カラオケ

FTVの「カラオケグランプリ」放送が終わってしまいましたね。
震災により、スポンサーの会社が降りてしまい、そのあとのスポンサーが見つからず、終了になってしまいましたね。残念です。
私はこのテレビに4回ほど出させていただき、大いに楽しませていただきました。
基本的に演歌の番組なので、ポップスを歌う私には厳しいものでしたが、それでも一度は8人抜きのチャンピオン
になれたこともあって、なんとか10人抜きのチャンピオンになるべく、もう一度チャレンジしたいと
思っていたので、番組終了はなんとも悲しい。

実はあの震災の日、NHKの「のど自慢」が福島で収録の予定だったのです。ひそかに出場を予定していた
私はまったく残念。
10年に一度くらいしかNHKはやってこないので、またとないチャンスでしたが、しかたないですね。
またいつか。チャンスが巡ってくるでしょうから、その日を楽しみに待っていましょう。

震災はカラオケファンをも、希望を奪い去っていったのですね。
DSCN0644.jpg
明日を信じて。せっせせっせとお仕事です!
スポンサーサイト

音楽仲間たち

当店のお客様は音楽好きが多いです。
70のおばあちゃんは大のプレスリー好き、ハワイのコンサートにも行ったとか、亭主はクラシックしか聞かない、私はロック専門と元気なおばあちゃんです。
ジャズの先生も来ます。私たち夫婦も依然、この先生にジャズボーカルを習ってまして、発表会にもださせて
いただきました。この先生、いまでも郡山のいろんなライブハウスで活躍中です。
ボーカルを習いたい方、紹介しますよ。

郡山では有名なフォークバンド、「ロッキーチャック」の方々も来られます。
このバンド、全員が三春町の役場職員。今でもこのバンドのコンサートは満席になるようです。

それから、昔、フランクシナトラのおかかえ運転手をしていた、元ギタリストのお爺ちゃんもたまに
来店されます。
アメリカでギターの修行をしている時、ニューヨークのライブハウスで演奏している時、
シナトラの運転手が急病で、かわりを探していると、バンド仲間が聞いてきて、応募したところ
偶然採用になり、3か月くらいシナトラと行動をともにしていたそうです。
俺の英語はシナトラじこみだと、自慢してました。

音楽好きな私は、こんな風に、同じ趣味趣向を持ったお客さんたちがきてくれることを
とてもうれしく思っています。
これも店をやっていてこそのことと、感謝しているのです。
音楽好きのかた、ぜひ声をかけて下さい!
DSCN0866.jpg
ロッキーチャックのドラマー、佐久間さんの前で歌うマスター

明暗クッキリ

今回の震災で売上が下がった業種、上がった業種、明暗くっきりであります。
上がった分野、中古車屋さん、建設業、電気屋さん、これら壊れた物の買い替え特需がかなりあったようで、
うらやましい。

逆に下がった分野、観光業、飲食業、農業、漁業、林業、これらは散々な目にあっています。
今年を乗り切れるのか!

でも震災にもめげず、売上をのばしている、うらやましい飲食店もあって、やっぱり底力の違いでしょうか。
当店はやはりかなりの前年割れの現状でありまして、
なんとかこの現状を打破すべく、いろいろ思案中であります。
頑張らねば!
DSCN0583.jpg
頑張る時にはおおいに食べて、飲んで!

少年時代

最近ユーチューブで昔のテレビドラマやテレビアニメ、怪獣映画などのダイジェストを見て、思い出に
浸っております。
テレビドラマは「われら青春」とかの青春もの、「柔道一直線」などのスポ根ものなどが大好きでした。
アニメでは「エイトマン」とか「スーパージェッター」などのヒーローものと、「タイガーマスク」
「巨人の星」などのスポ根ものがやっぱり好きでした。

怪獣映画もよく見ました。夏休みとか冬休み、映画館にいくのが楽しみで楽しみでゴジラやガメラ
大魔神なども好きでしたが、「サンダ対ガイラ」というフランケンシュタインの兄弟の映画が
一番印象に残っています。

我が少年時代は楽しかった。夏休みなどいとこたちと、映画に行ったり、プールに行ったり、
花火したり、蔵王や山寺はよく行きました。

あー昔を思い出してばかりいてはいけません。
前を見ないと。

H000043554_Q002_20090323135830.jpg
たまにはオレンジで思いでに耽ってみては?

人気メニュー

黒セサミスパゲッティ
煎りゴマ、すり胡麻、練り胡麻を調合して作った超濃厚スープの激うま新感覚スパです。
当店人気ナンバーワンの一押しメニューです。
H000043554_Q007.jpg
生ほうれん草スパ
茨城県の農家から直接仕入れた新鮮サラダほうれん草をふんだんに使った超ヘルシースパ。
女性に特に人気です。
H000043554_Q011_20090325233638.jpg
マルゲリータピザ
ピザの王道、マルゲリータ王妃がこよなく愛したシンプルピザです。
超激うすの生地でパリパリサクサク、新鮮トマトとバジルがたまらない。
H000043554_Q017.jpg
チーズ焼きハンバーグステーキ
160グラムの牛ひき肉をつかった、ボリュウム満点のメニュー。
ハンバーグにたっぷりチーズとホワイトソースとデミグラスソースをたっぷりかけ、オーブンで
じっくり焼き上げるから、もうほっぺた落ちること間違いなしです。
H000043554_Q010.jpg

草取り

私の自宅の隣が公園になってまして、普段は3か月に1回くらい町内会で草取りをしてるのですが、
今年はどこの公園も放射線が高いだろうとの事で、中止です。
そのため、この隣の公園は荒れ放題、草ぼうぼう。もちろん、遊びにくる子供もいない。

そこで見るにみかねて、夫婦でこの公園の草取りをほぼ1日かけてやりました。大きいビニール袋に40個以上もの残骸ができまして、なんとかすっきりです。

でもこの草たち、人間が勝手に雑草と言っているだけで、植木屋さんなどで売っている草花と同じ植物なのです。
もちろん、この草たちが酸素を作っていてくれるおかげで、人間は生きていける。
なんて人間は勝手なのだろう。

自分の家の庭には、わざわざ植物を買ってきて植えるくせに、ほかの植物は勝手に雑草と呼んで、刈り取ってしまう。雑草と売っている植物の違いは、その人の好みの眼線で美しいかそうでないかの違い。
見た目だけのこと。

この人間の驕りが今、地球の逆鱗に触れている!

DSCN1287.jpg
子供たちの清らかな想像力も、月日とともに、汚され、経済優先で、荒んでいく。
いつまでも少年ような清らかさがほしい。

正しく怖がる

最近、関東地方のあちこちでホットスポットが見つかって、大騒ぎしてますが、なぜ放射線を怖がるのか、
これを整理して考えてみると、ようは、放射線を浴びると癌になる確率が増すのではという恐怖だとおもいます。

そこで人間はなぜ癌になるのかを調べると、その原因の多くは活性酸素。この活性酸素はもちろん放射線でも発生するが、タバコやストレスでも多く発生、なによりも普段普通に暮らしていても、一日に10億個くらいが
日常的にできている。この活性酸素がDNAの遺伝子を傷つける。
普通の暮らしをしていても、1日に10万個くらいのDNAが損傷している。

でもそのほとんどは、免疫力ですぐに修復されている。でもたまに修復できなかったものがあってそれが突然変異して癌の原因になる。
その突然変異した細胞は癌になることもある。でもここで人間の身体のすごいのは免疫力でこの癌細胞はほとんどが自爆してしまうのです。この免疫力をもつのが免疫細胞。
普通の生活をしていても1日千個の癌細胞ができているが、これをすべて免疫細胞がすぐに殺していてくれる。

でもごくたまに癌細胞が免疫細胞をすり抜けて、自爆もせず、本当の癌になってしまうことがある。

年齢とともにこの免疫力は能力が落ちていって、だいたいが90ちかくで癌に負けて寿命を迎えるわけです。

この免疫力を落とす原因の1位はストレスとタバコ、放射線はそれに遠くおよばない。
だからやたらと恐れる必要はないのです。

人間には防衛本能がある。この防衛本能を高めてくれるのが、低線量の放射線らしいですよ。
もちろん高線量の放射線は怖いですが、毎時10マイクロシーベルトまでは大丈夫なことが
小動物の実験でわかっているそうで、人間は小動物よりもはるかに免疫力が高いので
なお大丈夫だと言っている科学者や医学者もたくさんいますよ。
大丈夫などと言うと責任問題になるので、マスコミは言わないだけ。
なによりもあのラジウムをかかえて何十年も暮らしていた人は元気なのはその証拠、まさに
人体実験をしたようなもの。
みなさん、正しく怖がりましょう。
DSCN1285.jpg
おいしい食事も免疫力を上げてくれます。

食の安全

「もしかして、福島の野菜とか使ってないですよね」などと聞かれることがたまにあります。
「基準値を下回ったものだけが、出回っているはずなので、県産のものも使ってますよ」
と答えます。
「ほんとに基準値を下回っているのかなあ、国の基準値って信用できるのかなあ」
と、なお不安に思うかたもいらしゃいます。

信用できないとか、不安とか言っていたらきりがないし、それでストレスをかかえて病気になったら
そっちの方が心配。

かつて、BSEとか、鳥インフルエンザとか、工業用の汚染米とか、大腸菌のユッケとか、
いろんな食の安全が問われた問題がありましたが、
今回の低レベルの福島の放射線はそのでれよりも危険度は低いです。

みんなで福島の米、野菜を積極的に食べましょう!DSCN1284.jpg

syo

スーパーおばあちゃん

当店の近くにはスポーツクラブがあって、その帰りに寄ってくれるお客様も多いですが、このスーパーおばあちゃんもその一人。
このおばあちゃん、90歳でほぼ毎日500メートル泳いでいるとか、先日は若い男にぜひ泳ぎを教えてほしい、
ついてはそのへんでぜひお食事でも!とナンパされた!と喜んでました。
「私は若い頃はもてなかったけど、最近はもてるんだー」と自慢してました。
確かに90歳とは見えず、かなりの美人。もてそうです。

若さの秘訣、元気の秘訣は、泳ぐこと、歩くこと、おいしいものをいっぱい食べること。
このおばあちゃん、当店のマルゲリータが大好きです。
ワインを飲むこと、いっぱい寝ること、ピアノを弾くこと、絵を描くこと。本を読むこと。
くよくよしないこと。
まあいっぱいあるようです。秘訣が。
あやかりたいですなあ。
H000043554_Q017.jpg
スーパーおばあちゃんご推薦のマルゲリータ。赤ワインと一緒に!!だそうです。

進化

DSCN0490.jpg
当店は11年前、「オレンジカフェ」というカフェという業態でデビューしました。
朝8時から営業し、モーニングメニューもやってまして、主に喫茶メニューを中心に
珈琲のメニューなどもストレートコーヒーやアレンジ珈琲など、幅広く揃え、閉店は8時で
ほんとに昼中心のドリンク中心で始まりました。

でも売上のほとんどがランチメニューで、珈琲の売上はほんとに少なくて、この先どうすればいいのだろうと、
頭をかかえる日々でした。

悩んだ末に、思い切ってドリンクメニューを縮小し、ランチメニューを強化。
それまで5種類だったランチを16種類に拡大。
喫茶からお食事の店に業態変更。

その後に、さらにオリジナリティを強化すべく、胡麻(せさみ、セサミ)に注目。
黒セサミスパを考案、ピザにも生地に胡麻を混ぜ込んで、胡麻料理に特徴を見出し、
名前も思い切って、(セサミダイニング)に変更。
セサミダイニングオレンジとして今日までやってきたわけですが、
ここにきて、さらに進化しなければと、考えている日々です。

夜の営業が極端に弱いので、ここを強化したいのです。どうすべきか?悩んでおりますです。
ランチはこのままで、夜の営業形態をどこまで変えられるか?
試行錯誤しております。
迷える太った、夫婦です。

危機をのりきる!

今日いらしたお客様は日大の近くで学生向けのアパートを経営されている方。
3月の地震で、もう入居を契約されていた、新入学生が相次いでキャンセル。
学生向けのアパートはどこも空き室がいっぱいだそうです。
少々値下げしたって、一向に埋まらないそうで、「いやー困った」を連発されてました。
特に子供相手のご商売の方々は危機に直面しているようです。

オレンジも9月、10月と危機的状況です。穏やかな毎日でありまして、まったく困った。
先輩のレストランも穏やかだそうですが、「今、こんな世の中だからしょうがないでしょう。あせっても
しかたない。」と言ってました。

危機を乗り切るにはどうすればいいのか?
現状維持でいいのか、思い切った改革が必要か?
悩んでおります。
私の心はぶれまくり。どっかの首相みたいだ。
DSCN0497_20091212221957.jpg
心強いお客様がいてこそのオレンジです!!「オレンジカフェ」から「セサミダイニングおれんじ]に
一度改革したのですが、再度、大改革が必要かもと、ぶれまくっております。

幸福の黄色いハンカチ

テレビドラマの「幸福の黄色いハンカチ」を見た。がっかりした。
昔の高倉健の映画とはまったく違う、安っぽいものになってしまっていた。
どっちも同じ山田洋次監督の作品だったのに、
なぜ山田監督は、こんなにも陳腐なものを作らねばならなかったのか?

山田監督も年をとって老いてしまい、力を無くしてしまったのだろうか?

同じ素材をつかって作り上げても、まったく違うものになってしまう悲しさ。

みなさん、ぜひレンタルで高倉健主演の映画「幸福の黄色いハンカチ」をご覧ください。
ものすごい感動に襲われることでしょう。

年を取ると感性が鈍ってしまうのだろうか、人はだれでもピークを迎える時期がある。
ピークを迎えた時と同じ力を維持するのは難しい。
スポーツ選手などはそうして引退していく。

山田監督もあんな陳腐な貧相なテレビドラマを作るくらいなら、引退して、静かな老後を
楽しむべきだったのではないだろうか、。
山田監督が大好きだっただけに、少々悲しい。

これは倉本聡さんや山田太一さんにも言える、最近の作品はあきらかに、レベルが落ちてしまっている、。
倉本さんは「北の国から」がピークだった。
山田太一さんは「早春スケッチブック」がピークだった。

小説の作家さんたちもそう、絶頂期の力を維持した作品を発表し続ける事がいかに大変なことか。
音楽家もそうです。もしかしたら料理人たちもそうなのかもしれない。
同じおいしさ、同じ味を維持していくことは、、相当に困難なことなのかもしれない。
DSCN0590.jpg
オレンジのおいしさは永久に不滅です。

マスコミの大罪

先日の世田谷のラジウム騒ぎ、危険危険とマスコミは報道してましたが、ちょっと違うでしょ。
あのラジウムをかかえていた家の人、年十年とラジウムと一緒に暮らしてきて、しかもベッドの下にあったというから、すごい量の放射線をすぐちかくで浴びてきて、高齢にもかかわらず元気にくらしてきたという。
近所の家の人達もまったく元気に過ごしてきたという。
これこそ、ある程度の放射線は身体に良いことの証明ではありませんか。

こんな事実をマスコミなぜ報道しないのか。
チェルノブイリの立ち入り禁止地区のねずみを捕獲して研究したら、驚くほどに免疫力が高まってものすごく
元気になっていたと、イギリスの科学者が発表しましたが、
これも一部のマスコミでしか報道されなかった。

放射線は人類よりはるか昔から、この地球に存在し、今もごく自然に存在しているもの。
いままでは放射線を測るなんて習慣はまったくなかったからきずかなかっただけ。
3月11日以前にもちゃんと存在していたものなのです。
世田谷のような処はきっと、全国にいっぱいある。
測らないからわからないだけ。

温泉地帯にいけば、必ず高いし、飛行機に乗れば、それだけでかなりの量の被爆をします。
パイロットは毎日、高い空でかなり放射線を浴びていても、みんな元気。

岩盤浴にお金をだして入って、いっぱい放射線を浴びて帰ってくる。みんな健康。

マスコミは「放射線は身体にいい」と言っている科学者や医学者をもっともっと報道すべきです。
危険と言っていればあとで何かあっても責任問題にならないと逃げているだけ。
もっと勉強して、リスクをかかえてでも「放射線ホルミシス」をもっと大々的にとりあげるべきと思います。

お客さんでピアノ教室をやっている人、生徒がみんな避難しちゃってもうやっていけないと嘆いていました。
教材販売をしているお客さんは、新学期用の教材が、子供がかなり減ってしまい、大量の在庫をかかえ、
もうやっていけないと嘆いていました。
これもそれもみんな「低量でも放射線は危険」と報道したマスコミのせいです。
「低量放射線は安全、しかも身体にいい」これを信じましょう。
大阪大学の中村仁信教授によれば毎時5マイクロシーベルトまでは安全、健康に良いそうです。
年間100ミリシーベルトまでは低量と考えてよいそうなので、安心しましょう。
避難する必要なないですよ。
Image002.jpg
避難したらオレンジに行けなくなっちゃうじゃないか!
近くの神社のご家族も避難してしまって、なんとも情けない。みんなを守ることが仕事のはずなのに。

全ては人の為に

人間は自分の為だけには働けない。人の為だったら働ける。
自分一人の為に料理を作っても本気にはなれない。
他に食べてくれる人がいて初めて、本気をだして料理にとりかかれる。

うまい絵だなあと言ってくれる人がいて、画家がいる。
感動しました、と言ってくれる人がいて、映画監督がいる。
おいしかったです!と言ってくれる人がいて、はじめて、オレンジのマスターとママがいる。
すべては人の為、お客様のため。
DSCN0637.jpg
この笑顔もすべて、、、、、

石枕

ある山奥の村にひと組の夫婦が住んでいた。この夫婦は迷った旅人をいつも温かく迎え、食べ物を与え
酒もふるまっていた。
でも、この夫婦は、この旅人が満腹になって熟睡した処を狙って、この旅人を殺害し、金品を奪っていた。
旅人が寝た枕は石の枕、この石枕の旅人の頭を撲殺していた。

夫婦には一人の優しい娘がいた。この娘は両親のこの行為を知って、驚き嘆き悲しんだ。
なんとかこの行為を止めさせたい。

ある晩、やはり旅人が寝行ったとき、娘がこの旅人とすり替わった。
夫婦はそれとは知らず、暗闇で石枕の頭を撲殺。
殺したあとに娘と知って。あーーーーーー。

これが因果応報のもとになった、石枕のお話です。

悪い事をすると、必ず自分に帰ってくる。あー恐ろしや。DSCN1173.jpg
おいしいものを食べて、人生を考えましょう。

ついでに

ついでに富士山に登る人はいない。富士山に登ろうと、決意してやって来た人だけが、登る。
「禁煙です。」と言って帰ってしまう人は、オレンジで食事するのはついでであって、主な目的は
タバコを吸うことにある。

当店はオレンジで食事することを目的としてやってきてくれる人が
お客さんであってくれれば、大変うれしく思います。

ついでにより、わざわざが嬉しいのはあたりまえ。
遠くからわざわざやってきて下さる、お客様、ありがとうございます。
当店はそんなお客様に支えられ11年であります。
ついでに寄っていただいても、やっぱり嬉しいです。
喫煙はよそにおまかせ。
お食事はぜひ、オレンジへ!
DSCN1109.jpg

価格破壊

昨日は地震の最中、浅川町で法事がありまして、お坊さんの長いお経を聞いて、その後、みんなで
料理屋さんでお食事、精進揚げをしまして、それが終わってから、せっかくの無料なので高速に
乗って、山形へ、
夜は山形の友人たちと駅前で酒飲みでした。
串焼き屋さんに行って、カラオケ行って、グデングデン。

その飲み会での情報では、宅配の弁当が200円とか、生ビールが1杯50円の居酒屋があるとか、
世の中は価格破壊。
880円のランチは高いのではと言われてしまった。

いいのです。世の中の流れが常に正しいわけではないし、価格競争で閉店に追い込まれた個人店は
数知れず。

私の店はゴーイングマイウエイです。DSCN1286.jpg
おいしい料理を適正価格で。

活性酸素

明日とあさって、お休みです。ご迷惑をおかけします。
ご迷惑のお詫びに、今日はいい話を一つ。
放射線が身体にあたるとどうなるか、人間の身体は70%が水。だから放射線は水にあたる。
そうすると、水の分子が壊れる。そして活性酸素が生まれる。
この活性酸素こそ発癌性の物質なのです。
活性酸素は放射線だけでなく、たばこやストレス、などあらゆる発癌性物質でこの活性酸素がでる。
この活性酸素は不安定な酸素、でもこの活性酸素、ウイルスや癌細胞も退治してくれる。良い面もあるが、
残念なことに正常な細胞まで攻撃してしまう、悪い面ももっている。

でも人間は免疫力があって、活性酸素をちゃんと減らしてくれる力ももっているから大丈夫。
活性酸素で攻撃された傷ついた細胞も素早く治してくれる。
だから放射線は恐れることはないのです。
郡山情報
最近大人気のデトックスパスタです。

臨時休業

10月10日と11日の2日間、臨時休業とさせていただきます。
妻の実家で義父の1回忌の法要があるためです。
人間、死んでからもいろいろあるのです。

今日、健康診断の結果きまして、中性脂肪はみごと正常値にもどりました、でもコレステロールが少ししか減ってなくて、まだ要注意です。

思えば震災があって、ガソリンが無くなって、バスで通勤するようになってから、ウオーキングをはじめたわけで、約半年の成果ですな。
人間、適度な運動と適度な飲酒をしていれば、認知症にはならないそうです。
がんばって歩きましょう。ほどよくお酒も楽しみましょう!
DSCN0444_20091118223801.jpg
おいしいものを程よく食べる。これも健康の秘訣!

何が幸せ?

アップルの創業者が亡くなりました。56歳の若さでした。
アップルという名前はもっとも尊敬するビートルズのレコード会社から取った名前だとか。
この人、巨万の富を築き、豪邸を手に入れ、名声を手にし、素晴らしい達成感とともにあの世に行ったことでしょう。
「明日死ぬかのように生きろ」と常に言っていたとか。
一時も休まらぬ人生でしたでしょう。こんなふうに常に120%の力で精いっぱい生きた人生はさぞ幸せ
でしたでしょうが、凡人にはまったく無理な話で、
やっぱり適度に休んだり、道草
DSCN1287.jpg
食ったり、物思いにふけったり、さぼったり、ゆっくりしたり、そんな生ぬるいこともしたりして
でないと身がもたない。
必死の生き方は私には無理のようです。
のんびり、あせらずの人生も幸福かも。
ほんわか温かい人生、そんなのがいいかな。

禁煙、波紋

ランチタイム、禁煙にしたことで、たぶん売上は1割くらい下がるかもしれません。特に女性の愛煙家の方は
まったく我慢できないらしく、禁煙お願いします!と言うと、みなさん帰ってしまいます。
でも男性の愛煙家のかたは、ほぼ全員が我慢して、禁煙に協力してくれます。

またランチタイムだけでなく、終日禁煙にしてほしいとの声も多数寄せられました。
夜に関しては、昼ほど込み合うわけでもなく、隣のタバコが気になるかたには、できるかぎり離れた席に
案内しますので、ご勘弁下さい。
もちろん込み合って、お子さんもいるような時には、例外的に禁煙を呼びかける対処もいたしますので、
よろしくお願いします。

たばこはお酒と違って、100害あって1利なし。みんなそれをわかって吸ってらっしゃる。
人間は弱い物なのですね。
原発も危険が巨大にあるのに、それをわかっているのに、やめられない。
あーなんて愚か。

DSCN0635.jpg
身体に良いピザ作ってます!

時間について

うちのお店がはじまって11年、震災から今日ではや7カ月。時間というものは着実に過ぎていく。
でもこの時間って、いったいなんだろう。これって考えると不思議です。
時間というものに形は無い。色も臭いもない。音もない。ただ感覚が感じるだけ、時計を見て、あるいは
カレンダーをみて、感じ取り、理解するだけのもの。
人の一生にもし、終わりがなければ時間というものは存在しないかも。
終わりがなければ始まりもないのだから、時間の無い世界なんてひどくつまらないものだろう。

人はみんな老化してやがて死んでいくから、みんな時間を気にして暮らしている。
つまり自分の人生が終わるまであと何年?何カ月?とか、終わりを意識するからこその時間です。

店にも閉店時間というものがあって、あるいは、昼休みにも時間の制限があって、みんな時計を気にしながら
生きている。

つまりは時間なんておおきくとらえどころなく考えると不思議になるが、結局は時間は自分たち人間が勝手につくって、それで自分たちの行動を制限しているにすぎない。
一分が60秒とかって、一日が24時間とかって、人間が勝手に決めたもの、日が昇り、日が沈むまでを
24で割る必要はなかった、10で割ろうが、30で割ろうが、勝手自由だったが、そんなふうに
人間がきめた。
1年を365日と勝手に決めて、人間は何歳とか言っているが、時間自体にそんな制約は無いから、
神様が私たち人間を何歳と思っているのかわからない。
だから寿命なんてものにもなんの意味もないのかも知れない。

時としてこの世の全てを人間が取り決めいるように錯覚してしまうが、大自然はそんな縛りにおかまいなしに
ちがう時間を支配しているのかもしれない。

休みの日の解放感もじつは時間から自由になった解放感かもしれない、。
昼飯をなんとしても45分以内で食べなければと考えなくていい。
あわただしいランチではみなさんにいつもご迷惑をおかけしております。
早くだしたいが、おいしくもだしたい。葛藤があるのです。
時間に縛られずに、おいしいものを提供できればいいなあと考える今日この頃です。
H000043554_Q011_20090325233638.jpg
このほうれん草も切ってすぐにはお出しできないのです。ある程度時間をおかないと、
フワットならないのです。

光合成

昔、大昔、地球の大気には酸素がなかった、だからオゾン層もなくて、太陽からの強い紫外線が満ち溢れていた。
そんな昔、海で生命の源が発生し、やがて藻のようなものになり、その植物の光合成でやがて、地球に酸素が生まれ、地上でも生物が生まれる環境ができた。
藻のようなものはやがて地上へと進化してきて、様々な生命の源が生まれ、やがては、進化して人間が生まれた。

つまり藻のような植物、海藻?のようなものが光合成という働きをしてくれなかったら、人間は誕生しなかった。
植物の光合成のおかげで人間は生きている。
その植物が今減っている。環境破壊が原因。環境破壊の源はすべて人間の責任。
人間が便利な生活を手に入れる為に、たくさんの環境破壊があった。

今、地球はそんな人間に怒っている、大地震も巨大台風も地球の怒りだ。
人間はもう、便利さをもとめて、これ以上自然を壊すことを止めなければいけない。
なんでオール電化が必要か?携帯が必要か?早くて便利で、簡単で、欲望には限りがない。

でも人間はおろかだから、科学の進歩が止められない。これだけの災難に遭っても、野田首相は
原発を止めないと言っている。
日本は広島、長崎、福島とおおきな代償を払ったのに、なにも学ばない。
産業が全てに優先。

今、みんなで、生命の根源を考える時です。

DSCN1292.jpg
難しい事を考えると腹が減る。腹が減ったらオレンジへ
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク