極悪人 キューリー夫人

今日の福島の惨状は、辿っていくと、その張本人はキューリー夫人だった。
世界で最初に放射性物質を発見したのがキューリー夫人、その後、ベクレルという科学者がウランの放射線を
発見。そしてその後、今度はシーベルトという科学者が核分裂のエネルギーを発見。そうなんです。
ベクレルやシーベルトは科学者の名前だったのですね。

こうして神の領域にキューリー夫人が触れなければ、福島がこんなふうにはならなくて済んだのです。
キューリー夫人が偉人なんて嘘、ただのきちがい科学者だった、ということですかな。

まあキューリー夫人が発見しなくても遅かれ早かれ、放射能は誰かが発見して、原発まで到達したことでしょう。
起こるべくして起こった福島の悲劇。
これを終わらせるのは誰だ?
スポンサーサイト

極悪人

後楽園

私の通っていた大学は水道橋にありましたので、後楽園球場にも後楽園ホールにもよく行きました。
よく友人が新聞勧誘の方から野球の切符をもらってきて、それでよくプロ野球の試合をみました。
私は野球にはまったく興味がなかったのですが、球場でライトアップされた美しい芝生をみながら飲む
ビールが美味しくて。タダ券を貰うたびによく見にいきました。

後楽園ホールにはよくボクシングとキックボクシングの試合を見に行きました。
サラリーマン時代にも本社宣伝課に勤めているころは、出入りの広告会社のひとにタダ券をもらって
よく見にいきました。
まじかで見る、プロボクサーのパンチはすさまじく。興奮したものです。

昨日と今日は郡山で巨人戦がありまして、最近私は夜、歩いておりますので、野球帰りのたくさんの人たちに
お会いしました。暑さのせいか、皆さん、かなりお疲れのご様子、お疲れ様でした。
この為か、夜のお店は活気ついているようですなあ。
当店はまったく恩恵にあずからずに、暇な夜でしたが。

とにかく暑い夜。ビールがうまい。オレンジのビールもうまいで!!H000043554_Q017.jpg
ビールとピザ、これぞ黄金の組み合わせ。

運がいいとか、悪いとか

私はサラリーマンとしてはだめだった、なので独立して店を持ちました。
もし、この店がまったくの不人気店で客が入らず、あっという間に閉店に追い込まれていたら、再就職も
ままならず、自殺に追い込まれていたかも。

この店が地震で全壊していたら、あるいは、避難指定の場所であったら、再起の資金もなく、やはり再就職も
この年ではかなわず、やはり最悪の結末に追い込まれいたかも。

この地震で福島県は自殺者が現在で昨年より30%も多いそうです、。
この地震で建設屋さんや瓦屋さん、パチンコ屋さんなどは、好景気だそうですが、
やはり運の善し悪しはあるもので、運がいいのも実力のうちなどと言って、努力を軽視する方も
いたりしますが、どんな時でも誠心誠意、努力すれば、悪運も逃げていくかも。
報われることを信じて、明日があります。
DSCN0597.jpg
期待を裏切らない店でありたいと思っております。

丁寧

実に丁寧な、と言うか、礼儀正しいというか、そんな家族がたまにやってきます。
お冷を持っていくと、「ありがとうございます」
スープをもっていくと、「頂きます」
サラダをもっていくと、またまた「頂きます」
メインをもっていくと、やっぱり「頂きます」
珈琲をもっていくと「やはり、頂きます」
それが4人家族全員で一斉に言うのです。
デザートをもっていくと、みんなでそろって、「頂きます」
最後にお会計では
「美味しく頂きました、ごちそうさまでした」
やっぱり4人全員でそろって言うのです。

こんなにも丁寧で礼儀正しければ、なんとも疲れてしまうのでは?と心配になってしまうほど。

まったく無言で帰っていく家族もいるので、それは千差万別。

あまり堅苦しいのも肩が凝ってしまうでしょうから、どうか寛いで御帰りくださいな。
がんばれ

歩け歩け

地震以来、大いに歩いています。かみさんは朝、私は夜、約30分くらい歩いています。
夜の散歩はかなりきついです。
何故なら、朝からずっと立ち仕事を夜までやって、それから歩くのですから、かなり足も重くて、だるくて
死にもの狂いで、必死に歩いております。
だから家につくとぐったりで、やたらビールやおつまみが美味しくて、けっして痩せられませんです。
かと言って、歩いて帰って、ただ寝るのでは寂しすぎるので、やっぱりついつい飲んでしまう。

同じ人生、楽しまなくっちゃ!

おいしく飲んで、おいしく食べて、これぞ人生!!
DSCN0965.jpg

話題

お店に文庫本を持ってきて、読んでいる方を見ると、何を読んでますか?と声をかけ、自分の好きな作家だったり
すると、話しがはずみます。最近の東野圭吾はじつにいい、とか、吉田修一の方が、泣けるとか。

ビートルズのアルバムを見いっている人がいると、ビートルズの話しで盛り上がります。ビートルズの最高傑作はやっぱり「サージェントペッパー」だとか、いや「アビーロード」だとか、

コミック好きの方とは、最近のコミック情報で盛り上がる、いや昔のコミックでさらに盛り上がる。やっぱり
「あしたのジョー」は最高だったとか、「巨人の星」では毎回泣けたとか。

映画の話題も多い、洋画もいいけど、やっぱり味わい深いのは邦画だなあ。とか、一番泣けた映画は
「24の瞳」だとか、一番興奮したのは「7人の侍」だとか。

そろそろ放射能の話題にも疲れました。
楽しい話題で楽しい食事をぜひ!!
DSCN1154.jpg

格闘技

今日は格闘技好きのお客様がご来店で、しばらく格闘技の話ししました。
私は球技にはまったくと言ってほど興味がなく、野球やサッカーなどはまったく見ません。
もっぱら、格闘技でして、柔道、空手、ボクシング、k-1、総合格闘技など、たまにテレビ放送があると
わくわくします。

でも今の柔道はなんかつまらない。私がやっていた時の柔道とはまったく別物になってしまっている。
まず、ちゃんと組まない、組み手争いが多すぎ、レスリングの技が多すぎ、判定が多すぎ、
きれいな投げでの一本が少ない。だからつまらない。

空手はあまりに流派が多すぎて、日本チャンピオンや世界チャンピオンが沢山いて、もっと統一してほしい。
極真会も大山先生が生きている頃はまとまっていたのに、亡くなってからはバラバラになってしまって、
それが悲しい。

ボクシングは先日長谷川選手が負けてしまったのは非常に残念。亀田兄弟はレベルが低くてつまらない。
昔、トーマスハーンズとシュガーレイレナードのミドル級の世界戦はものすごかった、
まさにミリ単位でパンチをかわす達人の対決でした。

k-1もアンディフグが生きている頃が一番面白かった。空手がまだ、キックボクシングに勝てた頃であった。
極真もアンディやフィリヨなどのハイクラスの選手がいなくなって、苦戦している。

プロレスは初代タイガーマスクの試合は素晴らしく面白かった。まさに曲芸のような技のスピーディーな
展開にしびれた。

総合格闘技はやはりヒクソンの強さにまいった。舟木との試合で舟木がおちてしまったのは衝撃だった。

ヒクソンと大山先生が対戦したらどうなっていただろう?

人類最強の男は誰か?ロマンですなあ。

格闘技ファンのかた、ぜひ一言、お声かけて下さい。
karate.jpg
一番かっこいい格闘技はやっぱり空手でしょう。

一生懸命

連日、損保の調査員の方々がいらっしゃいますが、この方々、地震以来まったく休みなく仕事してるそうです。
一円でも多く、一日でも早く、保険金を払えるように努力してるそうですよ。
家は残念ながら地震保険には入っていなく、安い火災保険しか入っていないので、まったく見舞金もでませんが
福島県はやはり地震が少なかったので、地震保険に入っている人は少なかったようで、宮城県などはかつて
大きな地震に遭っているのでこうした保険に入っている人も多かったようです。

保険は賭けみたいなもので、何もなければ大きく損をします。そしてたいがいは何もなく過ごせるのです。
何かあった時の備えですが、人間、余裕がないと、やはり何もないだろうと、最悪の事態を想像したり
しないものです。

日々何もなく、平穏に過ぎていくことを大前提として生きてきました。何かあったら、その時に考えればいいや、
と、阪神地震の時も、やはり人ごとだったように思います。自分の身に降りかからないと、なかなかわからないもの。

30年後に、東京に大地震が来る確率は80パーセントだそうです。その時、今のように保険金が払えるか
自信がないと、保険屋さんがぽろっと言ってました。
保険金を払って保険会社が破綻する。大災害では充分想定される話しです。

人間、一生懸命だけでは乗り切れない事もあります。人生、想定外の事も起こる。誰にでも起こる。
だから少し余裕があれば保険に入っておくことも必要かもね。

オレンジはいつも一生懸命やってますが、保険はいれるほどの余裕はないので、やはりその日暮らしと
いうことでしょうか。
DSCN1060.jpg
一生懸命ピザ、伸ばしてますよ。

不公平

地震以来、みんな様々な事情を抱えて、日々の暮らしに苦労しています。家を失い、家族を失い、仕事を失い。
でも東電の人々は何も失っていないのです。
みんな普通に暮らしているのです。給料もあり、退職金もあり、年金もあり、会社も潰れないから、まったく
暮らしに困っていないのです。
普通なら、とっくに倒産して、その社長は無一文になってもおかしくない。

放射能をばらまいた人は普通の暮らしができていて、ばらまかれた方は、苦しい暮らしを強いられる。
こんなバカなことが許されている。それを政治家も正そうとしていない。

東電の経営陣から財産没収くらいしてもおかしくないのに。

みんな失業したりしてせつない暮らしになってしまっているのに。平然としている加害者たち。
理不尽とはこういう事を言うのだなあと、つくつず思いますよ。

失業してしまった人が大切な失業手当をもって、ご来店してくださることに恐縮しております。
一日でも早く、次の仕事が見つかることを切に願っております。
H000043554_Q005_20090323122308.jpg
理不尽への怒りが少しでも和らぐように、より一層おいしいピザを作りたいです。

ホットスポット

福島市やここ郡山市でもホットスポットが続々と見つかって、大変なことになっています。
郡山では酒蓋公園や荒池公園、かおる小学校など、
いったんホットスポットになると、もとにもどるには何十年もかかる。
放射性物質の半減期はそれほどに長い。
避難している人達が、実際問題として、そこに戻れるのは遠い先の話しになってしまう。

ウランやプルトニウムに至っては、半減期になるまで何万年にもなる。
これほどにやっかいなものだと、みんなが理解しているのだろうか?

つまりは、避難指定区域でも復興はまったく不可能ということになる。
どっかよその安全なところに行って、人生をやり直すしかないのが実情ということになってしまうのだろうか?

もし郡山が避難指定にでもなったら、もう郡山には2度と戻れないと考えて、他の土地でオレンジをはじめるしか
なくなる。そんな現実を考えただけで恐ろしくなってしまう。

明るい未来は遠い先にあるようです。それでも日常を頑張るしかないか。

神の手

われわれ人間は、もともとは宇宙の塵やほこりだった、それが何万年、何百万年、何百億年もの、気の遠く
なるような時を経て、その間、何万回もの突然変異を繰り返して、すこしずつ進化して、塵から今の
高度な人間へと、変貌を遂げた。

つまり、遺伝子の突然変異によって、進化して、できたのが今の人間。ならば、なぜこれほどのはてしない
突然変異ができたのか?

放射線は生き物の遺伝子を破壊します。正常な遺伝情報を伝えられなくしていまうのです。
突然変異の犯人は実は放射線なのです。
放射線によって、遺伝子が破壊され、より劣る生き物になったり、」または、何万回かに一回は、より高等な
生物に変異したりしてきたわけです。

放射線なくしては、突然変異も進化も存在しなかった。放射線こそが神の手なのです。
だから、これは人間が手をだしてはいけない領域だったのです。
放射線を生み出す、放射性物質。原子や素粒子といった世界は、人間が踏み込んではいけない世界だった。
放射線によって生み出された人間が、今、放射線によって、滅びようとしている、。

今すぐ、原発から撤退すべきなのでありますよ。

臨時休業

すみませんが、6月13日と14日は臨時休業とさせていただきます。
15日から通常営業となります。
ご来店お待ちしておりますです。

さて今日で地震からまる3か月です。なんとか乗り切ったなあという感じです。これも皆さんの御蔭です。
100%幸せな人生などありえませんが、100%不幸な人生も無いことを信じて、
せめて60%幸せなら不幸を10%も上回っているので、よしとしなければと思います。

被災地は確かに今、不幸のどん底にいますが、被災地以外でも交通事故にあったり、事件に巻き込まれたり、
様々な不幸の種が転がっているわけで、今回の地震はその一つ。

休みをとってリフレッシュしたら、また頑張ろうと思います。
DSCN0476.jpg
ママとマスターの似顔絵、大募集中です。どんなものでも結構です。
ぜひ御持ち頂ければ、粗品進呈中です!!

被害総額

先日の休み、久々に自宅裏の草取りを命じられ、裏に行ってみると、お風呂場の壁の下あたりから水漏れを発見、
設備屋さんに調べてもらったら、お風呂場のユニットバスの蛇口、2か所の水道管が破損、おそらく地震での
破壊か、水道代が高くなっていた原因もわかりました。修理代5万。
店の排水管も地震で破損。これも修理代3万。
壊れた本棚、自宅と店、合わせて、8万?
壊れた食器、補充で5万。
その他、いろいろ破損で補充でざっと被害総額は40万くらいにはなりますね。
まったく、売上もわるいのに、出費ばかりが増えますなあ。
明日で3か月。平和な明日はどっちだ!

たとえば、不幸な生き物たち。

福島県人は放射線実験のモルモットにされてしまって、不幸ですが、不幸な生き物たちは他にも沢山います。
たとえば、赤面症の青大将。たとえば、斜視のひらめ。たとえば、円形脱毛症のカッパ。
たとえば、、虫歯のワニ。たとえば、水虫のムカデ。たとえば、、失語症のオウム。
たとえば、扁桃腺のキリン。たとえば、チェックのシマウマ。たとえば、縞模様のパンダ。
たとえば、脚気のフラミンゴ。たとえば、どもりの九官鳥。たとえば、しゃっくりの止まらないカッコウ。
たとえば、音痴のうぐいす。たとえば、、あごのはずれたウツボ。たとえば、不動産鑑定士のヤドカリ。
たとえば、せっかちな、なまけもの。たとえば、不眠症のコアラ。
たとえば、高所恐怖症のトンビ。たとえば、ハト派の鷹。たとえば、タカ派の鳩。
たとえば、身体のかたいタコ。たとえば、くしゃみの止まらない、イカ。
たとえば、潔癖症のふんころがし。たとえば、鼻詰まりの犬。
たとえば、内またのゴリラ。たとえば、やたら交通標識の気になる、チーター。
たとえば、日光浴の大好きなドラキュラ。たとえば、ぶら下がり健康器が大好きな蝙蝠。
たとえば、マングースに一目ぼれした、コブラ。たとえば、老眼のモグラ。
たとえば、コブラに一目、惚れした。マングース。
たとえば、不妊症のねずみ。たとえば、ノミの心臓のライオン。
などなど、不幸な生き物を数え上げたらきりがない。
だから福島県人も大丈夫。必ず、幸福を取り戻せる明日が来る!!DSCN1025.jpg
こんな穏やかな、海もあるのです。

郡山は危険なの?

うすい百貨店の中のディズニーストアが撤退しました。ここは地震翌日からまったく営業せず、ずっと閉店しており、ついに撤退、アメリカ本部の指示だそうです。
アメリカは原発から80キロ圏内は避難すべきと主張しており、今回の撤退もその意向を受けての事だそうです。

郡山市、福島市、いわき市、この30万都市、全て、原発から50キロのところにあります。
アメリカから言わせれば、充分危険な地域なのだそうです。

郡山の全ての小中学校では校庭では遊べず、公園でも遊べず、プールは使えず、屋外行事は全て中止、
やはり危険な地域との認識のようです。
小学生はほとんどがマスクを着けての登下校。

なんかとんでもない事になっている。小学校の御子さんを御持ちの親は週末はわざわざ県外に出かけて、
そこで子供を外で遊ばせるのだとか。

ああ本当に、原発は郡山の平和を奪ってしまったのだなあ。

でも、与えられた環境、与えられた状況、運命を受け入れて生きていくしかないものなあ。
DSCN1149.jpg
オレンジでおいしいデザートを召し上がれ。ほんのちょっとでもほっと、して頂ければ。

安全、安心

今、福島の学校ではプールを使うか、使わないかでもめている。
なぜもめているか、
それは、その判断が校長とpTAにまかせるとされたから、校長は科学者でしょうか、PTAの会長は
放射線にくわしいのでしょうか?
判断を現場にまかせたのは、誰も責任を取りたくないから。

放射線のレベルが危険かどうか、それはやっぱり専門家が判断してくれないと、現場の住民はどうしていいか
わからない。

専門家って誰?政治家でもないが、もちろん校長でもない。
プールに入って、どうなるか?そんな判断に悩まねばならないのは、やっぱり異常な状況。
まだまだ福島の未来は藪の中です。

安心、安全を示してくれるのは誰?いずれ辞めると言っているリーダーをどうやって頼れるのか?
福島県民はなんて不幸なんだろう?

会議

私もサラリーマンだったので、いっぱい会議をやってきました。長い会議ほどあまり有意義ではなかったとの
思いでがあります。
一日は24時間しかない。一週間は7日しかない。一か月は30日しかない。一年は365日しかない。
ならば、できるだけ実行の時間が多くとれないと、何事も進まない。

今、日本は大変なことになっている、特に福島はかなり大変な状況。避難している人に、まず明日を提示して
希望が持てるようにしてあげないといけない。
なのに未だに保障の話しが決まらない。第一、そんな話を国会でしていない。権力闘争ばかりでは
何一つ進むわけない。

たぶん原発から2キロ圏はもう何十年も帰れない。帰れないことを前提にして、保障を決めないと、
避難している人達の明日が見えてこない。
だから避難している人達は、パチンコと酒飲みしかやることがない。
政府は有意義な会議をやって、それを早く実行しないと、人間をどんどんだめにしてしまう。
そういう危機感を持ってほしい。
人を酒とギャンブルに溺れさせないでください。
前向きに生きれるように、明日を示して下さい。

東電の方々は自分たちの退職金も年金もすべて投げ打って、被災者を救って下さい。
福島では、立派に働ける、大人たちが、昼間することがなく、後ろむきの生活を強いられているのです。
避難場所と3食を与えておけばいい、などとはけっして思わないで下さい。
福島を救ってくれる会議をしてくださいな。

オレンジで酒を飲みながら、有意義でない会議はしないでください。
お酒は楽しく!!愚痴は謹んで、あかるい話題で、おいしいもの沢山食べて、
仕事を忘れて飲んで、また明日から頑張りましょう!!
DSCN1194.jpg
楽しく飲めるように、ママとマスターがお手伝い。

ハッピーバースデー

今日、6月4日は私の誕生日であります。なんと53歳にもなってしまった。すっかりじじいです。
実際、3人も孫がいるのだから立派な爺です。
なにはともあれ、無事に53年間生きてこられたこと、生活してこれたことを皆さんに感謝であります。

サラリーマン生活19年、そしてオレンジでの自営業生活12年。家族を養ってこれたこと、やっぱり
全ての人に感謝。

全ての生き物は種の保存の為に生きている。その意味では私の役目はもう終わって、今は余生のようなもの。
この余生、素晴らしい余生にすべく、
また明日から54歳に向かって、頑張ります。
H000043554_Q009_20090331222748.jpg
バースデーパーティーはぜひオレンジで!!!

韓国に負ける?

最近、パチンコ屋さんが大繁盛だそうです、。なぜか?避難所暮らしの方々がすることが無くて、連日
パチンコ通いなのだそうです。

韓国では国策として、パチンコを全廃しました。パチンコは人間をだめにする、国をだめにすると判断されたのです。

日本は違法賭博であるはずのパチンコが野放し、しかも韓国での全廃のニュースはかなり小さくしか報道されなかった。
パチンコ関連の多くの企業に警察OBがたくさん天下りしているからだとか。

今、日本は大変な時、避難している人たちもなにか復興の手助けができるような、システムを作って、働けるようにしないと、韓国に負けてしまうのでは?

パチンコで人生を台無しにした人は韓国だけではないはず。
日本もそろそろ考えてもいい時期かもしれませんね。

絶対数の減少

今、福島県はどんどん人口が減っています。地震で亡くなった方や放射線による避難指示の地域の方
以外でもどんどん県外、国外に疎開してしまっているのです。
中学生以下の児童を持つ家族が、安心できる地を求めて、福島から去っていってしまっています。
その数、福島県全体で3万人とか、郡山だけでも7000人もいなくなってしまっている。

土日は家族連れのお客様の多い、当店でもこれは大打撃です。
御客様の絶対数が減ってしまっては、どうしようもない。
福島を離れる人に小心者とか、弱虫などとはとても言えない。
親なら子供を少しでも安全なところへと、思うのは当たり前。

電気をふんだんに使ってきたのは確かに私たちだけれど、東電はかつて、原発は絶対に安全と
言い切ってきた。
タバコはちゃんと、害がありますと書いて販売しているが、原発は危険ですと、危険ですがコストが安いので
発電に使います、とは言ってない。
しかも危険だからと、僕らは電気を、発電所を選ぶこともできない。

電気は独占企業だから、コストが安いと言っても、電気代を安くしてくれた訳でもない。
言い値で買わされてきた。しかも安全と嘘をつかれて、

オレンジのお客を奪った東電が、やっぱり許せない。
H000043554_Q021.jpg
この怒り、旨いもん食って、静めよう。
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク