クリスマス

DSCN1129.jpg
DSCN1135.jpg
DSCN1131.jpg
まつき鮨さんと隣合わせで広告です。
クリスマスディナー
ウインザー風ハートフルスープ、フレッシュオーガニックサラダ、オマール海老と帆立のグラタン風チーズ焼き
極上プレミアムビーフステーキ ルジェカシスソースがけ、真鯛のソテー白ワインとセルフィーユソース
極薄生地のクリスピーマルゲリータピザ、濃厚黒セサミスパゲッテイ、紫イモのムースマドモアゼル風
真黒クロスケスイーツバナナ、カスピ海ヨーグルトフルーツソースがけ、レアチーズケーキ木イチゴソース
以上、全11品の超豪華フルコース
おひとり3980円
お早く、ご予約を!! 
スポンサーサイト

平和な世界

韓国と北朝鮮が一触即発の関係、市川海老増がぼこぼこに殴られて、重傷。
なんとも平和とは程遠いニュースばかりです。

力の強いものが、力にまかせて、弱いものを痛めつける。
金持ちが札束で、貧乏人の顔をはたいて、言う事をきかせる。
頭の良いものが、頭の悪いものをだまして、いい思いをする。
こんな理不尽な世の中ではいけない。

自衛隊は暴力装置と誰かが言ったけど、これは使い方では間違っていない。
戦車や戦闘機は災害救助には役にたたない。敵を攻撃する道具です。

確かに、言葉で言ってもわかってもらえない場合に、どうするのか?
力には力で対抗するしかないのか?
争いの絶えない世の中だけど、平和な世界を築く為に、どうすればいいのか?
オレンジに行って、おいしいもの食べて、ゆっくり考えましょう。
H000043554_Q004.jpg
クリスマスディナー、予約受付中!おひとり様3980円です!

六道

本日は義父の49日の法要の為、お休み頂きました。
今日の法要をしてくれた、お坊さんのお話。49日とは、死者が閻魔大王から判決を受ける日だそうです。
人間は死んでから、あの世で6つの世界に分かれて再び生をうけます。
6つの世界とは、地獄、餓鬼の世界、畜生の世界、阿修羅の世界、人間の世界、天国、この6つです。
地獄は皆も承知の一番ひどい苦痛だけの世界。餓鬼はつねに飢えている世界。畜生は本能だけで生きる世界。
阿修羅はつねに戦いを強いられる世界。人間界は普通の人間の世界。そしてなんの苦痛もない天国。

この6つのせかいのどの世界で再びの生を受けるか、この判決が49日目でくだされるのです。
閻魔大王は49日間かけて、その死者の生前の暮らしぶりを研究し、どの世界がふさわしいか、考えるのです。

きっと義父は真面目一徹の生き方をしてきた人だったので、天国間違いなしでしょう。

遺族は49日目の判決が天国に決定されるように祈る日なのですな。

つまり、6道には人間界もあるので、再び人間界にもどる人もいて、これが生まれ変わりなのでしょうかね。

勉強になった今日の法要でありました。
さあ明日から、天国にいけるよう、お客様に精一杯、サービスしますよ。
情報
食べると、不思議と天国に行けると評判のピザです。

49日

今週、土曜は義父の49日の法要の為、お休みさせて頂きます。
魂は49日間、この世をさまよっているそうです。49日目でようやくあの世へ旅たつのだそうです。
肉体から魂が分離して、その魂は49日間、この世をさまよって、いったい誰をみつめていたのでしょうか?

娘の夫のふがいなさに心配して私の仕事ぶりを見ていたのでしょうか?
どうかあの世にいっても、見守っていて下さい。
DSCN0925.jpg
こんな怖い顔して見守っていてくれるのかなあ。

弱い自分

生きるという事は、自分の弱さとの戦いです。休みたいとか、楽をしたいとか、そういう弱い自分との戦いです。
生きるという事は、自分の欲望との戦いです。あれがほしい、これが欲しい、お金持ちになりたい、
欲望だらけの自分との戦いです。

生きるということは、自分の老いとの戦い。体力の衰え、感性の鈍化、感動との距離感、脳力の衰え、
老いに対して、抵抗、若返り、閃きを求めること。

今、自分は生きているか!闘っているか!
オレンジは悶え、苦しんで、何かを変えようと、努力しておりますです。
DSCN1108.jpg
おいしくなあれ、おいしくなあれ、お客さんの為に、もっともっとおいしくなあれ!

ああ、こんなピザが食べたかった。

DSCN1116.jpg
まずは水と牛乳とドライイーストとベーキングパウダーとオリーブオイルと砂糖、塩、蜂蜜を絶妙の配合で混ぜます。そしてひたすらかき混ぜます。
DSCN1117.jpg
次に強力粉と薄力粉と黒すり胡麻を絶妙の配合で混ぜます。
DSCN1118.jpg
これにさきほどの液体を混ぜひたすらにこねくります。こねるこねる、ひたすらこねる。
DSCN1119.jpg
DSCN1121.jpg
そしてこんな生地の玉が出来上がります。これをひたすら発酵させます。
これをひたすらに薄ーくのばして、おいしいピザのできあがり。
DSCN0998.jpg

友人のお店

今日のお休みはいわきに行ってきました。私と同じ会社で長年働いていた友人がお店を開いたのです。
珈琲の自家焙煎のお店です。彼も長年珈琲の会社にいた経験をいかしての独立でした。
いわきのサテイの近くに一二三屋、ひふみやというスーパーがあり、その中に店を構えました。
いわきに行く方がありましたら、ぜひ寄ってください。焙煎したてのおいしい珈琲が買えます。飲めます。
同じ会社の同じ独立した友人としては、なんとしても成功してほしいと願っております。

私の会社の友人たちでやはり独立した友が何人かおりますが、車のガラスの修理屋さんをはじめた友はそこそこ成功して、やってますね。
住宅のガラス窓のコーティング屋さんをはじめた友は残念ながら失敗。辞めてしまいました。

サラリーマンが独立して商売を始めて成功する確率はけっして高くない。難しいのです。
わたしも成功とは言い難い状況にありますが、共に頑張ってやっていきたいですね。
DSCN1123.jpg
DSCN1127.jpg
DSCN1124.jpg
DSCN1126.jpg
DSCN1125.jpg

生きてるだけで丸儲け。

生きてるだけで丸儲け!と今朝のラジオで言ってました。不況の折、うすい通りも閉店、撤退、移転が相次ぎ
さびしくなっております。
営業できてるだけで丸儲けでしょうか?
なんとか11年営業できているのも、皆様のおかげです。お客様は本当に有り難い。

皆さんに来ていただいているだけで丸儲け。感謝感謝。
これからもよりいっそう美味しいピザと美味しいパスタに頑張ります。

先日、70くらいのおばあちゃんがご来店。「てんぷら蕎麦、下さい」と言いました。
「すみません、蕎麦はないんですよ」「じゃあ、うどんでいいや」
「すみません、うちはピザとパスタの店で、蕎麦もうどんもなんですよ」
「そんな外人が食うようなもんは、食べれないなあ」と言ってお帰りでした。

どうかピザとパスタを食べに来てくださいな。DSCN1107.jpg

ボジョレーヌーボー

ボジョレーヌーボーが解禁となりましたが、このボジョレーヌーボーと普通のワインとの違いって知ってますか?
普通のワインは葡萄の粒を潰して、3次発酵までして、瓶詰したあとも、熟成させるため、非常に長い時間をかけて作ります。
でもボジョレーヌーボーは葡萄の粒を潰さずに、そのまま密閉タンクにいれて、一次発酵だけでつくります。
しかも瓶づめしたら、すぐ出荷、じつに早い工程で出来上がるのです。

このボジョレーヌーボーはいろんな種類のある葡萄の中でもガメイという品種だけでつくられます。早熟なのが特徴です。若いうちに楽しめる、品種なのです。

最近は800円くらいの非常に安いボジョレーヌーボーもでてますが、これは早い工程では甘味がでず、
人工的に砂糖を加えたワインで、正規の商品ではありません。ご注意を。
DSCN1112.jpg
オレンジの仕入れたボジョレーヌーボーは最高級です。ボトル2800円!よろしく。

まつき鮨さん

陣屋にあるお寿司屋さん、まつきさんは、ここの大将がかみさんの兄の同級生ということで、11年前の開店以来
なにかとお世話になっております。
とにかくこの大将のパワーがすごい、勉強させられることばかりです。
大将とお会いすると、いつも頑張らねばと思うのです。商売とは何か?真のサービスとは何か?いつも真剣に
取り組んでいるようすが、まったく尊敬するのであります。
それに比べて自分のなんとふがいないことか!奮起せねば!
DSCN1114.jpg
DSCN1113.jpg
DSCN1115.jpg
みごとな花も負けてしまう大将のおおいなる 笑顔であります。みんなおいしいのですが、特にアナゴは絶品です。
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036
うすい百貨店向かい みずほ銀行の裏で
「串酒場 ピザ酒場 おれんじ」という居酒屋をやっています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク