郡山は死んでない

お店の近くにヒップショットというライブハウスがあって、そこで毎年2回くらいパンクロックの大きな
ライブがあるらしく、その時に東京から毎回パンクのグループが10人くらいで、オレンジにやって来ます。
パンクのバンドなので、それはそれはすごいかっこうでやってくるのです。
オレンジ色の髪に鎖じゃらじゃら、底の厚いブーツ、破れ放題のジーンズに皮ジャン。

そんな彼らになぜかオレンジは気に入られ、6年前くらいから、毎年2回くらいやってくるのです。

そのバンドの人が東京を出る時、友人に「もう郡山は死んでる、飲食店もほとんど無くなっているし、ライブなんか聞きに来るやつはいない」と。

そんな訳で、郡山駅に降り立つと、すぐ近くのコンビニで「うすいの近くのオレンジはまだやってますかね?」
と聞いたそうです。
「ああ。オレンジはたしか、つぶれましたよ」と言われたそうです。
がっかりして、どうなってしまったのか、見に来てみたら、ちゃんと営業してて、うれしかったのだそうです。
帰りにまたコンビニに寄って、嘘ついた奴をボコボコにしてやると言ってました。
「ほどほどにしてやって下さい。オレンジはそんなデマにも負けず、震災後、2日休んだだけで、3日目から元気に
営業してましたよ」
パンクのあんちゃんたちは喜んで御帰りでした。
DSCN1064.jpg
スポンサーサイト

須賀川高校残念!

今日の高校野球決勝、ノーシードの須賀川高校、残念でした。
実は、この須賀川高校の野球部監督、私の父親の高校時代の同級生の教え子なのだそうです。
父の同級生は昔、須賀川高校の野球部の監督をしており、今日もはるばる山形から応援に駆けつけてくれました。
しかし、教え子のチームは残念ながら負けてしまいました。

今日の朝、山形新幹線は大雨で不通、その為、わざわざ仙台まわりで駆けつけたとのことでした。
野球観戦の帰りに当店に寄って頂き、ピザと珈琲を味わって頂き、この後、教え子たちと残念会だと
去っていかれました。

須賀川は郡山よりはるかに被害が大きかったのですが、よくぞ決勝まで行ったものだと、感動しました。
みんなも負けずに頑張りましょう!
DSCN1218.jpg
大好評のオムライスでお待ちしています!

まだまだ続く、地震被害。

当店の地震被害、まだまだ続いておりまして、今日はピザオーブンがいつの間にか、スイッチが切れている。
何度かスイッチをオン、オフ、繰り返していたらやっとスイッチが入って、ホットしましたが、また切れる可能性もある。さっそくメーカーに電話。スイッチ交換の必要ありとか、このメーカー仙台にしかないので、
出張、工賃、部品代で35000円とか言われ。
この食品機械メーカーは依然、私がサラリーマン時代からの付き合いの会社で、ここの仙台営業所の所長も
知っていたのですが、なにせ11年前に買ったもので、もうその所長も辞めてしまっていました。
さんざん交渉し、被災地特別対応ということで、20000円なり。

その次はエアコン、リモコンの温度設定が変えられない。いくら押しても変化しないのです。
さっそくメーカーに電話、リモコン交換しかないと言われ、なんと25000円なり。
ここともさんざん交渉し、粘り粘り、被災地特別対応にて15000円なり。

まったく機械というものは、老朽化でも壊れ、さらに激しい地震でも揺さぶりでも不調をきたすのだそうで、
踏んだり蹴ったりであります。

さらには何週間も前からの雨漏り、今朝のゲリラ豪雨でまた壁から浸水。大家さんにいってもなかなか治してくれない。
エアコンの真裏から漏れているので、漏電してこのビルが火災になってもいいの!と言って、ようやく
明後日、工事の人が来ることになりました。

オレンジは瀕死の重傷を負っておりますが、みなさまのご来店をこころよりお待ち申し上げております。
いろいろと、補修費が多額にかかっており、大変なのですよ。
そこんとこ御察し頂ければと。
DSCN1185_20110317201556.jpg
この惨劇は今も続いております。DSCN1183_20110317201556.jpg

コクリコ坂から

今日は2週間ぶりの御休みを頂きまして、映画「コクリコ坂から」を見てきました。
やはり宮崎アニメはいつも心を洗われる作品ばかりで、今回の新作「コクリコ坂から」もじつにさわやかな
映画に仕上がっておりまして、感動しました。

舞台は東京オリンピック直前の頃の横浜、海と山、街がじつに美しく描かれておりまして、そこに住む
情熱的、で、清楚で、さわやかな若者たちが主人公、心が疲れている時には、やはり御勧めの
宮崎アニメでありました。

H000043554_Q005_20090323122308.jpg
郡山駅前で映画鑑賞した帰りにはぜひ、オレンジでピザでもつまみながら、感動をかみしめて、休憩していって
くださいな。

老舗

今月のこおりやま情報は老舗店の特集ですが、あるんですね、郡山にも老舗の飲食店が、40年、50年と
続いているお店が20軒ちかくある。
20歳で独立して40年営業でやっと創業40年だから、私のように脱サラして40過ぎに開業したんでは
老舗にはなれない。

でも逆に言えば、老舗が20軒くらいしかないということは、いかに飲食店の寿命が短いか。
飲食店が老舗になることがいかに難しいか。

老舗になることの条件は何か?
まず夫婦で営業していること、これがポイントのようです。
そして規模的にはあまり大きくないこと、そして、あまり奇抜でないこと、
誠実に営業していること。もっと他にもあるでしょうが、私はまだ未熟者ですので、これから勉強していきたい。

オレンジはやっと11年、これからあと10年やれたとして創業20年くらいがせいぜいかと思いますが、
一日でも長くやっていけるよう頑張ります。
DSCN0500.jpg

家族バラバラ

避難離婚が増えているそうです。やはり女性は母性本能からか、極端に放射線を恐れ、避難しなくては!と
考え、夫は冷静に、いや避難するほどではないと、妻の意見を退ける。その結果、夫婦の意見は完全に
不一致となり、離婚し、妻は子供を連れて避難。こんな夫婦、家族が増えているのだそうです。

どちらが正しいのかは、わかりません。でも原発さえなければ、壊れずにすんだ夫婦、家族だったのです。
放射線、原発は人々の健康を奪い、家族の絆をも奪った、この罪は重い。

こんな時こそ、お互いに理解しあって、良き答えを導きだせる家族会議でありたいですね。
オレンジでも避難事で話し合っている家族がいます。最後は奥様に従うのがいいようですよ。
DSCN1097.jpg
この孫たちは避難しない選択を選びました。それもまた正しい。
避難する家族を間違っているとも言えません。
正しい道なんて誰にもわからない。

やっぱり胡麻だぜ、セサミだぜ!!

当店にたまに来る御医者さんがいまして、その人から聞いた、大変有り難い話しです。
郡山の放射線はまったく大丈夫。普通に栄養のある、バランスの良い食事をとり、睡眠をたっぷり取り、
健康な体を保っていれば、何ら心配はないそうです。
特に注意すべき点は、セシウムとカリウムは非常に似ている物質なので、カリウムが不足している身体の状態で
セシウムを吸収してしまうと、身体がセシウムをカリウムと勘違いして、積極的に体内に取り込もうとしてしまう。
だからカリウムを含む食品を取ることが大事、カリウムはトマト、バナナに多く含まれています。

また、ストロンチウムとカルシウムが非常に似ている物質のため、カルシウムが不足していると、ストロンチウムが入りやすい、だからカルシウムを沢山取りましょう。

人間には免疫力があって、少々、放射線で細胞が傷つけられても、すぐに補修してくれます。
この免疫力アップに欠かせないのが、アミノ酸。
じゃあ、アミノ酸たっぷりの食品は?
それは断然、セサミ、胡麻なのです。

だから、オレンジに行って、胡麻メニュー、トマトメニュー、そしてバナナ黒酢を頂いておけば、
なにも心配ないのです。

さあ、みなさん、そんな訳で明日は必ずオレンジに行こう!
H000043554_Q017.jpg
トマトたっぷりのマルゲリータでカリウムを補給。
H000043554_Q007.jpg
アミノ酸たっぷりのセサミスパで放射線をぶっ飛ばせ!!

探しもの

震災以来、どうしても見つからない物がありまして、それはデジカメ用の充電器、これが無くて困っています。
先日、どうしても見つからないので、充電器を買おうかと、ヨドバシカメラに行って聞いてみると、
なんと充電器が4200円もするのです。
私のデジカメはもう買って6年くらいにはなるので、この性能のデジカメは9000円くらいで売っているのです。
4000円で充電器を買うより、もう5000円だして、新品のデジカメを買ってしまったほうがいいのか、
貧乏人は悩んでおります。

店がめちゃくちゃになって無くなったものは、それ以外にはcdが何枚かと、書類のたぐい、食器などは
壊れてしまったので、これはしょうがない。

とにかく今は充電器が悩みの種、毎日いろんなところ探しているのですが、どうしても見つからない。
あきらめることも大事、気持ちを切り替える意味でも新しいのを買うかな。
でも最近売上が悪いので、どうしよう。
と言っていたら、今度はかみさんが携帯電話をズボンと一緒に洗濯してしまって、これもパー。
まったく出費が果てしなく続くのであります。
おっちょこちょいのかみさんをもつと苦労するのですよ。
DSCN1218.jpg
皆さん待望のオムライスは25日から登場します。

佐々木監督、大好き

女子サッカーの佐々木監督、素晴らしいですね。いかにも女子チームをまとめあげるのが得意そうです。
じつは佐々木監督と私は共通点がいっぱい。

佐々木監督の出身地は山形県。私と一緒。
佐々木監督の生まれた年は昭和33年、私と一緒、53歳。
佐々木監督の奥さんの名前、淳子さん、私の奥さんも一緒。

それがどうした!とは言わないで。

H000043554_Q002_20090323135830.jpg
とても暇な日が続いおります。空席が目立ちます。

素直にうれしい

女子サッカー、世界一おめでとうございます。本当に素晴らしかった。逆転逆転また逆転。あきらめない姿に
感動しました。
最近のスポーツ選手にインタビューすると、みんな「素直にうれしいです」とよく言いますよね。
これっていったいどういう意味なんですかね。本当にうれしいと、どう違うのだろうか?
おじさんには少し違和感がある言葉です。

今日は私もみなさんにお褒めの言葉を頂き「素直に嬉しかった」「本当にうれしかった」です。

60くらいのおじいさんには、「ピザもパスタも、両方おいしくて、大満足しました」と褒められました・
小学生の男の子には「ここって、イタリアンな味でおいしいね」と褒められました・

これからも一杯みなさんに褒めてもらえるように頑張ります。
DSCN0596.jpg

復興特需

うすい百貨店の方のお話ですと、最近のうすいは大変売上が良いのだそうです。
義捐金や保険金、補償金などがどんどん入ってきて、かなり潤っている人が沢山いるのだそうで、そういう人たちでうすい百貨店は賑わっているそうです。

でも別の人の話しでは、かなり落ち込んでいるとも言うし。どっちなのだろう。

当店には特需らしきものはなく、忙しい日とそうでない日が交互にやってきます。
そして忙しい日に限って、いろいろトラブル続きで、二重に疲れてしまう。

とにかく、普通の生活、普通の日々に戻ってほしいものですなあ。
DSCN1093.jpg
トマトソース、情熱的味がまた最高!

トラブルトラブル

今日はガスが止まるトラブルが発生、どうも地震感知器が過敏すぎるらしく、感知器の交換、
そんな時に限って、お客様は満席状態、
ガスが止まると、パスタメニューが全てできなくなってしまう。感知器交換のため、約1時間、ガスが使用不能、
そのため、満席の客様に急きょ、パスタを断り、すべてピザに変更をお願い、

こんな時に限って、テイクアウトのピザを買いに来る御客様も続けて来店、まさにパニック状態で
私は狂ったように、ピザを何枚も伸ばし、作りました。
本当に、飲食店は体力勝負です。体力無くして繁栄は無い。

格闘技で鍛えた体も今日は悲鳴を上げております。

さあ今夜もたくさんアルコールを補給して、また明日から頑張ろう!
DSCN0880.jpg
いつも元気でうらやましい。

なでしこジャパン

女子サッカーがすごい。このまま優勝して日本を元気づけて欲しいと思います。
先日のゴルフの二人の宮里選手といい、女子が素晴らしい活躍ぶり、男子も負けずに頑張れ!

最近の日本は断然女子が強いです。カップルで来ても、夫婦できても、主導権はいつも女性にあるようで、
男は弱い、ひたすらに弱い、なんとだらしないことよ。
すべて決めるのは女性のようです。

先日は新婚旅行を計画中と思われるカップル、ひたすら女性が演説し、男性はしばし無言で頷くばかり、
さっぱり楽しそうではない。あまり偉そうにしている女性もどうかと思ってしまう。

でも女性が元気なことは何よりです。
女性が元気をなくすと、男性も弱気になるばかり、強気の女性の方がいいのかも。

当店にもすごい強い、手ごわい女性が一人おりまして、私は相当に苦労しておりますよ。
どうか元気づけて下さい。

DSCN0637.jpg
気が強くって、料理自慢。名物おかみです。

信じられるのはどっち?

週刊現代は毎週、放射能の恐ろしさを取り上げ、徹底的に福島原発を怖い怖いと書きたてます。
週刊ポストはまったく逆に、現代が書くほど、放射線は危険ではないと、訴えています。
どっちを信じればいいのか?
それぞれに科学者がついていて、まったく逆のことを言っているのです。
チェルノブイリについても広島、長崎についても、つまりははっきりとした統計、データーがない。
ロシアも情報を全て開示しているわけではないので、結論としてわからない。なのです。

ニュートンという立派な科学雑誌がありまして、これが一番正確で正しいのではないかと思われるのですが、
放射線と発癌の因果関係は、やっぱりはっきりとはわからない、というのが結論のようですが、
それほど心配はいらないという意見がちらほらです。

広島、長崎の原爆以来、世界中で1000回を超える核実験が行われ、この実験でばらまかれた、放射線は
福島の何億倍もの量です。
一番おおきなビキニ環礁での水爆実験では、(この水爆は原爆の何千倍の威力です)日本の第5福竜丸がまきこまれ
被爆しました。
でもこの被爆で23人の乗組員のうち何カ月かで亡くなった人が二人、あとの21人は60過ぎまで無事に生きてから
亡くなっています。
福島の何億倍もの放射線を浴びたであろう、このだい5福竜丸でさえ、発癌との因果関係は立証されていないんですね。

さて、今回、福島牛からセシウムが検出され、これを食べてしまった人がいるって、大騒ぎですが、
今回のセシウムの量では、先日の大腸菌のリスクからすれば、なんの問題もないレベルだそうですよ。
たとえ牛一頭を全部食べても、大腸菌の危険度の100分の一くらいだそうです。
そう言っている科学者を信じれば、なんの、問題もないと考えることができます。

危険だ、危ないと言っている人の話しばかりを聞いて、取り上げて、これを逆に安全、心配ないと言っている人の
意見はあまり取り上げないのはおかしい。
危険と言ったほうが、ニュースとして面白い、ただそれだけで、偏った取り上げ方をしているマスコミの責任は
重い。

最近、学校のプールが使えない為、うすい百貨店の隣のスポーツクラブの室内プールを借りにくる学校が
多く、当店の前を多くの小学生が通って行きますが、全員、長袖、長ズボン、そしてマスク、なんとも
暑苦しいかっこうです。過剰防衛ではないかとかわいそうなくらい。

わたしの小学校時代はランニングシャツに半ズボン、サンダルでよく市民プールに通ったものです。
そのプールの帰りに真っ赤なイチゴシロップのかき氷を食べるのがなんとも幸せだった。
今の子供たちはほんとにかわいそう。逆にストレスを抱えてしまうのでは?と心配です。

人はリスク0では生きれない。死につながるリスク、高い順に、タバコ、ストレス、食べすぎ、飲みすぎ、
運動不足、睡眠不足、交通事故、放射線は100番目くらいだそうです。

心配な御母さん方、もうちょっとだけ、楽に考えませんか!
DSCN1075.jpg
少し楽観的になれるフルーツピザです。

縮む福島

10日日曜日の朝日新聞は福島特集でした。
震災後の福島がいかに縮小してしまったか、詳しくかいてあります。
4万人もの人が県外に転出、5万人もが失業、求人もないから、県内高校生は福島を出るしかない。
果樹園は来場者が9割減、修学旅行生の福島宿泊も9割減。
福島の観光スポットは軒並み、半減の落ち込みよう。

どうしようもなく、縮んでいく福島。売上がよくなる訳がない。
でもここで頑張っていくしかない。厳しい現実が忍び寄ってくる。

人口が減り、経済が縮小していくなかに、如何に商売をしていけばいいのか?

幸いにして、まだ、当店は半減までの激しい落ち込みにはなっていませんが、売り上げ減は間違いない現実。
起死回生の策もなく、茫然としているわけにもいかない。

居酒屋メニューを増やして、夜の売上を上げたいところだが、近隣の居酒屋さん、そうとうに苦戦しておられます。外で飲むという行為は相当に経済的余裕がないと、できない。
居酒屋さんの客足もかなり鈍っており、夜の戦略も難しい。

やる前に難しいと言っていてもはじまらないので、なんとかしなくちゃと思うのですが、機敏な行動が
できなくております。
明日はどっちだ!
DSCN1097.jpg
孫たちに明るい未来を!!泣くな!泣くな!

低視聴率時代

今、テレビ番組は低視聴率の時代だそうです。確かに、今見たい番組がないです。特にテレビドラマの質が
かなり落ちているように思います。

私が高校、大学の頃のテレビドラマは倉本聡や山田太一、向田邦子といった素晴らしい脚本家がばんばん
ドラマを書いてまして、それはそれは素晴らしいテレビドラマのオンパレードでありました。
倉本さんの「北の国から」「うちのホンカン」「前略おふくろ様」
山田さんの「岸辺のアルバム」「男たちの旅路」「ふぞろいの林檎たち」
向田さんの「あ、うん」などなど。傑作ドラマを夢中で見て、いつかは脚本家になりたいなどと
夢見ていたのでした。

特に山田太一の「早春スケッチブック」は大傑作で、平凡な家庭を守ることこそ幸せと思っているサラリーマンと
平凡などつまらん、波乱万丈こそ男の生き方、サラリーマンなんぞまったくつまらんと思っているカメラマンとの
みごとな対比が実に面白くて、いつも興奮しながら見ていたことを覚えています。

今、この3人のような素晴らしい脚本がいなくて、テレビドラマも不毛の時代。
昔はテレビドラマで感動し、涙したものでありました。DSCN0998.jpg
お持ち帰りピザを御家で食べながら、テレビを楽しんで下さい。

ピンチ!ぴんち!

先日の豪雨での浸水、エアコンの室外機と室内機の接続パイプが問題ではとの指摘で、三菱さんに来てもらって
点検してもらった結果、エアコンには何ら異常なしとのこと、やはり壁だろうとのことで、
再度、工事屋さんに壁の点検を依頼することになったのですが、忙しくて、いつ行けるかわからないと言われて
しまい。

また、豪雨がきたらまた浸水するはずで、いったいどうすればいいのか、大家さんにいっても
なかなか事が進まず。

今頃になって地震の被害が襲ってきた感じです。
ひたすら豪雨が来ないことを祈るのみです。

神は信じてないが、こんな時は急きょ信じて、助けを求めるしかない。
なんと人間は無力なのだろうか、。。

財源不足は宗教法人で、

復興には相当なお金がかかる、はやく福島にもお金をまわしてもらって、復興に取り組んでほしい、
なのに、復興大臣もそれを選んだ首相もまったくその気が無いようで、被災地は怒り心頭。

復興の財源は東電にはとうてい無い。無いから国が税金で補う。これはおかしい。
中村うさぎという作家がいて、復興の財源は宗教法人にも課税してそれで14億くらいはすぐに用意できるはずと
言ってます。
何万もの宗教法人があって、この法人は税金を払っていない。これはおかしい。本当におかしい。
宗教活動は利益を追求してないから。そんなばかな、
企業も利益を生んで、はじめて社員が生活していける。
お坊さんも宗教活動で得たお金で食事したり、服を買ったり、車買ったりしている。
どこが違うと言うのか?

中村うさぎさんの言う通りだとおもいます。宗教法人よ税金を払って、被災地を救いましょう。

お経を読んで、お金をもらうのも、ピザを作ってお金をもらうのも一緒。だからみんなで平等に
納税の義務があるはず。

今度の大臣はそんなところも考えて、財源をつくって、ちょっとは知恵をだしてほしいなあ。

踏んだり蹴ったり、松本大臣大馬鹿野郎

今日はバケツをひっくり返したような、ものすごい大雨の中、店に着くと、店は水浸し、特にエアコンの真下が
びっしょり、エアコンの裏から水が溢れて来る。
どうやらエアコンの室外機と室内機をつなぐパイプに地震で亀裂が入り、そこから今朝の大雨が入り込み、パイプをつたって、店内に浸水のもよう。

おかげで、店は大混乱、開店には間に合わないかもと心配しながらも必死でかたずけ、なんとかオープン。
開店時間前にもう疲れ果て、おまけに朝飯を食えず、それからいろんな工事の人や、大家さんが出たり入ったり、
けっきょく、昼飯も食えず、今11時、今日初めての食事がこれから、もうげんなりです。

地震で痛めつけられ、今度は大雨で痛めつけられ、こんなに苦しんでいる被災地に松本大馬鹿大臣は
「俺は御客様だ、もっと接待をしっかりやれ!」とほざいて、首になり、
大臣を辞めるだけでなく、国会議員を辞めてほしい。もう人間を辞めてほしい。
もうあの存在じたいを許せない。

どうして「一緒に頑張ろう!困ったことはなんでも言ってくれ!」と言えなかったのか、
被災しなかった人が、被災した人に、言う言葉か、

あそこで、知事に反撃してほしかった。あとで命令言葉はしてほしくなかった。などと言わず、あの場で
「私はあなたに命令される覚えはない、あんたを御客さまとして呼んだ覚えもない」
「すぐに撤回しろ!」と叫んだら、かっこ良かったのになあ、

とにかくいろんな意味で疲労困憊の一日でした。

松本復興相は即辞めろ!!

松本復興相のあの発言だけは絶対に許せない。「知恵を出さない奴は助けない」
思い上がりもはなはだしい。勘違いも甚だしい。
だいたい助けてやるという考えがおかしい。
税金を自分のお金と勘違い。

被災地を助けるには、お金が必要。そのお金とは、国民の貴重な税金。これを振り分けるだけが、政治家。
政治家のお金ではなく、国民のお金。政治家はそれを振り分けているに過ぎない。
なのにあの偉そうな発言はなんなのだ!上から目線の言い方は何なんだ!

ただ偉そうに、税金を振り分けているだけの政治家より、被災地で頑張っている人のほうがずっと偉いはず。
政治家の思い上がりには反吐がでる。即刻辞めてほしい。
辞めさせられない菅総理はもう人間の資格なし。民主党も存在価値無し!

自分が被災者だったら、知恵をださない奴などと言われてどんなに傷つくか!
そんなこともわからない政治家だいることに、本当に腹がたつ。
ちかごろこんなに怒ったことはない。

日本はこんなに人材のいない国だったのだろうか?ひたすらに悲しい!

築84年

当店の入っているこの高田ビルはなんと築84年だそうです、。古いけど丈夫、裏の続きの建物は壊れましたが、
なんとか、当店のスペースは大丈夫でした。
でもいろいろ痛めつけられたようで、排水管とガス管を交換ということになって、今日は一日工事でした。

定休日ですが、一日店にいたわけですが、やはり御休みでも来られる御客様はいらっしゃいまして、
その度に「すいません、今日は定休日です、」とお詫びしました。

毎週、休んでいて知らないだけで、こうしてやってきてくれるお客さまはいらっしゃるようで、誠に残念。

自宅兼お店の方は休んでいても、やっぱり来られる御客さまがいて、定休日でも家にいるとおちつかないのだと
言ってました。

なんにせよ、いつも当店を目指して歩いてきてくれる人がいることは、なんと幸せ。

この高田ビルもいつかは、老朽化のため取り壊しの日が来るのでしょうが、私の力が尽きるまで
頑張りますよ。よろしく!!DSCN1218.jpg
それはそれはおいしいと評判のオムライス。

さらば仲間たち

ベイジンという小説を読み終えました。これは真山仁という今売れっ子の作家が昨年の3月に書いた、原発事故をえがいた小説です。ちょうど1年前、福島の惨劇を予測したような内容にびっくりです。
チェルノブイリの事故でも、スリーマイルの事故でも、人類は原発を止めれなかった。
今度の福島の事故でもやっぱり原発は止めれない。より安全なものを作ればいいと考えている。
本当に愚かです。人間は。

今回の地震を機に、店を止めて行った仲間が大勢います。悲しい事です。放射線の元では仕事はできないと
考えたようです。
DSCN1223.jpg
当店の裏のカレー屋さん。まだ1年くらしか商売してないのに、残念です。
DSCN1224.jpg
鳥小町さんには、よく飲みに行きました。よく御昼に来てくれました。寂しい。
DSCN1225.jpg
近くの居酒屋さん、ここのスタッフもよく来てくれたっけ。
DSCN1226.jpg
ここの花屋さんには本当に御世話になりました。
DSCN1227.jpg
ここのバーは女性一人で頑張ってましたが、気力がなくなったのだそうで、残念。
この人たちの分までオレンジは頑張ります。Image002.jpg
灯りを消さないよう頑張るしかない。

さくらんぼ

DSCN1219.jpg
DSCN1220.jpg
DSCN1221.jpg
DSCN1222.jpg
今日はなんと贅沢にもさくらんぼでジャムつくりました。
さてどんなおいしいジャムになったかは、明日のお楽しみ
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク