臨時休業

臨時休業のお知らせ

4月2日(月)3日(火)は臨時休業となります。
ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。

3月4月は移動の季節、転勤でまた沢山の人がいなくなります。
出合いがあって、別れがあって、
別れの寂しさと、生きてきた虚しさ、
この二つに耐えられれば、おだやかに死ねるそうです。
スポンサーサイト

子供叱るな

子供叱るな
来た道だもの
年寄り笑うな
行く道だもの
来た道
行く道
二人旅
これから通る今日の道
通り直しの出来ぬ道

近所の神社の門に書いてありました。

おしめで始まり、おしめで終わる人生。
その間で何ができるか、
それが人生。
DSCN1360.jpg
お疲れ様です。明日の晩酌如何ですか、。

仲良き事は、生きる知恵

最近、よく来ていただける、老夫婦がおりまして、
「いつも、お二人で、仲良しですね」と声をかけると
「最近、これと仲良くしてるのは、愛情じゃないんだよ、生きる知恵なんだよ」
とおっしゃいました。

なるほど、ごもっとも。
最近は孤立死とか、孤独死とか騒がれています。
夫婦なかよく、家族仲良く。本当に、これが一番大事な知恵ですね。

夫婦喧嘩したままに、突然死なんかしたら、あの世で後悔の毎日でしょう。

オリンピックって?

猫ひろし氏がカンボジア代表となってオリンピックにでるとか。
これには大いに異論があります。

そもそもオリンピックとは、国対抗色の強いイベントで、世界選手権などとは、この点が大きく違う。
国籍を変えての出場を認めてしまっては、
たとえば、柔道は日本人が強い、日本で代表になれなかった人が、自由に他国の国籍をとって、その国の
大会で優勝し、代表になれたら、オリンピックの柔道競技は日本人だらけになるだろうし、
卓球は中国人だらけになる。
マラソンは、ケニア人だらけになる。

そもそも国籍変更が自由になったら、世界中のいろんな国の人々が一堂にかいして競技をするという
オリンピックならではの楽しさがまったく無くなってしまうことでしょう。

猫さんより、タイムの早い人は、日本にもたくさんいて、あの今回落選した公務員ランナーのほうが
ずっと早い。
猫さんは、マラソンのレベルの低い国を選んで、低レベルでの大会で勝っただけのこと。
カンボジア人は、猫さんを我が国の代表として、オリンピックで応援するだろうか?

ともに暮らし、ともに闘った友であればこそ、同じ国の選手として、はじめて応援しようと
いう気になるのではないだろうか?

日本人プロ野球選手がレベルの高いアメリカの大リーグに挑戦するのとは、真逆の行為に
いったい誰が応援するのか?
自分を高いレベルに挑戦する試練にこそ感動するはずで、
わざわざレベルの低い処を選んで、強い選手のいない処で代表になる行為は姑息と
言われてもしょうがないのでは?と思うのは私だけでしょうか?

オリンピックはあくまでも生まれ故郷での国籍で闘ってこそ、参加することに
意義があると、私は思います。
猫さんの行為には異議を唱えたい。

ひたいに汗して、働こう!

年金基金がファンドに預けて無くなったとか。おかしくないですか?
投資信託とか、ファンドとか、全て、元本は保証しませんと書いてあります。
リスク、つまり損しますよ。とある。それに年金を預けることじたいおかしくないですか・

株式投資、という実体のない、お金の運用なるものに多額のお金を預け、儲ける、損する、
そんな経済行為が合法であること自体がおかしくないのでしょうか?
お金がお金を生む、そんな手品みたいなものに、人間は踊らされている。
リーマンショックで人は何も学ばなかったのでしょうか?

人間は労働でこそ、お金を手にすべきで、何一つ、物も作らず、ひたいに汗ひとつかかずに、
お金を増やそうとする行為を立派な経済活動として認めていること自体がおかしくないのだろうか?

運用によって、お金を増やす、つまりはマネーゲーム。ギャンブルですよね。
お小遣いをちょっと、賭けて、もしかして増えたらいいなあ、程度であれば問題ないでしょう。
でもそれで、老後の生活を賄おう、ではおかしすぎる。

いつから人間は実体のない、投資、とか先物取引だとか、そんなもので、働くことから逃れようと
するようになってしまったのか。
地道に働くことが馬鹿みたいに思われるようになってしまったのか。

人は昔、お金などという存在が無かったころ、物々交換、または無償で分け合うことを
生きる基本にしていた。それがいつの日か、お金という経済の仕組みができて、
奪い合うような仕組みに変わっていった。
お金なるものが無ければ、これほどに争う事も、戦争もなかったかも。

それが今度はお金に変わって、投資なる、架空のバーチャルな世界で
やりとりするようになり、それによって、生活が脅かされるようにまでなってしまった。

今、銀行に行くと、ファンドのチラシばかりです。窓口で預金しようとすると、必ず
投資を勧められるそうです。つまり損する可能性のものを全ての金融組織で
推し進めているのです。

地道に汗かきながら、物をつくって、その原材料費に労働の対価を乗っけて、利益を得る。
そうした真っ当な暮らしをしましょうよ。
お金でお金を儲けようなんて、そんないやらしいことを追いかけるのは
もうやめませんか?遊びならいいですが、それに生活の全てを賭けるのは
とてもおかしい。それを合法として国が認めていることもおかしくないか?
時代遅れのお話でした。
経済音痴と
笑われますね。

人生は70歳から

70歳でお迎えが来た時は
今は、留守ですと言え。

80歳でお迎えが来た時は
まだ早すぎると言え。

90歳でお迎えが来た時は、
そう、あせるもんじゃない、と言え

100歳でお迎えがきたら、
時期をみて、ぼちぼち行くから
待っていろと言う。

人生は長い、これからがまだまだ勝負の時

生きる楽しみ

一日一食にすれば、若返り、健康になり、長生きできるのだそうです。
一日3回も食事する生き物は人間だけ、ほとんどの生物は一日一食ないし、3日に1食とか、獲物が無ければ
何日も食べないのも当たり前、人間は食べすぎているとか。
先進国ほど肥満が多い。後進国では、まだまだまんぞくに食べれない国も多い。

つまりは、ただ単に生きるだけなら、生存しているだけなら、一食で充分。
先進国では食事が生きる手段だけではなく、生きる喜び、生きる楽しみになっているのです。
食事が娯楽の一つになっている。

外食はその極みです。お手軽で、重要な娯楽、それが外食。
楽しくなければ、外食の意味が無い。
そこに、オレンジの使命がある。
来店していただいた人に、いかに喜んでもらうか、いかに楽しんでもらうか。
満腹にして帰っていただければいいという事ではない。
満腹プラスアルファ。これが問題。頑張ります、
DSCN1379.jpg
喜びの空間でありたい!

大きくなったら、

先日、孫たちに「大きくなったら、何になる?」と聞きました。
一人は「ゴーカイジャーになる」といいました。どうやらアニメのキャラクターらしい。
一人は「ウサギになる」といいました。幼稚園にいる、うさぎがかわいいらしい。

「じゃあ、おじいちゃんは、大きくなったら、何になるの?」と聞かれました。
「かわいいおじいちゃんになりたい」と答えました。

人間、赤ちゃんの時はみんなにかわいいと言われます。
老人になったら、またかわいいと言われるのですね。
DSCN1425.jpg

ちんちん

あるお客さんが、お話してくれました。
「昨日、ビューホテルにいって、トイレに行ったんだけど。そんとき、手の不自由そうな老人と若い美人が
入ってきて、老人を便器の前に立たせると、その美人がその老人のズボンをさげて、チンチンをだして、
おしっこをさせて、おわると、そのチンチンを振ってあげて、ズボンにしまってあげて、すまして
出て行ったよ、自分で排せつができることが、人間の尊厳と思ってたけど、それ見てたら、羨ましくってさ
、ああ、いいなあー、なんて思っちゃったよ」

なんとうらやましいご老人のお話なのでしょうか。
介護の問題は、もはや日本の一番大切な問題かもしれませんな。

キリンの首は何故長い?

きりんの首は何故に、長いのか?
長年に渡って、高いところの餌を欲しがったから、その環境に対応すべく、長くなっていった。
これは間違い。

高い処の餌に届く、首の長いキリンが、餌を豊富に食べることができた為に強くなって、
逆に首に短かったきりんは餌をうまく取れず、弱くなり、淘汰されていって、このため、
首に長いキリンだけが、たくさん子供を生み、首の長いキリンだけが、生き残り、
今のような、キリンになったのだそうです。

自然淘汰とは恐ろしい、環境に適応できない存在は消えていくのみ、
飲食店も激しい環境の変化についていけないお店は淘汰されていくのです。

オレンジは生き残れるか?

毎日、お仕事、お疲れ様です。
串煮込みとピザで軽く一杯!如何ですか!!
DSCN1353_20111119222201.jpg
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036
うすい百貨店向かい みずほ銀行の裏で
「串酒場 ピザ酒場 おれんじ」という居酒屋をやっています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク