居酒屋デビュー

本日、オレンジの夜の営業は完全に居酒屋状態になってました。
約20名のお客様がご来店で、全ての方が、串煮込みをたべ、お酒を飲み、で、
狙いどうりの居酒屋状態でありまして。

居酒屋を目指し、串煮込みを始めて、約一カ月、初めて、居酒屋になれた感じです。
これが定着すればしめたものですが、まだまだ、これから、山あり谷ありでしょうね。

串煮込みで酒を飲み、最後はしめにピザを食べて、お会計。うれしいパターン。
これが続くように、努力します。

願えば叶う。これを信じて、精進です!
DSCN1375.jpg
提灯もさまになって来た?
スポンサーサイト

お酒を売るのは難しい。

お酒を売りたくて、居酒屋風のメニューを増やし、串煮込みもはじめたのですが、なかなか苦戦しております。
ホットコーヒーで串煮込み。
アイスコーヒーで串煮込み。
オレンジジュースで串煮込み。
なかなか狙いどうりにはいかないもの。

串煮込みでちょっと一杯。定着するまでには、まだまだかかりそうです。
11年かけてつくられたオレンジのイメージはやはり、お酒を飲みに行く店ではないのです。
お酒を飲みに、オレンジへ、そんなイメージはまだまだ先のようです。
DSCN1360.jpgお酒に合う、おつまみ、いっぱいあります!!

生きる本質

今、BSフジで「北の国から」を再放送してます。素晴らしいドラマなので、皆さん見て下さい。
このドラマの脚本を書いた倉本聡さんは、北海道、富良野で富良野塾という、俳優と脚本家を養成する
塾をやってました。
この塾は塾生はいっさいお金がかかりません。倉本さんが私財をなげうって作った塾で、塾生は自給自足の
暮らしをするのです。昼は農作業をやり、夜に授業があるのです。

この塾に入るには、かなり難しい試験があって、筆記試験や論文、面接を終えても最後に
生きたニワトリを殺して、毛をむしって、処理をして、その肉を食べるという試験があるのです。

人間の生きる本質は他の生き物を殺して食べるということ。その本質に真正面から挑める人間にしか
生きたドラマは書けない、という哲学があるためです。

普段私たちは、誰かに殺してもらって、自分の手を血で汚すことなく、肉を食べています。
そんなやわな人間には、脚本家にはなれないのです。

この、他の生き物を殺さないと生きていけないというシステムは神様がつくった、最大の誤りです。
このシステムがある限り、私は神を信じません。
もし本当に神様がいるのなら、人間は水と空気だけで、生きれる生物に作られていたはず。

私も脚本家になりたかったので、この富良野塾を真剣に考えましたが、やはり、生きたニワトリは
殺せません。そんなやわな人間です。
でも、わたしのかみさんは、小さい頃、家で鶏を飼っていて、昨年亡くなった義父は、生きたニワトリの
首をはねて、首なしでも走りまわるニワトリを捕まえて、これをむしり、肉にして
よく鶏なべを食べていたそうです。
だから、わたしより、かみさんの方が強いのです。

オレンジでも沢山の肉を扱いますが、日々命に感謝して、営業させていただいております。
DSCN1353_20111119222201.jpg
串煮込みにされてしまった、牛さん、豚さん、鶏さん、感謝しておりますので、成仏して下さい。

奇跡

うちのかみさん、奇跡を信じて、毎日、隣のみずほ銀行に両替に行くついでに、一枚づつ宝くじを買ってました。
でも、宝くじに当たるより、もっとすごい奇跡がわれわれ人間の身体です。

宇宙の塵、素粒子などが複雑にからみあって、突然変異を繰り返して、一個の細胞ができる確率は
一億の宝くじに100万回当たるより、ずっと難しい確率。
人間の身体には、その奇跡の細胞が60兆個あると言われています。
人間の身体はまさに奇跡の塊です。

だから、そんな奇跡を持ってしまっているので、それ以上の奇跡はもう起きない。
宝くじに当たることは遠い夢の話し。

でももし、宝くじに当たったら、ニューカレドニアの一番高いホテルの一番眺めのいい部屋に
滞在して、その部屋のバルコニーで、海を眺めながら、一日中、ゆっくり本でも読んでいたいものです。

年末年始は12月31日はランチのみ営業。
1月1日はお休み。
1月2日より、通常営業です。

クリスマスの約束

毎年、クリスマスの夜には、一年で一番楽しみな音楽番組があります。
小田和正の「クリスマスの約束」という番組で、年に一度、小田さんのもとに沢山の一流ボーカリストが
集まって、それぞれの代表曲を全員で、大合唱、大コーラスを繰り広げるのです。
これはもう、大感動の素晴らしい番組で、毎年、涙、涙で感動しながら見ています。

毎年、12月20日くらいから25日まで、かなり忙しい毎日で、25日のクリスマスを終えて、家に帰ってきて
この「クリスマスの約束」を見ると疲れがいっぺんに吹っ飛ぶのです。
音楽の力は本当に偉大です。

明日からは、また少し静かになって、1月2日からまたかなり忙しい毎日が待っています。
3月の震災から、どうなることかと、必死で頑張ってきて、なんとか無事にクリスマスも
できて、また去年のように「クリスマスの約束」も見れて、
今年一年、なんとか乗り切ったなあ、、、って感じですね。
DSCN1202.jpg
音楽の力、美味しい物の力、いろんな力を与えたい。

お家でクリスマス?

今年のクリスマスは予約が大変少なくて、心配してましたが、フリーのお客様が沢山ご来店で、ホットしております。向かいの駐車場もがら空きで、今年はお家でクリスマスの方が多かったのではないでしょうか、

30代、20代の男女に調査したところ、今付き合っている人がいない、と、答えた人が60%もいて、
彼女、彼氏が欲しくないと答えた人も半数以上だとか。
年年、結婚しない人も増えていて、シングル化しつつあります。
ライフスタイルの多様化でしょうか。

オレンジでは昨日と今日、あつあつカップルで溢れていました。
あつあつカップルはあまり、お酒を飲まないのです。
食事が終わったあと、真剣に愛を確かめ合う為?でしょうか?
DSCN1350_20111119222202.jpg
明日も空席あります!待ってます!

東大 児玉教授

昨日、あるお客様に怒られました。
「あなたは放射線がそれほど危険ではない、とブログに時々書いているが、東大の児玉教授の
話しを聞いた事があるのか、ないならインターネットのユーチューブで聞けるから、ぜひ聞きなさい」
そう言われまして、さっそくネットで児玉教授を検索、見てみました。
すさまじい怒りの発言、すさまじい熱意を感じ、茫然としました。
みなさんもぜひご覧になって下さい。

今の福島を救えるのはまさにこの児玉教授しかいないと感じました。
福島の子供たちの未来を真剣に考え、真剣に心配している姿に感動しました。

それに比べて、今の政治家たちはいったい何をしているのか!児玉教授の話をよく聞いて大いに
反省してほしい。

今年は予約が少ないです。でもフリーでのご来店がちょこちょこあって、なんとか
串煮込みも活躍中です!
串煮込み、ぜひ、ご贔屓に願います。
DSCN1368.jpg

熱燗で免疫力アップ!

生活習慣病のお医者様、「身体を冷やすのが良くない、冬、寒いと風邪をひくのは、寒くて体温が下がり、
免疫力が下がるから、冬はゆっくりお風呂に入って、体温を上げて、免疫力を上げると風邪をひきません」
「熱燗で温まるのもありですか?」
「これほどよい薬はありません」と、おいしそうに熱燗を飲まれました。
みなさんも熱燗で免疫力を上げましょう!
DSCN1370.jpg

きちがいに刃物

今、北朝鮮が危険。なぜなら、若いバカ息子が核兵器を自由にできる立場になってしまったから。
まさにきちがいに刃物状態。
刃物は料理人が持てば、それは、おいしい料理を作ってくれる道具になる。でもきちがいが持てば、
殺人の道具、兵器、武器になってしまう。

人間はばかです。こんなおそろしい兵器を作ってしまい、世界中の核兵器が発射されれば、人類は滅びてしまう。
きちがいだけ滅びればいいが、多くは、慎ましく、普通に暮らしている人達が危険にさらされる。

せえの!の一言で、世界中が一斉に核兵器を放棄する。それができなければ、永遠に戦争は終わらない。
真の平和はこない。

いったい誰が、この「せえの!」の一言を言ってくれるのだろうか。
今の日本の平和はにせものかも?DSCN1350_20111119222202.jpg
オレンジのおいしさは本物です!

仮想 最強紅白歌合戦

いよいよ年末、年末は紅白か格闘技ですが、最近はどちらも面白くない。特に紅白はまったくつまらない。
出場歌手に魅力がない。そこで、もし、私がNHKの会長だったら、こんなメンバーに歌ってもらうのに!
白組
 佐野元春、さだまさし、久保田敏信、小田和正、桑田圭介、矢沢永吉、スターダストレビュー
 長淵剛、BZ、渥美清、チャゲ&アスカ、浜田省吾、山下達郎、ブルーコメッツ、中西靖、
 徳永英明、吉田拓郎、井上陽水、小椋圭、河島英吾、アリス、尾崎豊、など、、

紅組 
 竹内マリア、ユーミン、中島みゆき、広瀬香美、やまがたすみこ、倍賞千恵子、ミーシャ、山口百恵、
 沢田千賀子、辛島みどり、大田弘美、岩崎弘美、キャンディーズ、ドリームカムツルー、
 渡辺美里、森高千里、高橋真理子、ピンキーとキラーズなど、、、

さあどうでしょう!こんな紅白みたいですよね!!

除染って?

今、放射性物質の除染活動が盛んで、それを仕事にする人も増えています。
でも放射性物質はどうやっても消えて無くなることはありません。
単に移動するだけ。ひまわりを植えれば、ひまわりに移動。
水で流せば、洗い落とされて、土壌に移動、そして、地下に移動。
地下から川へ、そして海へ、拡散していく。

要は除染とは、拡散させること。原子炉の汚染水も最終的には、海に流して拡散させるしかない。
どうやっても、消えないのだから、そうするしかない。
その汚染水が今もどんどん溜まって増えている現状なのに、政府は収束したと言っている。

セシウムの半減期は25年。25年たっても残った半分の半減期がまた25年、でもまた半分が残る。
放射能を出し続ける。永遠の負の連鎖。
そう簡単に収束なんて言ってもらっては困る。

まずは国会を、国会議員の住居をみんな福島に移しましょう。そして、全て、福島で議論したらいい。
東電の本社ビルも福島へ。東電の社員も全員、福島へ。
まずはそこから始めましょうよ。
当事者の立場にたって考えないと、、、、

お腹が空くって

今日のお昼のお客さま、
「この店に来ると、いつも急にお腹がすくね!」ですって、うれしいじゃないですか、
「この店に来ると、いつも、注文迷うんだよなあ、どれもおいしいから」ですって、うれしい。

今日の夜の宴会のお客様、
「今回の飲み会は、今年一番でしたね、でるもん、みんな美味くて」ですって、最高にうれしい。

また明日も頑張るぞ!忘年会、まだ空いてます。宜しく!
DSCN1334.jpg
串煮込み。おいしく煮えてます!

自分の心

自分の心と書いて、「息」となります。つまり呼吸ですね。
心の動きはすぐに呼吸に現れる。
心を落ち着ける時、深呼吸します。気合いを入れる時、大きな声を出します。
がっかりした時、ため息がでます。
驚いたとき ,悲鳴がでる。
DSCN1360.jpg
空手の修行のひとつ、息吹というのがあって、力いっぱい息を吸って、力いっぱい吐く。
これで内臓を鍛えるのです。
呼吸は大事。心につながっているのですね。

福島へ帰っておいでよ。

奥さん、子供を避難させているお客さんが多いですが、みなさん、どれくらいの期間、離れているつもりですか?
と聞くと、成人するまでずっと、と答えられます。
まったく人生設計が狂ってしまったのですね。家族が一緒にいられない。普通に勤めていても、大企業の
場合、転勤で単身赴任になるケースは少なくないですが、
放射線を心配するあまりに離れ離れにならなくちゃいけないのは悲しい。
放射線に対する危機意識は個人でかなり差がありますね。どういう意識が正しいのかわかりません。
自分のように、安全と語る科学者の意見を聞いて、あまり危機意識を持たない人もいれば
ちょっとでも危険という学者を信じて、子供は絶対に福島に置かないと決意している人。
しかも避難先では、そういう人たちで固まって暮らしているから、なかなか考えを変えられない。

家族が離れていることでのストレスの方が身体には悪いはずですが、やはり子供を守らねばという
意識の方が強くて、この現状を変えられない。

東電は補償問題の裁判では、放射線の安全性を訴えているようですが、ほんとに安全ならば、それを徹底的に
証明して、みんなを安心させてほしい。
今、瓦が壊れた家の屋根を守ってきた、ブルーシートの廃棄処理が問題になっているそうです。
放射線をかぶったブルーシートの捨て場所がないのだそうで、みんなビニール袋にいれて
ただそのへんに置いておくしかないとか。

様々な問題、福島に帰れる日はいつ?
DSCN1353_20111119222201.jpg
串煮込みが福島名物になれたらいいなあ、、、

hukusima

イメージ

人は皆、お店をうまく使い分けしているのだと思います。
あそこはランチのお店、あそこはディナーの店。あそこは一杯やるお店とか。
あそこは昼に利用する店、あそこは夜行く店。そんな使い分け、やってますよね。

当店はやっぱり10年かかって、築きあげた昼の店というイメージがありまして、やはりランチのお店という
固定観念がみんなにあるのだろうなあと思います。

これからは、それを打ち破るにはどうすべきかと、考えねばと思っております。
昼も夜もお客さんがいっぱいのお店、それが理想。
オレンジは昼もよし、夜もよしと言っていただけるようなお店を目指しております。
DSCN1271.jpg
おいしいもの一杯ありまっせ!

宇宙人はいる?

江戸時代、初めて黒船がやって来た時、日本人はどんなにびっくりしただろうか?
今で言えば、突然宇宙船がやってきて、中から宇宙人が出てきたようなものだっただろう。

最近、地球と同じ環境の惑星が見つかって、話題になりましたが、同じような星は少なくても40万個は
存在するのだそうです。
この地球そのものが、奇跡の星。今の地球と太陽との距離がそもそも奇跡なのです。あと少し近くても、
あとちょっと遠くても、今の地球環境は存在しなかったのです。
絶妙の距離をおいているからこそ、生命が存在できる環境になった。

この奇跡の距離を置いて、恒星の周りを回る惑星が存在するなんて、それが40万個もあるらしいなんて、
奇跡がそんなにたくさんあるなんて、信じられないですね。

だから、オレンジが繁盛店になる奇跡がおきてもおかしくない。
オレンジの奇跡はあなたにかかっています。どうか宜しく!
DSCN1347.jpg
DSCN1348.jpg
DSCN1351.jpg
DSCN1355.jpg
DSCN1360.jpg
DSCN1370.jpg
オレンジでお酒が飲みたくなってきた!

いろいろお詫び

ランチタイム、1時半まで禁煙にさせていただき、愛煙家のかたにはご不自由をかけております。
申し訳ありません。
当店はランチタイムはお子様も多く、嫌煙権の方が強い、ご時世の為、ご理解下さい。

ランチタイムを今まで4時まででしたが、3時で終わらせていただき、5時までお休みにさせて頂きました。
3時過ぎにしか、来れないというお客様、ご不便をおかけし、申しわけありません。
夜の営業で頑張りますので、お許し下さい。

イタリアンとか、洋食とかのイメージが多少薄れ、串煮込みとか、日本酒をうりにしておりまして、
いままでのイメージとは、夜は多少、変わってきておりますこと、ご理解下さい。

当店のコンセプトはイタリアンではありません。
特定のカテゴリーにとらわれないことを、コンセプトにさせていただきます。
ピザ、パスタ、以外にも、おいしいものを多数取り揃えましたので、
どうぞ、ご来店ください。

ランチメニューは、今までと変わりませんので、ご安心を。
DSCN1380.jpg
提灯は合わないだろ!とご批判もありますが、遊び心とご理解下さい。

東電国有化は誰のため?

福島県のゴルフ場が、東電相手にいろんな訴訟をおこしており、全て、ゴルフ場が敗訴しているそうです。
売り上げ減の保障を求めての訴訟、一か所でもこれを認めてしまうと、次々に営業保障をしなければいけない。
そうすると、その補償金だけで、膨大な金額になる。
東電は国有化が決まった。何兆円もの大金、国民の税金を注入して、東電は守られる。
だから、裁判所は国の味方をして、東電の裁判は全て、東電が勝つようになっているのだそうです。

確かに、東電のもたらした放射線によって、その風評被害で福島のゴルフ場は、収益が減少。これは
東電の責任が間違いないのに、だれでもそう思うのに、裁判所はこれを認めない。
廃業してしまったゴルフ場もあって、いったい、誰のせいで、こうなったのか、明らかなのに、
誰も責任を取らない。国がとらなくていいと、言っている。

東電が国
ものになって、いったい誰が得するのやら、、、
DSCN1353_20111119222201.jpg
串煮込み、いっぺん、食べておくれやす!
今、中町では,あの「オレンジ」は血迷ったのではないかと、噂されているそうな。
パスタの店が提灯さげて、煮込みをうりにして
まったく、わけがわからないと。
受け入れてもらうまでには、いばらの道が続いております。耐えるのだ。
私のおじいちゃんがつくっていた、うまい日本酒「東光」、これが串煮込みに合うのです。
わかって下さい。

放射線よりやっかい?アスベスト

郡山駅周辺の幽霊ビル、大田病院、丸井、トポス、この3つの大きなビル、この際、解体しようという動きがあり、調査した結果、3つとも大量のアスベストがあることがわかり、当面、解体は中止されたとか。
アスベストは昔のビルによく使われていて、断熱材として利用されていたようです。
人体に有害、発癌性があることがわかって、最近のビルには使われていません。

郡山のこの3つのビルはどれも古くて、アスベストだらけ、解体するとなると、ビルをそっくり特殊なフェンスで
囲って、強力な吸引機でアスベストを吸いながら、作業をしなければならず、しかも、この吸いこんだアスベストは、特殊な方法で何重にも梱包して、地中深く埋めなければならない。
これには何十億円もかかる。その金がない。ということで、当分解体は中止なのだそうです。

福島県はいろんな意味で被害を受けたのだから、国から沢山、お金をもらって、一日でも早く、この3つの
幽霊ビルをなんとかししてほしいと、切に思います。

一人、8万とか、40万とかもらうのもいいが、こうした地域活性化のための資金もぜひ、国から
分捕って来てください。知事や市長には頑張ってほしいですね。
DSCN1350_20111119222202.jpg
忘年会のご予約受付中です!!

起きて半畳、寝て一畳

人間、どんなにお金持ちになろうが、起きて半畳、寝て一畳。それ以上のスペースはいらないのです。
お金があっても一日に食べられる量は決まっているし、どんなに高い服でも、一日になんども着たりしないし。
お金で愛情や時間も買えないし。しょせんはほどほどでいいということ。

オレンジは今、夜の営業に少々、力を入れてまして、お酒とおつまみのメニューを増やしました。
ほどほどの贅沢でよければ、オレンジでちょっと一杯いかがですか?
今夜は70歳くらいのご夫婦がご来店。キャンピングカーで全国を旅行中とか。
うすいに来て、ピザ屋に提灯は珍しいと、寄りたくなったそうで、店内を見て、
「このゴチャゴチャ感が妙に落ちつく」と褒められました。
ピザが大好きなので、全国各地でピザを食べてるが、ここのが一番と、またまた褒められ、
旦那はワインを1本と日本酒東光の小瓶を2本飲み、奥様はノンアルコールビール、
奥様が立派なキャンピングカーを運転してお帰りでした。
うらやましい老後を送られている、老夫婦でした。
煮込み串
串煮込みで一杯、ほどほどの幸せは如何!

甲状腺がんは心配ない?

12月4日の毎日新聞に東京大学付属病院の教授の中川先生の記事がでていて、それによると、
甲状腺がんで死ぬ人はまずいない。人は誰でも60歳を超えると甲状腺がんになる。と書いてありました。
甲状腺がんはきわめて安全ながんで、見つかっても治療の必要もなく、とくに症状も出ないのだそうです。

だから、甲状腺がんの検診もまったく必要がない。とも言いきっています。
検診をして、甲状腺がんがみつかって、命にかかわらない手術をすることはまったく不要。
今回の放射線で一番恐れられている、甲状腺がん、ですが、それほど心配する必要はないようですね。

もちろんこの中川教授が絶対正しいのかは、私にはわかりません。違う意見の医学者もいるでしょう。
ただ、こんなふうに安全という意見があることは、めったにマスコミに取り上げられないので
あえて、ここで紹介させて頂きました。

みなさんもこのさい、甲状腺がんについて調べてみてください。
たしかに致死率はかなり低い病気みたいですよ。
福島の皆さん、あんがい大丈夫かも知れませんよ。
避難などせずに、家族で一緒にいるほうが、精神的にも良いのではと思いますが。、、、

これでどうだ!

DSCN1378_20111203224244.jpg
DSCN1374.jpg
DSCN1375.jpg
DSCN1376.jpg
DSCN1379.jpg
DSCN1380.jpg
提灯が人を呼ぶか?どうか来て下され!お客様!

科学の目指す処って

今、モーターショウが行われていて、その目玉は自動運転の車。人間はただ目的地を入力するだけだとか。
科学の進歩はひたすら、人間が何もしなくていい方向に向かっている。
階段を上らなくて良かったり、歩かなくていい。洗濯も全自動。掃除もかってに掃除機が部屋中を動き回ってくれるとか。
身体障害者のためにはたしかに嬉しい進歩ですけど、健常者までもが、何もしなくていい事になるのは
それが科学の目的だろうか?
人間は何もしなくて、はたして幸福なんだろうか?

回転すしやに行くと、ロボットが鮨を握っています。それを食べてほんとうのおいしさを味わえるだろうか?
生ビールを勝手に注いでくれる機械もあって、なんか見てるとむなしくなる。
科学の進歩は悪ではないか?そんな疑問もあっていい。

追伸、昨日の私のブログにこの世は3次元と書きましたが、これは間違いです。お客様にお叱りを受けました。
この世は、縦、横、高さ、そして時間、この4つで構成されています。
時間、この重要な要素を忘れるなんて。
日々時間に追われる毎日ですが、どっかの次元には時間の無い世界もあるかも。
いくら寝ても、永遠に明日にならない。再び同じ今日が巡ってくるとか。
永遠に年をとらないとか。永遠に死ねないとか。

悲しかった昨日があって、がんばった今日があって、希望の持てる明日があって、時間があるから
やっぱりこの世の人間は幸せかも。
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク