いろいろ一生

今、福島は大変なことになっている。避難所暮らしの方々の一生が左右されているのです。
仮設住宅が次々に建っていますが、入居希望者が驚くほど少ないそうです。
避難所暮らしなら3食ついて、水道光熱費もかからない。温泉旅館に避難できたひとは、毎日大浴場の
お風呂も入り放題。
仮設住宅に移れば、家賃はタダでも食費や水道光熱費は自己負担、当然避難所暮らしのほうが楽。という
ことになる。
遊んで暮らすも一生、仕事に明け暮れるのも一生。

家も仕事も奪われ、生きがいも奪われる。温泉旅館で一生、3食昼寝付きの暮らしを選択、するか、
仮設住宅に入って、新たな地で新たな仕事を探して、苦労して生きるか、

避難所の人達はとんでもない、選択に迫られているようです。
売上が減ったくらいは、問題じゃない、家があって、仕事があるのだから、
せいいっぱい今の仕事を頑張れる幸せを噛みしめて、生きて生きましょう。DSCN1061.jpg
幸せを噛みしめておりますです。
スポンサーサイト

分かり合えない、男と女

映画監督の三谷幸樹さんと女優の小林里美さんが離婚しましたが、
私はこの二人のフアンでした。三谷さんの映画は抜群におもしろく、「ラジオの時間」とか「笑いの大学」
などほんとうに大傑作だと思います。
また小林さんの主演映画「かもめ食堂」も素晴らしく。お似合いの夫婦だと思ってましたが、

やはり男と女は完全に分かり合えることを求めすぎると無理があって、しょせんは男と女は
本当のところでは分かり合えないと思ったほうがうまく行くかもしれない。

同じ人間ではない、これを大前提にして暮らしていかないと、壁にぶち当たる。

平行線でもなるべく暖かい平行線を築く努力をするしかないかな?

男と女は、夫婦は、本当に難しいのであります。
オレンジで愛を深めてくださいな。
DSCN0997.jpg
おいしい料理を二人で食べること、そこから始めよう。

懐かしき日々

今から30年前、私は珈琲会社の渋谷営業所で働いてました。その頃の仲間が最近飲食店を始めたので、
ここ2、3、日、昔の仲間と電話で話したのですが、もう懐かしくて懐かしくて、あの頃、私は
会社員としては一番仕事をし、一番仕事が面白かった頃かもしれない。

コンビニもドトールもスタバも無く、喫茶店の黄金期だった。だから仕事は忙しく、厳しく、でも高成長していて
業績もよく、あの頃はボーナスが年間で8カ月も出ていた。
今は1カ月もでないと、ぼやいてました。

それからその仲間のもう一人もやはり10年くらい前に独立し、JR市川駅の駅前でお好み焼き屋を経営している
ことを知りました。
幸福堂というお好み焼き屋です。駅からすぐなので、皆さんぜひ行ってみて!

昔の仲間もそれぞれみんな違う道を頑張っているようです。一人だけ、珈琲会社に今も勤めて頑張ってます。
サラリーマンも自営業も今はみんな大変、頑張ろう!

リスクゼロ

今日の毎日新聞に、東大医学部の放射線医学の教授が文章を載せてました。
今の世の中、リスクゼロはまったく不可能。放射線でのリスクなど、他のリスクに比べたら微々たるもの。
他のリスクとは、まずはタバコ、これで放射線の被ばくのリスクの100倍は発がん率が高まる。
それから野菜嫌いとか、塩分取り過ぎとか、運動不足とか、放射線をはるかに上回るリスクのものは
沢山ある。だからみんな心配し過ぎ。

生きるとはこれらのリスクを背負いこんで、リスクとともに暮らしていくこと。
放射線でたかまる発がん率など取るに足らない。

人間は必ず死ぬ。死なないつもりで生きている人が多すぎる。いろんなリスクを背負って、最後にそのリスクと
ともに人間は死んでいくのです。

今の郡山の放射線のレベルなど、恐れるにあらず、だそうです。

放射線の100倍も害のあるタバコをほっておいて、放射線だけを大騒ぎするのは間違い。
みんなもっと鈍感になって、おおらかに生きましょう。
人間いつかはみんな死ぬ。タバコで死ぬか放射線で死ぬか、塩分取り過ぎで死ぬか、
運動不足で死ぬか、交通事故で死ぬか、通り魔に刺されて死ぬか、
どんな死に方をするか、神のみぞ知る。
気楽に行こう!
心配し過ぎて、ストレスをかかえるほうがずっと身体に悪いのだそうです。
DSCN1111.jpg
心配ない、心配ない、オレンジで食事してれば心配ない。

幸せ、ひとつひとつ

ゆっくり過ごせる家があって、やりがいのある仕事があって、おいしい食事ができて、興味深い小説があって、
わくわくする感動の映画があって、やすらげる音楽があって、気持ちのいい汗がかけるスポーツがあって、
たまに温泉旅行なんかができると、幸せなのですが、
ひとつひとつちいさな幸せを拾い集めて、充実した人生が送れれば最高。

そしてこれらを一緒に楽しめる、友人や家族がいてこその幸せな人生でしょうね。

3月11日にこれらを根こそぎ奪われた人がたくさんいて、今またメルトダウンした原発が3基もあって
おびえている人たち。
とてもとても幸せにはほど遠いところにいる人たちも大勢いて、なんとも複雑な今日この頃であります。
DSCN1070.jpg
DSCN1063.jpg
とりあえずはおいしい食事の幸福だけでも、お届したいです。

古澤 巌

皆さんは古澤 巌という有名なバイオリニスト、ご存じですか?あのハカセ太郎の師匠です。
実はこの古澤 巌さんの妹と私は30年前、同じ会社で働いていたのです。
そして、今日、連絡があり、この古澤さんが東京の千歳船橋でパンケーキの店をだしたそうなのです。
ケーズカフエという店です。音楽フアンのかた、ぜひ行ってみて下さい。

一緒に働いていたこの妹の古澤さんは、少林寺拳法をやっていて、空手をやっていた私としては非常に思いで
深い事務員さんでした、大型バイクにまたがって通勤してきて底抜けに明るい女性でした。
きっとおいしいパンケーキが食べれると思います。
もしかしたら古澤 巌さんにも会えるかも。

同じ会社の出身者がおなじ飲食店の経営にのりだした事に喜びを感じています。同業者としての
一体感というか、そんな感じです。
ぜひちかいうちに行ってみようと思ってます。

新旧交代

当店は11年前、あまりお金がなくて始まったので、設備が全て、家庭用なのです。業務用は高くて買えなかった
のです。やはり家庭用には限界があって、たとえば、冷蔵庫、店で使う場合、一日、何百回もドアの開け閉めをします。これでは冷えなくなるのも当たり前。
家庭では、せいぜい何十回だろうと思います。このドアの開け閉めの回数からして、業務用と家庭用では想定がまったく違うわけで、

給湯器も家庭用と業務用では給湯量がまったく違って、当店ではたとえばランチだけでも、50人来たとしたら
洗う食器の数はスプーンやホォークも入れれば、500にもなる。
スープカップ、サラダボール、お冷グラス、ご飯茶わん、メイン、ヨーグルトカップ、珈琲カップ、ソーサー
スプーン、ホーク、などなど、一人に10個、50人だと500個、
これを洗うには大量のお湯が要ります。家庭用の給湯器ではまったくたちうちできないわけです。

これらを業務用にしようと、そうすれば設備投資にかなりの費用が必要。この地震、放射能で、お客様は増えるのか?苦悩は続きます。

設備の新旧交代をしないと、これからますます年をとって作業効率が下がるので、できるだけ快適な環境を
整えたい。老いても仕事ができるように、やはり今、設備投資は必要。
先立つものはやはりお金。
稼ぐに追いつく貧乏なし。一生、楽にはなれそうにありません。
人間、貧乏でも働けるだけ幸せだ!
ご来店お待ちしてます。
DSCN1104.jpg
せっせせっせとお肉の仕込みです。

東電のおとうさん。

今朝の新聞に小学生の投書が載ってました。東電に勤めるお父さんを持つお子さん。
僕のおとうさんは東電に勤めています。お父さんの会社は確かに悪いです。でも皆も悪いと思います。
深夜まで電気を沢山使っているのはみんなです。僕の家だけじゃありません。
東電が原子力にしたのはコストもありますが、CO2を出さない為です。
火力発電はCO2を沢山だすのです。でもCO2をだしているのは発電所だけじゃない。それはみんなです。
みんながCO2をだすから、原子力が必要になったのです。

だから悪いのはお父さんの会社だけじゃない。みんなも悪いのです。
と、こんな感じの投書でした。なんて頭のいい小学生でしょうか。びっくりです。
たしかに東電だけが悪者になってますが、やっぱりこの小学生の言うことももっともです。

電気を使い放題、環境を壊し放題は私たちだったのです、。
おおいに反省しましょう。反省はやっぱりおいしいものを食べながら。DSCN1076.jpg
DSCN1077.jpg
うまいパスタとうまいピザ、これを食って、反省ですな。

運気があがる?

今日はリンチャンがご来店。朝のテレビ情報でうらないコーナー「今日はお店のマスターに会うと運気が上がるでしょう」と言われ、さて自分の知っているお店のマスターって?としばらく考えまして、浮かんできたのが
わたしの二枚目の顔だったとか。
そんなわけでリンチャンはうらないを信じて、自分の運気を高めるためにオレンジにご来店でした。

はたしてリンチャンの運気は上がったのでしょうか?

運気という言葉は主に風水といううらないで使われるらしく、やれこっちの方角がいいとか、こっちの
方角に赤い色の物を置くと運気が上がるとか、なんの根拠もないことを、確かなことのようにうらないます。

もちろん信じている方も多いとは思いますが、要は運気は自分の気持ちの持ちようです。
リンチャンはオレンジの帰りに10円を拾って、「おーほんとに運気が上がった!」と叫んだかもしれない。
石にけつまずいて、ころんで「なんだ、運気なんてあがってないじゃん」とつぶやいたかもしれない。

世の中、不確かなものばかり、絶対などというものはない。あるとすればオレンジの料理は絶対においしいという
ことだけ。
あとはみんな不確実、不確かなことばかりです。信じられるのはオレンジと自分だけ。
それは絶対に安全と言っていた原発の惨状を見ればわかる。

あたるも八卦、当たらぬも八卦、人生もどう転ぶかわからない。わかないからおもしろい?
まあ、あせらず、のんびりいきますか。
DSCN1173.jpg
絶対に、確実においしいものはオレンジにあります。

需要と供給

最近、大手企業の郡山営業所に勤めていて、放射線の心配で奥さん子供を遠くの実家などに避難させている人が
多いですが、このたびのメルトダウン発覚で事態はかなり長引くとみたのか、その会社を辞めて、郡山を去って行く人が多いのです。

放射線をさけ、なおかつ家族で一緒に暮らすには、福島県を去るしかないと判断です。寂しいかぎりです。
オレンジのお客様が減っていきます。これもみんな東電のせい。

世の中、すべて需要と供給でなりたっている。
お腹が減った人がいて、飲食店はなりたっている。
車が欲しい人がいて、車メーカーがある。
機関銃が欲しい戦地のひとがいて、兵器会社がなりたっている。
麻薬が欲しいひとがいて、これを作り売る人がいる。
安い電力が欲しい人がいて、原発を作る人がいる。
原発を作るのも原爆をつくるのも、同じ人間。
ゆっくり制御しながら核分裂させるのが原発。
一気に一瞬で核分裂させるのが原爆。

爆弾を欲しい人、安い電力が欲しい人。みんな需要と供給でできあがってしまう。
本当に恐ろしい仕組みです。

がんばれ
みなさんの需要に答えるべく、おいしい料理を作り続けます!

悪魔?神様?

科学者は確かに偉大で、人間の暮らしを限りなく便利にしてくれました。まるで神様のようです。
でも反面、危険にもさらしてきた。科学者の発明は戦争にも大きく、貢献してきた。
原爆を発明も科学者、原発を発明も科学者、悪魔の顔を持つ科学者。

芸術家は人間を便利にはしてくれませんが、悪をもたらすことはけっしてありません。
料理人は人間を幸福にしてくれて、神様の顔しか持ってません。
政治家は大衆を幸せにもしますが、不幸にもします。

いったい誰が一番偉大でしょうか?
便利さだけを追求してきた人間には科学者が一番偉大でしたが、ここらで科学者にストップをかけて、
便利さにもストップをかけて、不便だけれど幸せな世界を思い描いてみる時かもしれません。

むかし電気の無い時代はみんなが不幸だったろうか?
楽しい芸術があって、おいしい料理があるだけで、電気がなくても幸せだったはず。

携帯でメールがなくても手紙を読み、書く、喜びがあった。
電磁調理器がなくても七輪でおいしい秋刀魚を食べることができた。

蛍光灯がなくても蝋燭や焚火で団欒ができた。車がなくても歩いてどこまで行けることを知っていた。
月に行けなくても、月を見て夢を語ることができた。

今、福島県人は不幸になっている、それは科学者のせい、これは間違いない。
そしてこうした悪魔の科学者を生んだのは、便利さだけを求めた、人間の間違った欲望のせい。

すいません。今日は休みなので、早くからお酒を飲んで酔っ払いました。
あしからず。

節電

当店は地震の少し前に照明をLEDに変えましたので、かなり節電できていると思いますが、この際思い切って
表の電飾も半分に減らして、節電しようと考えています。

店が終わって、店をでるのが11時過ぎくらいなので、今はコンビニ以外どこもやってません。
地震前は12時までスーパーもやってたし、レンタルビデオもやっていたし、本屋さんもやってましたが、
今はどこも6時くらいで閉店のため、非常に困っています。

それもこれも東電のせいです。しかも東電は退職金や年金の減額に応じないようなことを言っている。
福島県人は被害者、東電は加害者、被害者より、加害者の方が、はるかにいい暮らしをしているって
おかしいと思いませんか?
避難指定の人たちは、老後、どころか今現在の生活を奪われてしまったというのに、すくなくても
東電の社員、管理職以上は全ての私財をなげうって、被災者に献上するべきです。

当店のすぐ近くにビッグパレットというイベント会場があって、今もここに沢山の人たちが避難暮らし。
東電の社員は自宅をこの人たちに提供し、自分たちが避難所で生活すればいい。
避難をよぎなくされている人たちはみんな、これくらい怒っています。

せめてオレンジは節電対策に勤しみます。
Image002.jpg
この電飾をすこし抑えます。

人員整理

当店に納入して頂いている、各業者さん、どこも相当に売上がダウンしてるらしく、みなさん人員整理にあっているようです。売上が今後も上がる見込みがない、であれば人件費の削減しかない、ということで、かなりの人が
辞めさせられているようです。

売上ダウンが激しいのは、ゴルフ場、ホテル旅館、結婚式場など、どこも大口の取引先が大幅に売上を
落としているらしく、かなり深刻な状況。

当店のような暖かい御客様に守られている小さな個人店はなんとか大丈夫のようです。

いろんな被害がでていて、国や政府が保証するとか言ってますが、国や政府という人がいるわけではなく、
つまりはわれわれ国民の税金を使うということ。

つまりは被害者である福島県人が福島県人の税金で保障するだけのこと、納得いかないことばかりだぜ。
DSCN1195.jpg
DSCN1196.jpg
納得のいかない話しを納得できるお店で食事でもしながら、嘆いてみましょう。おいしいタケノコで作りました。

真心がしみます。

DSCN1192.jpg
DSCN1193.jpg
これは二本松では超有名なとてもおいしい和菓子です。二本松で印刷業を営む、美人若おかみがいつも持ってきて
くれます。私もかみさんも甘い物好き。ありがたやあ。
DSCN1199.jpg
これは、いつもおいしいクッキーを作ってもってきてくださる、美人おばさまの新作です。絶品でした。
皆さまの真心が身にしみます。

人は美味しい物に出会った時、ああ、これをあの人にも食べさせたいなあ、と思うものです。
みなさんが、オレンジのマスターとママを思い描いて下さっていると思うと、嬉しくて涙がでます。
本当に皆さま、いつもありがとうございます。

誤解しないでください。みなさんにお土産を持ってこい!と言っているわけでは決してございません。
もちろんみなさんの真心を御受取することには躊躇いたしませんが。あしからず。

人間は弱い

人間はなんて弱い存在なんだろうと思います。
大腸菌にも勝てない、1ミリの一千万分の一の大きさの放射性物質にも勝てない。小さい物にも勝てないし、
津波や地震などの大きい物にもやっぱり勝てない。

でも人間は自分が弱い存在であることを忘れて、無謀なことをやらかしてしまう。
大腸菌のいっぱいいる生肉を食べたり、制御不能の原子炉を作ったり、

そしてその後始末はいつも一番弱い人間にしわよせがやってくる。
仕事も家も車もペットも家族も失ったり、命も奪われたり。

人間は弱いことを認め、謙虚になるところから始めないと、暴走は止まらない。
利益優先、便利さ優先、コスト優先の社会を止めないと、人間に未来はないかも。

不便を楽しむとか、質素を楽しむとか、今の時代に逆行する考えもひとつかも。

素朴とかいう言葉も今は大事かもしれない。
DSCN1194.jpg
素朴な夫婦でやっておりますです。でもこの絵、似てないよね。もっとかっこいいし。

マイコレクション

DSCN1201_20110510223808.jpg
DSCN1202_20110510223808.jpg
DSCN1203_20110510223807.jpg
DSCN1204_20110510223807.jpg
DSCN1205_20110510223806.jpg
DSCN1211_20110510223806.jpg
DSCN1201.jpg
DSCN1203.jpg
DSCN1204.jpg
DSCN1205.jpg
音楽好き、コミックファン、全員集合!!!

コレクション

今日は2週間ぶりにお休みしました。でも店に行きまして、cdの整理をしました。
cdはジャンル別にアルバムに整理。数えたらなんと500枚ちかくありまして、コミックも500冊ちかく
あるので、金額にすれば100万円は超えます。コレクションって、知らず知らずのうちに溜まもんですね。
cd
はジャンル別に分けると、邦楽男性、邦楽女性、洋楽男性、洋楽女性、ジャズ、クラシック、ビートルズ、ヒーリング、映画音楽、などのジャンルです。

邦楽男では、サザン、小田和正、浜田省吾、佐野元春、山下達郎、
さだまさし、徳永、平井けん、こぶくろなどが多いです。

邦楽女性では、ミーシャ、ユーミン、広瀬こうみ、平原あやか、など、

洋楽男、シカゴ、クイーン、ジャーニー、マイケルジャクソン、エルビス、イーグルス、ボッチェリーニなど
洋楽女性では、マライヤキャリー、アンマレー、ダイアナロス、シャーデー、なだなど、

クラシックはバロックからショパン、バッハいろいろ
ジャズはデキシーからスタンダード、モダンまでいろいろ

映画音楽はロッキーや太陽がいっぱいや、ニューシネマパダイシスや、スイングガールズやいろいろ

ヒーリングはエンヤや、センス、アデエマス、ジャックジョンソン、などなど、
そしてビートルズだけで45枚くらいあって、

まあ集めたなあ、、、、

どうぞ、オレンジで列ツエンジョイミュージック

部品

自動車も様々な部品からできている。家もいろんな部品からできている。
人間も細胞という部品からできている。お料理も様々な食材という部品からできる。

ではこの部品の大元、つまりあらゆる物質の最小のものは?というと、これはクオーク、このクオークを部品として素粒子ができる。この素粒子を部品にして、原子ができます。
今、福島を悩ませている原子です。

この原子をビー玉に例えると、人間は太陽よりも大きな存在になる。
原子の中心にあるのが原子核。今恐れられている、核、です。
原子を東京ドームに例えれば、原子核は中央に置いた1円玉の大きさなんです。

今、福島県人はそんな微小な存在に悩まされているんですね。
人間はこの原子核より、一兆倍大きな存在。だから負けない。福島県。

敵を知り、己を知れば

敵を知り、己を知れば、百選、危うからず。とか、
今、福島県の敵は放射能。でもこの放射能をよく知っている人は少ないのではないでしょうか?
放射能、原子力、原子、原子核、中性子、陽子、電子、元素、素粒子、量子、分子、???
文系の人には、もうお手上げの世界。

ACのコマーシャルで「頑張ろう、とか日本は一つとか」まったく役にたたない事を言ってないで、
放射能の解説でも繰り返してくれればいいのに。その方がよっぽど役にたつ。

価値観

最近、損保の方々が全国から出張で来ていて、京都や福岡、名古屋、東京など、各地から、このオレンジにもやってきてくれていますが、みなさんに、「安いねえ、これだけついて、こんなに安くていいの?」などと
褒めて頂き、「東京でこんだけのコース食ったら3倍は取られるなあ」とか言われます。

880円のランチ、1200円のディナー、2980円のフルコース、当店ではぎりぎりの利益を頂きまして
提供させて頂いておりますが、これらを安いと思うか、高いと思うか、満足度の違い、そして
価値観の違い、
うけとる感覚は人それぞれ。来ていただいた全てのお客さまに、満足していただけるよう、
頑張りたいが、それでも価値観の違う人もいて、そうもいかない。

たまたま価値観とか波長の合う人に出会うと、こうして褒めて頂けるようで、
あまり気負わず、自分の価値観を信じて、やっていくだけです。

DSCN0493.jpg
価値観が合うとこんな絵も描いていただける。

発電あれこれ

最近は全国から出張で来られている、損害保険の会社の方々が来られますが、その方たちの話しですと、
今回、放射能で住めなくなった人たちにもある程度、保障するらしく、被災者にとっては、人災であろうが天災であろうが、住めなくなったことのは変わらない。よってこの人たちを救うべく、とりあえず、建物は壊れt
てなくても、放射能で住めなくなった家は半壊とみなして、保障し、そのお金は保険会社が東電に請求するそうです。
でも保険会社がプールしているお金ってすごい金額ですね。

ドイツは原発開発を止めたとは言ってますが、ドイツの電気はフランスの原発の電気が7割、3割は風力発電だそうです。

風力、太陽は安定しない発電なので問題山積みだそうで、今燃料電池発電が注目されているそうです。
でもこの燃料電池もガスを使うので、ガスも有限の資源。これもいろいろ問題。

地球の中心には原発のようなものがあって、地熱がある。これを使うのが地熱発電。でも日本の火山は全て
国定、国立公園になっているので、開発するのが難しい。

次世代燃料はいかに?
DSCN1000.jpg
DSCN1003.jpg
去年来店してくれた彼はドイツの風力発電の技師でした。ハレーダビッドソンとホンダの話しでバイク交流をしました。
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク