スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安定

地球の大地は常に安定していると錯覚してしまう。だからみんな平気であんな高い建物を建てたり、あんな危険な
原発を作ったり。
でも地球はいつも不安定。表面のプレートはいつも動いていて、年に10センチも動く処がある。
しかも中のマントルは固体ではないし、動いているし、地震がおきるのはしごく当たり前。

でも人間は安定していると、信じて、疑わない。だからたまにしっぺ返しがくる。
地球は不安定。人間の心も不安定。
オレンジの経営状態もやっぱり不安定。
みなさんに助けて頂かないと、大不安になってしまう。
そんなわけで、ゴールデンウィークもフル営業なので、来てね。
スポンサーサイト

見えない恐怖

火は熱いし、音もでるし、目に見えるし、だから怖いとわかる。雷も音がでて、目にも見える。
でも放射線は見えない。音もない。さわっても感じない。すぐには症状もでない。
だからよけいに怖い。見えないので逃げれない。感じることもできないので避けようもない。
まったくやっかいで理解不能なのが放射線。
目に見えるものだけを信じて生きてきたので、見えない幽霊など、霊など信じないできたので、
この見えない放射線とどう向き合っていけばいいのか、わからない。

とにかく、郡山、オレンジは安全と信じて、頑張って営業中です。
オレンジのおいしさは目にもあざやか、もちろん舌でもぞんぶんに感じることができます。
H000043554_Q021.jpg

無限の可能性

たとえば、さいころを半分にする。それをまた半分にする、それを何回も何千回も小さくしていく、それを
繰り返すと、無限に小さくなる?
反対に、大きなものは宇宙、宇宙の大きさは無限大、大きさに限りが無いって、どういうことか、わかりませんが、

人間の欲望も無限大、おいしいもの食べたい、お金持ちになりたい、休みたい、遊びたい、有名になりたい、
もう、欲望には限りがありません。

人間の可能性もやっぱり無限大、戦後の焼け野原を見て、だれが今日の大東京を想像できただろうか?
やろうと思えばなんでもできてしまうのが人間。

オレンジの可能性も無限大だろうか、残念ながら、そうはいかない。11年たった今も繁盛店には程遠い。
でもかあちゃんと二人で、毎日晩酌できるくらいの生活費は稼げているので、よしとしよう。

人間の愚かさも無限大、地球のプレートは常に動いているのだから、今の地震学からすれば、いつ巨大地震が
きてもおかしくない。これを想定外などといって、危険このうえない、原発をつくる人間が愚か、

ところで、東電の責任ばかりが追及されてますが、今の原発を作った、東芝、日立、三菱の責任は
どうなっているのでしょうか?東電の発注どおりのものを作ったから責任はないにでしょうか?
そんな話しが一切でないのが不思議。

愚かと言えば、パチンコとタバコ、韓国では法律でパチンコが禁止になり、韓国にはパチンコ屋がまったくまくなりました。なぜ日本のマスコミはこれを大きく報道しないのか、不思議。

放射線より、大麻より危険なタバコが野放しなのも、まったく不思議。
人間はかくも愚か、愚かな人間には原発もやめられないのでしょうか?
皆で、オレンジのおいしいピザでも食べて、おおいに反省しよう!H000043554_Q005_20090323122308.jpg

いろんな業者さん

当店はいろんな業者さんに支えられ、営業ができています。
朝、8時に店に着くと、まず肉屋さんがやってきます。そのあとに牛乳屋さん。
それから本屋さん。そのあと八百屋さん。そして珈琲屋さん。
それから食材屋さん。そして酒屋さん。
これらの会社あってこそのオレンジなのです。
みんなで助け合って頑張ろう。

新しいエネルギーは?

原爆を作ったのはアメリカのオッペンハイマーという科学者、開発費用は2兆円、2兆円かけて、悪魔の兵器を作った。開発当初、これはドイツに落とす予定だった、しかし完成した時に、ドイツは降伏してしまって、使い道が無くなり、その頃、まだ降伏してなかった、日本に落とそうということになった。
原爆を落とした後、その惨状をオッペンハイマーが見て、「私は、悪魔の破壊者だ」と言って、反省したとか、
大馬鹿者だ。

核分裂を利用するのが、原爆であり、原発です。地球の地熱も放射性元素が崩壊する時の崩壊熱。
太陽が燃えているのが核融合のエネルギー。
この核融合のエネルギーは核分裂の1000倍だとか、核融合発電も研究されているそうですが、
これも水素爆弾の開発とリンクするので、やっぱり危険。
水素爆弾は原爆の1000倍の破壊力。

人間はエネルギーを手にするために危険と直面するしかないのだろうか?
危険と引き換えにエネルギーを手にするしかないのか?

人間はとにかく便利さを追求してきた、そのためには膨大なエネルギーが必要となった。
エアコンや車、携帯電話、もうこれらが無い暮らしは考えられなくなってしまった。
電気が無い時代でも人間は生きていた。
現代人にもできないはずはないが、もうあともどりはできない。
これからも、どんどんエネルギーを消費する暮らしが続く。つまりどんどん危険と向き合う暮らしが
続くという事。
便利だから危険でもいいとは思わない。

東京の人が便利な暮らしをするために、今回、福島が犠牲になった。もう犠牲者を増やしてはいけないとか
誰も考えない。それが進歩、進化?

何も危険が伴わないエネルギーってないのかなあ?

大災害

過去の大災害、大正12年、関東大震災、死者、14万人。太平洋戦争、死者、310万人。
広島原爆、死者25万人。長崎原爆、死者、15万人。

かつて、日本はこれだけの大震災に遭っても、そのつど立ちあがってきた。
もちろん、その頃の日本人の勤勉さは、現代とはかけ離れているかもしれないが、
その頃の勤勉さを取り戻せれば、必ず復興できるはず。
みんなで頑張りましょう。

もう帰るんですか?

テレビで昨日、福島に来た、菅総理のニュースやってまして、怒られてましたね。避難してる人の怒る気持ち
わかりますよね。総理は怒られるのも仕事のうちでしょう。
自然災害で避難であれば、しょうがないとあきらめもつくでしょう。でも放射能から逃れる為の避難は人災での
避難、総理に向かって怒りたくもなりますよ。

体育館で集団で40日も暮らせないですよ。つらいくて、苦しくて、このもどかしさをどこにぶつければいいのか、そこへ総理がやってきた。そりゃあ、怒るでしょう。

放射能が郡山の小学校でも高いことがわかって、郡山市民は、一気に緊張ムードです。
薫小学校は私の通勤路途中にあるし、私の子供たちが通った学校です。その学校が汚染されているのです。
もう人ごとでは完全になくなった。

どうしてこうなってしまったのか、なぜ福島なのか?誰を恨めばいいのか?
菅総理、少しは身にしみて、頑張っていただけること、願っております。

三春は放射能レベルが低いということで、花見客が大勢来ているそうです。
花見のあとは、ぜひ、オレンジへ。H000043554_Q017.jpg
花見のあとは、やっぱりマルゲリータでしょう。

自粛?

最近、夜10時過ぎに帰路を歩いてますが、まず幸楽苑さんが、いつもいっぱいほぼ満席。それからゲームセンターもいっぱい、賑やか。パチンコ屋さんもいっぱい。
開成山公園のお花見客もいっぱい。みなさん賑やか。自粛ムードはまったく感じられません。

でもオレンジの夜はやはり自粛ムードいっぱい、寂しい夜が続いております。昼は御蔭さまで、ほぼ通常モードに
もどったような感じですが、ディナータイムはまだまだ、穏やかな毎日であります。

3月11日から全てが変わったのか、この変化をどう乗り切るか、まあ、ドンと構えて、少々鈍感になってでも
笑顔を絶やさずに、まずは元気、のんき、活気、
そんな感じでどうですか?DSCN0519.jpg
店がまえは、それなりに賑やかなんですけど。節電してなくてすみません。

神の領域

今日は郡山市内の薫小学校が校庭の放射能レベルが高いので、校庭では遊んではいけないことになったとの発表がありました。
ついに郡山までもが、危険区域になるようです。外では遊べない地域になってしまいました。

奥さん、子供を避難させている人がどうも正解のようです。東電はいったいどうやって責任をとるのか、
売上の減った飲食店への責任もとってほしい。

原発のカタログには、Q&Aのコーナーがあって、そこには、津波の心配はないですか?と質問があり、
津波を想定して、設計してあるので、大丈夫、安全です。と明確に書いてあるそうです。
つまり、はっきりと嘘を言っているわけで、これは詐欺罪にあたる。重大責任です。

核、原子力、これは明らかに神の領域なのです。人間がけっして踏み込んではならない領域だったのです。
広島、長崎でこれを学んだはずなのに、電力需要を優先させた人間の間違いです。
明らかに間違っていたことが、わかったはずなのに、間違いを改めようとしない、日本政府は、どうかしている。

山も海も湖もみんな美しい、うつくしま福島。これを汚した東電を絶対に許さない。
小さいお子さんをもつ知り合いのお店が何軒か辞めてしまいました。
寂しいかぎりです。みんなみんな東電のせいだ!

でもオレンジは今の境遇を受け入れ、現状維持で頑張ります。

歩け、歩け

地震でガソリンが無くなった時、バス停まで20分歩いて通勤してまして、その時、すごく体調が良かったような
気がして、それから、通勤の時、なるべく歩くようにしました。
朝はママが途中で車から降りて、そこから歩いて通勤、私は夜、途中まで歩いて、途中でママに車に乗せてもらう。こうして二人で20分くらいずつ歩くようにしました。
かなり身体にはいいようで、体重の4キロくらい減りました。
目指せマイナス10キロ、
非常時こそ体力です。継続は力、ぜひこの途中歩き通勤を続けようと思ってます。
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036
うすい百貨店向かい みずほ銀行の裏で
「串酒場 ピザ酒場 おれんじ」という居酒屋をやっています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。