているような死体です。
これは、義父がカラスに乗っかって、やってきて、最後に娘の店を見たかったのでしょうか?

この手の話しはよく聞きます。入院中の父の訃報が入った時、故人が愛用していた下駄が真っ二つに割れたとか、
病気の父が死んでから、故人の愛用のラジオがかってに鳴るとか、

そういえば、今日店のラジオをつけましたら、ずっと雑音が入り、どの局にしても雑音が消えず、
営業時間になったら消えました。これも変ですよね。

あるお客さんの話だと、カラスは昔から死者のお使いになって霊を運ぶと言われているとか、

義父よ、やすらかにお眠りください。

今日は久しぶりの営業にもかかわらず、昼も夜も沢山のお客様。これも朝、カラスに乗って、やってきた
義父の魂のおかげでしょうか?

お葬式

ようやく、義父のお葬式が終わりまして、長い間お休み頂きましたが、明日から営業を再開いたします。

さてお葬式ですが、大変でした。お葬式には、その土地土地でしきたりや風習があって、様々な儀式がおこなわれます。
遺族はそういう様々な儀式をなんとかやり遂げることで、悲しみを忘れ、なんとか立ち直ることができるんですね。

お葬式はただひたすら、正座と胡坐を繰り返して、見知らぬ人達と故人とは関係のない話しを繰り返し、
さっぱり意味のわからないお経を何度も聞いて、何度も何度もお辞儀を繰り返しひたすらに大量の酒を飲み、そういったことに
耐えることで故人をしのび、厳粛な気持ちになったような錯覚を覚え、だんだんに故人との
別れを実感。

89年間生きてきた人と別れるのに、3,4日くらいの儀式は必要なのかもとも思ってしまいますが、
葬式の簡素化を掲げる本も最近は多く出版され、でもその裏では、お坊さんなり、葬儀屋さんなりには
生活に必要な経済効果も生まれる訳で、そういう人たちも必要とされているわけですから、
世の中の仕組みとか、土地土地の風習、しきたりというものは、そう簡単には変わらないのです。

葬式や結婚式がなければ、親戚一同が会う機会も少ないわけですから、そういう意味でも
いろんなセレモニーは必要とも言えます。

人と人との絆を考える意味においては、そういう機会がつくられるきっかけが冠婚葬祭な訳ですから。
簡単に簡素化がいいとも言い切れませんよね。

私、今回はじめて故人の写真を持って、霊柩車にも乗りましたし、遺族代表の挨拶もさせて頂き、
貴重な体験をしたお葬式でありました。

人は生まれた時から、お葬式に向かって、歩き始める、そしてこの世に別れてから、死んで、
あの世での第二の人生の始まり。

お葬式は別れの儀式ですが、新たな旅たちのお祝でもあるのかも知れませんな。

義父、他界

昨晩、義父が他界いたしました。1年間の闘病、入院を経て、安らかに永眠いたしました。
葬儀その他の為、お店は16日までお休みさせていただきます。
申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

小心者

私は小心者なので、店を大きくしようとか、もう一店舗だそうとか、そういう欲が無いのです。
この小さな店を小さいまま、なんとか維持していければそれでいいかなと。

オレンジには友達と行った。一人でも行った。恋人と行った。親とも行った。そして歴史を重ねれば
子供と行った。孫も連れて行った。こんなふうになるわけで、そんな親密に愛され、自分と関わる
全ての人を連れて行きたくなる。そんな店であればそれでいい。

小心者のマスターはそんな夢を描いているのであります。
DSCN1025.jpg
太陽のように、全ての人に必要とされる店でいられたら。

日々徒然

店をやっていくこと、やり続けていくことって、大変な事です。
家賃、水道光熱費、これら固定費という奴はお客さんが来ようと、来なくても、絶対にかかる。
材料費も日々、お客さんが来ることを想定し、仕入れ、仕込みをするので、お客さんは来なければ、
そのまま廃棄で無駄になり、経費だけがかかる。

要は店はお客さんあって、成り立つ。簡単なことだけれど、コンスタントにお客さんに来て頂くことって、
本当に難しい。

メニューがあって、店の雰囲気があって、店主の人柄とかがあって、天気とかもあって、景気もあって、
価格もあって、そのどれもがうまくかみ合って、はじめてお客様がやってくる。
やってきてくれないと、店は駄目になる。

11年間やってこれたからもう大丈夫なんてことは絶対にない。気をぬいてはいけない。
かと言って、そんな肩肘をはっていてもいけない。

おおらかな心でお客さんをお迎えしなければいけない。余裕があってもなくても、いつも笑顔で
お客様をお迎えする。その心がけが大事。
ああ、お店を維持していくってほんとに大変なのよ。
DSCN1091.jpg
DSCN1092.jpg
DSCN1095.jpg
おいしい料理で今日も、大繁盛?お客様。いらっしゃい!!

フラメンコ

当店のお客さまにフラメンコダンサーがいらっしゃいます。フラメンコの教室もやってまして、
11月に演舞会があります。
先着2名様にこの演舞会の招待券、差し上げます。
欲しい人、私に申し出て下さい。
DSCN1090.jpg
フラメンコ、実はおどりはわき役だとか、あくまで主役はやはり歌なのだそうです。

人生を1年だと仮定すると?

今日のラジオでおもしろい事言ってました。人間の一生を一年に例えると、
1月1日に誕生、2月で13歳、3月で21歳、4月で28歳、5月、34歳、6月、42歳
7月、49歳、8月、56歳、9月、63歳、10月、70歳、11月、77歳
12月31日、85歳でお迎え。
こんな感じになります。

さてでは、今の自分は一年のうちのいつ頃を生きているのか?
私は52歳だから、ようやく8月に入った頃を生きています。
まだまだ夏の盛りを生きている途中です。12月の師走までにはまだまだある。
これからまだ道は長い。そう考えられます。

実際の私はもう孫が3人もいる立派なじじいです。余生とも言えます。充実した余生にしたいものです。
DSCN1097.jpg
DSCN1096_20101009222643.jpg
DSCN1098.jpg
レオ、マオ、カオの3人の孫に囲まれて、我、幸せなり。

生ほうれん草

DSCN1101.jpg
DSCN1102.jpg
DSCN1103.jpg
H000043554_Q011_20090325233638.jpg
当店の一番人気メニューセサミスパに勝るとも劣らぬメニューが「生ほうれん草スパ」ですが、このメニューに使うサラダほうれん草の仕入れがなかなか思うようにいかず苦労しておりました。
でも今回、生産者と直で交渉し、産地直送が実現できました。

今後は茨城県の生産者から、直でその日に収穫したものを送ってもらう事ができるようになりましたので、

これからはなお一層おいしいほうれん草スパがご提供できます。運賃の分、仕入れは少し高くなりますが、新鮮さには変えられません。

ぜひ新鮮でおいしい生ほうれん草スパを堪能して下さい。
DSCN1099.jpg

軍備の理論

今朝のニュースで高校生カップルが通り魔に襲われ、殺された記事を見ました。この種の犯罪に、一番怒りを感じますが、もしこの襲われた高校生が何らかの武器を持っていれば、みすみす殺されずにすんだかもしれないし、
格闘技の技を身につけていれば、撃退できたかもしれない。

これを国家間の問題に置き換えて考えると、やはり軍備は必要という考えにもなります。
通り魔という存在がいる限り、武装した警察は必要。
北朝鮮や中国のような国があるかぎり、国が武装することは、やはり必要なのか。
その為には核軍備も必要なのか。

警察が悪人を捕まえる為に、拳銃が必要なのと、国が核軍備をすることは同じ理論として考えていいのだろうか?

通り魔犯罪の事件を見るたびに、平和憲法などは絵にかいた餅ではないかと、思えるのであります。

無抵抗主義のガンジーの思想は確かに素晴らしいかもしれないが、彼が断食によって、訴えても、紛争は絶えず、
インドは分裂しました。つまり無抵抗主義では平和は実現しなかった。
理想と現実の差、違いがあることが、むなしく、痛感させられるのです。

襲ってくる暴漢に話せばわかると言っても通じない、自分を守るためには力を行使するしかないという現実。
拳には拳、刃物には刃物、こうして戦争の歴史は繰り返されてきた。
その歴史に学ばねばならないが、戦争の歴史はなお今、終わらない。

平和主義がなんと無力であることか。

オレンジにもし暴漢が乱入してきて、お客さんに暴力行為があれば、マスターは命をかけて、力で立ち向かわねば
ならない。そこに理屈は通らない。
自分の守るべきものは、自分の力でしかない。それが武力、軍備ということ。
これは悲しいサガですよね。
DSCN0880.jpg
お客様の平和を守る、頼もしいママです。

13人の刺客

昨日の休日、映画見てきました。「13人の刺客」です。私の生まれ故郷、鶴岡映画村で撮影されたものです。
はっきり言って、駄作でした。スリルも緊迫感もなく、がっかりでした。前評判は良かったのですが、
期待はずれでした。

40年以上前の片岡千恵像の「13人の刺客」のほうが数段面白かった。この手のリメイク物は全て
失敗に終わっています。
黒沢作品のリメイクもすべて駄作でした。

昔の映画、時代劇がいかに優れていたか、技術が進歩しても、中身がそぐわないと、その技術を生かしきれないのです。

映画ははっきりと昔のほうが優れていた、間違いない。
DSCN1084.jpg
映画と違って、お料理は進歩して、おいしくなってます。

こむらがえし

昨夜、真夜中、足のふくらはぎに激痛、つったのです。しばらく痛くて寝れませんでした。
今日、整骨院に行って治療してきました。こむらがえしという症状。疲労からくるそうです。

3日ほど忙しい日が続いた上、町内会の公園草取りもあって、くたくたでした。たぶんその為でしょう。

なんとも最近は身体にいろんな障害がでて、いろいろガタがきているようで、メンテナンスに時間とお金がかかります。

朝と夜、ストレッチしてますが短時間で効き目がないようです。もう少し長くやななきゃね。
DSCN1076.jpg
疲れた時は栄養も充分に取りましょう。

アジアの中の日本

日本は資源が無い。中国は資源大国。だから日本は弱い立場。かつて日本は中国を侵略した、。だから弱い立場?
日本が中国に制裁を科するにはどうすればいいのでしょうか?

今中国と貿易を遮断したら、100円ショップは消えます。あらゆる物資が欠乏しますよね。
でも中国は困らないのだろうか?

韓国とはどうだろうか?日本は韓国にも侵略の過去がある。北朝鮮にも。
なかなか。その過去を帳消しにしての
関係が築けない。

かつてドイツはヨーロッパ中を敵に回して、悪のかぎりをやってきた。でもドイツがヨーロッパで特別
嫌われているでもない。

日本とドイツは同じ敗戦国という弱い立場のはず。なのに、日本だけはなかなかアジアでの友好関係を築けないのは何故なんだろうか?中国だけが悪いのか、日本にも落ち度があるのだろうか?

近所付き合いというものも難しくて、とくに近所の同業者との付き合いというのも微妙なもので、
切磋琢磨してよきライバルでいるのも、大事ですが、難しいところです。
DSCN1086.jpg
雑誌に載りました、私は変な顔してコーヒー淹れてます。
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク