心技一体

心と技、両方大事ですが、心を技が超えてしまうと、人は感動しません。
たとえば、野球。高校野球は技ではプロに敵わない。でも心が技を超えているので、
人は皆、高校野球に感動するのですね。
かたやプロ野球は心を技が超えてしまっているので、感動させることができない。
だからテレビ中継が無くなってしまったのです。

役者でもそうです。演技のうまいだけの役者では、人を感動させることができない。
芝居が少々へたでも。心のこもった演技は人を感動させます。

料理も同じ。ただ単にレシピどおりに作った料理はおいしくても、感動させることはできない。
少々技術的に劣っても、心のこもった料理は人を感動させるのです。

オレンジの目指す料理は人を感動させる料理なのです。
DSCN1442.jpg
スポンサーサイト

頑張れば夢は叶うか?

先日、日経ビジネスという雑誌のインタビューで、脚本家の山田太一さんが、「頑張れば夢は叶うは嘘」と
発言し、批判を浴びているのだそうです。
この世は生まれた時から不公平と不平等に満ち溢れている。背の高い人、低い人、美人の人、そうでない人、
土地を持っている人、お金持ちの人、平和な国に生まれた人、内戦ばかりの国に生まれた人。ありとあらゆる
不公平と不平等があって、それが現実。
持って生まれた才能や遺伝とか、家系とか、家柄とか、それは乗り越えなければいけないこともあるけど、
できないこともいっぱいある。

だから、頑張っても、この夢はちょっと無理かな?と思ったら、別の夢を追いかけてもいいじゃないか、
ある一つの夢ばかりにとらわれて、いつも敗北感ばかりを背負っていては、あまりにつらい。
叶わぬ夢をあきらめることも大切。それが普通ということ。

山田さんの意見はこんな感じらしいのですが、私は間違っていないと思うのです。

成功者にインタビューすれば、諦めずに頑張ったから夢がかなったと言うかもしれないが、失敗した人には
頑張っても駄目でしたという事になる。
どこまで夢を追うか、どこで諦めるか?現実として受け止める、受け入れるとはどういうことか?
賛成、反対、いろいろな意見があって当然。
山田さんのような有識者になると、いろいろ批判する人もいるので大変なんだろうなあ。。。

私の夢は、とりあえずは、オレンジの繁盛店への仲間入り。
みなさん、応援をお願いします!
DSCN0490.jpg
夢を叶えるには、まずは地道な努力から。

アビイロード

e6121_448_06de8a636ae8b52d557ce1c726df2b05-s.jpg
ビートルズのアルバム「アビイロード」の写真が別バージョンのものが見つかって話題になりましたね。
もともとの写真ではポールだけが裸足だったので、ポール死亡説が流れるなど、非常に話題性のある
アルバムだったですね。

ビートルズのアルバムで最高傑作は「サージェントペパーズ」とされていますが、この「アビイロード」も
かなり傑作のアルバムで、「サージェント」はアルバム全体としての統一感が素晴らしく評価されていますが
この「アビイロード」ではアルバムとしてのまとまりはないのですが、中の一曲一曲はメンバー個人個人の
個性が一番発揮されている作品だと思います。

我々50代以上の人にも、今の若い人にも、いまだに愛され続けるビートルズはやはり偉大です。
アルバムの隠れた写真がでてきただけでこれだけ話題になるのだから、やっぱりすごい。

山田太一vs倉本聡

BSのテレビで脚本家の山田太一さんと倉本聡さんの対談番組がありまして、私は感動して見ました。
この二人のドラマが大好きで自分も脚本家になりたいと思った時期もありました。
山田さんの「男たちの旅路」「岸辺のアルバム」「それぞれの秋」「ふぞろいの林檎たち」など
倉本さんの「北の国から」「前略おふくろ様」「あにき」「うちのホンカン」などなど名作ばかり。

この二人同い年で77歳。脚本家がテレビ番組名の次に紹介される大御所です。
この二人のドラマは映画なみに質が高く、深い感動を与えるものでありました。

この二人、やはり相当意識し合って、影響し合って、お互いに切磋琢磨していたんですね、。
ライバルとはすごく必要な存在なんですね、。

ドラマも映画もいい脚本があってこそです。
今は小説やアニメをすぐ原作に使ってしまって、オリジナル脚本の作品が少なくなってしまいました。
亡くなった向田邦子さんとか、この山田さんや倉本さんのような優れた脚本家がいなくなってしまったのでしょうか、寂しいかぎりです。
このお二人には、まだまだ頑張ってほしいなあ。DSCN1451.jpg
一杯飲みながら、良質のテレビドラマを見る、至福のひと時ですな。

創作という事

創作という言葉があります。
創るというこの漢字は、前例がなく初めて作ること。
作るというこの漢字は、前例があるものを作ること。

創作は創るという事、つまり、前例がなく、無の状態から創り上げること。
これが本当にむずかしい。
これだけ成熟した現代社会において前例が無いものを探す、創るということは至難の技です。
映画でも小説でも、音楽でも、必ず似たようなものというのが、少なからずあって、完全な
オリジナルというものが難しい。

お料理も同じで、でつくした感があって、かならず似たようなお料理というものがあって、
完全なオリジナルでどこにも無いという料理を創りあげるのはそう簡単ではない。

まるっきり真似をするのはよくないけれど、影響を受けるということはある。
刺激をうけ、影響を受け、良いと思ったものはどんどん取り入れる。
それも大事なことだろうと思うのです。

セサミスパや生ほうれんそうスパ、黒ゴマソースのピザなどはかなりオリジナルと思って
いるのですが、あまりに想像を絶するというものも、素直に受け入れられるものでも
ないし。
かと言って、どこにでもあると思われてもいけない。そこが難しいところ。

オレンジは創造力を発揮して今後もオリジナルに挑戦します。
H000043554_Q011_20090325233638.jpg
初めて、このほうれん草の山を見た人は、みなさんびっくりしてくれます。
まずは驚きの声を誘います!

郡山の子供たちはヘロヘロ

先日はうすい百貨店の前の通りで「ちびっこ駅伝大会」というイベントが開催されましたが、終わってから
その関係者の方々がご来店。そのお客様から聞いた話。

郡山の子供たちは昨年1年間、外で遊ぶことを禁じられ、もちろんプールも禁じられ、家に閉じこもっていることを命じられました。ゲームとテレビばかりの一年だったのです。
そこでどうなったか、子供たちの体力は驚くほどに衰えてしまったのです。
今年になってようやく、少し外で遊ぶことを許されるようになったようですが、それでも少ない。
今年の駅伝も参加者は例年の半分とのこと。
参加した子供たちも満足に走れない子供が沢山いたそうです。

体力が衰えると、免疫力が低下する。この免疫力の低下が癌を呼ぶのです。
低線量の放射線を恐れるあまりに、大事な体力が奪われてしまった。
これは昨年の対応はあきらかに誤りだったのではないかと思うのです。

なぜなら、低線量の放射線を浴びて、癌になる確率と、体力が落ちて、その為に免疫力が失われて
癌になる確率では、比較にならないほどに、体力低下の方が、癌になるのです。
大人の判断ミスが子供を危険にさらしたのではないでしょうか?

子供は子供のうちに大いに外で遊んで、走り回り、自転車にのったり、鉄棒にぶら下がったり、
ボールを蹴ったり、喧嘩したりして、しっかりと体力をつけないと大変なことになるのです。

もう当分の間、郡山からは有能なスポーツ選手は生まれないだろうと言ってました。
東電の責任はここにもあるのです!

チェルノブイリ出身の歌手「ナターシャグジー」というとても美しい方がいまして、歌声も素晴らしいのですが、
この方はチェルノブイリで被曝、両親を癌で亡くして、故郷も失いました。
福島大学では、そんな恐ろしいチェルノブイリで育った人でも、こんなに活躍している人がいると
訴えるために、この方を招いて、コンサート昨年の秋におこなったそうです。

福島大学では低線量であれば、充分安全、福島に留まって頑張ろうというスタンスだったそうですが、
このナターシャグジーさんは、コンサートの途中で「福島は私の故郷チェルノブイリと同じように
危険な町になってしまったから、できるだけ遠くに避難したほうが良い」と
とんでもない事を言ってしまって、主催者側とまったく違う展開になってしまい、大混乱、トラブルに
なったそうです。

低線量の放射線、とらえ方によって、考え方、対応のしかたがずいぶん変わってきます。
福島県人は避難した人も留まった人も両方苦しんでいるのです。

DSCN1449.jpg
あれこれ悩みはつきませんが、とりあえず今夜は串煮込みで一杯如何?

私がおばさんになっても

オレンジが12年前にオープンした日、17歳の娘は学校を休んで、手伝ってくれました。
いまや29歳、3児の母、立派なおばさんになって頑張っております。
当時、娘の友達もよく来店してくれて、その後もここでデートをかさね、結婚し、今や
立派な母となって、お子さんをつれて来てくれます。

長く店をやっていてこその楽しみなのです。
なんでも長くやらないと、楽しみが湧いてこないのです。
DSCN1098.jpg
孫たちが成人する日までこの店はやれるだろうか?

今宵はどこで一杯やろうか?

おー帰りに一杯やってくか!
いいっすね、いつもの焼き鳥やですか?
んーそれでもいいけど、今日は違うところにするか、
いいですよ、どこにしますか?
昨日ランチで行ったオレンジに行ってみるか、
あーオレンジですか、串煮込みとかやってるって言ってましたね、たしか。
そーそー、串煮込み、一回食べてみたくてよ、
あそこピザもうまいし、いいですね、オレンジにしましょう。
あそこのマスターの実家が山形の米沢の作り酒屋らしくて、そこのうまい日本酒もあるらしいから
行ってみるか!!

そんな訳で、今夜の一杯はオレンジとなったのでした。ちゃんちゃん。
DSCN1449.jpg
串煮込みで軽く一杯やっぺ!
5本で490円、10本で990円。安い!!

選ばれてこそ

今日のお昼なんにする?
んー、パスタにするか、
パスタかあ、、、どこがいいかなあ、、、
オレンジにするか、
あそこのセサミはうまいからなあ
あそこのサービスドリンクのバナナ黒酢もいけるなあ
スープもサラダも付くしな
サービスのカスピ海ヨーグルトがまたいけるんだよなあ、、
880円であれだけの味とサービスはお得だよなあ、、、
んじゃあ、、オレンジに行くか!

そんな訳で、星の数ほどある飲食店の中から、今日もまた
オレンジが選ばれたのでありました。
感謝、感謝です。
H000043554_Q007_20090408230739.jpg
くせになる味、黒セサミスパゲッテイ
スープ、サラダ、ドリンク、デザートが付いて、なんと880円です!

絶滅危惧種

今現在、地球に生きている生物は約300万種だそうです。でも46億年の間に絶滅してしまった生物の
種類はこの10倍だそうです。
今現在も7分に1種類の生物は絶滅しているのだそうです。

進化して生き伸びる生物、生存競争に敗れ絶滅していく生物。
生き残りがいかに難しいことかと考えさせられます。

今、地球は温暖化で大変なことになっている。生物どころか、地球そのものが滅亡ってことにもなりかねない。
温暖化対策の一つが原発でしたが、これも見直す時期にきている。

生物も地球もいかにしたら、生きながらえるか?科学者たちが知恵を絞っているのですね。

飲食店も個人店は絶滅危惧種、大手チェーン店に押されっぱなしですが、頑張っている個人店も
まだまだ沢山ありますよね。

オレンジもちいさなちいさな吹けば飛ぶような、絶滅危惧種の個人店ですが、なんとか夫婦力を合わせて
頑張っているのであります。
DSCN1169.jpg

金環日食

残念でしたね。郡山はかなり分厚い雲に覆われて、日食はまったく見れませんでしたね。
なんとも悔しい。
コミックで「宇宙兄弟」が大ヒットしたりで、ちょっとした宇宙ブームですが、
私が小学校の頃、月に直陸したというアポロ11号。
じつはこれは大ウソ、ねつ造だったことがかなりの信憑性をもって噂されていますね。
あれはスタジオで撮られた映像だったとか、月の石は人工物だったとか。

陰謀説はまだあって、あのアメリカ同時多発テロ。アメリカの自作自演の大ウソだとか。
飛行機がぶつかっただけで、あれほどにきれいにビルは崩れないとか、ビルのオーナーは
あのテロの直前に大きな保険に入っていたとか。
アメリカは軍需産業でなりたっている国。戦争がなければなりたたない国なのだとか。

国家的な陰謀説。これに関わる本も沢山でていて、調べてみるとかなり面白いです。

世の中、かなり闇の部分ってありますよね。

あの太平洋戦争ですら、アメリカは真珠湾攻撃を事前に知っていて、わざと攻撃させて、
アメリカの士気を煽ったとか。

世の中、一部の策略家にすべて動かされているのかも?

オレンジには闇の部分はありませんので、ご安心を
H000043554_Q017.jpg
このピザのうまさは本物だ!

一番早いものとは?

今日いらしたおじいちゃま。
昨年の3,11直前に転んで、腕を骨折し、星病院に入院、そして、病院で大地震に遭い、あまりのゆれで
ベッドから転落し、再び別の個所を骨折、激痛と闘いながら、看護婦さんに捕まって、7階から
階段で避難、その後、病院を3か所転院、なんともすさまじい目に遭ったと話してました。
今はようやく元気になったとのこと。
83歳でまだ元気に車の運転をしているこのご老人に質問されました。
「この世で一番早い物は何?」
「えーと、光とかですかね?」
「じゃあ、その光で宇宙の果てまでは、どれくらいで行けるの?」
「えーと、えーと、何万光年とか言うので、1万年くらいですか?」
「ええ、1万年もかかるの?もっともっと早いものがあるよ」
「え!そんなのありますか?」
「想像力だよ、今、宇宙を想像しただけで、もう、自分の気持ちは宇宙の果てにいるよ!!」

なんと深いお言葉でしょうか、長い入院生活もあれこれ、想像をめぐらせて、乗り切ったそうです。
どうりで元気のはずだ!!
DSCN1445.jpg
串煮込み、元気でますよ!!

不思議な数字

12345679x 1 x9=111111111
12345679x 2 x9=222222222
12345679x 3 x9=333333333
12345679x 4 x9=444444444
12345679x 5 x9=555555555
12345679x 6 x9=666666666
12345679x 7 x9=777777777
12345679x 8 x9=888888888
12345679x 9 x9=999999999

なんとも不思議でしょ。数学の塾の先生が教えてくれました。

DSCN1194.jpg
不思議大好きの二人です。面白い事、教えてちょうだい!

想像力

お店の前に来て、店構えを見て、メニューなどを見て、看板をみて、お客さんはこの店ははたして
おいしいのだろうか?とあれこれ想像します。
想像をかきたてるような、外観にしないといけないのですね。

メニューも食べたくなるような、美味しさを想像させるようなものでないといけない。

地震がきて、津波はこれぐらいのが来るだろうと、想像して防波堤をつくる。
でも自然は人間の想像力をはるかに超えて、ものすごい高さでやってきた。

津波で電源が失われたら、原発はどうなるのだろうか?という想像はしなかったのだろうか?

今度また巨大地震がくるだろうか?とあれこれ想像力を働かせますが、原発推進派はやはり
想像力に欠けているのか、もうあれほどの地震はこないだろうと、甘く想像して
再稼働しようとしている。

この材料と、この調味料ではどんな味になるだろうか?と想像力をかきたてて、挑むのが
お料理、想像力なしには料理は作れない。

発明や発見もそれは想像力の賜物。

かつて手塚治虫は50年前の漫画で携帯電話や薄型テレビを想像して描いていました。
50年後にはこんな小さな携帯電話が当たり前になっているだろうと、予測できていたんですね。
恐るべき想像力です。

明日はこんな日になるだろう、来月はどんな月になるだろうか?
来年はどんな年がやってくるだろうか?
想像力にたけた人が、成功するんでしょうね。
DSCN1380.jpg
さて、この店はどんなおいしいものが出てくるのだろうか?

トランプの不思議

ついこの間、いらしたお客様の話し。トランプとは、なんと不思議。
トランプは「スペード」「ハート」「クラブ」「ダイヤ」の4種類。これは四季を表している。
このカードの全ての数字を足すと364.これにジョーカーを加えると、365、つまりは1年。
このカードは52枚の札がメイン。一年は52週間。4年に一度のうるう年の時だけは53週間。
ジョーカーを足すと、53週。
うるう年は4年に一度。カードの種類も4種類。

トランプはギリシャで生まれた?ユダヤ人が作った?
それにしても不思議。

いろんなお客様がとても面白い話しを教えてくれるのであります。
H000043554_Q017.jpg
ピザは片手で食べれます。サンドイッチも片手で食べれる。みんなトランプをしながらでも
食べれるようにと作られたとか?

おもしろい数学

先日いらしたお客さんにおもしろい数学を聞きました。
いやよ、いやよも好きなうち。と言いますが。
これを数学的に。
いやよ、数字では184.これを6回繰り返して言い続けます。
184x6では1104、つまりいいわよ。とこうなります。

もうひとつ。

だれにでもいやな奴というのがいて、殺してやりたいなどとぶっそうな事を考えたりする。
いやな奴、数字では、18782.
いやな奴が二人いた。二人とも殺したいくらいだ。
そこで18782x2では37564、つまりみな殺し。ってなぐあいに
数学は面白いのだそうです。

昔、漁師さんは海に魚を求めて、沖にでた。そこで自分のいる位置を知りたかった。
空を見上げると星が見えた。そこで天文学。
星の位置から計算して、自分の位置がわかるように、それが数学の始まり。

音楽も数学者のピタゴラスが音階を発見したんだとか。
料理だって、いろんな材料、調味料を絶妙な分量で組み合わせて生まれる。
レシピは数学です。

だから数学は大事。いいことを教わりました。
DSCN1455.jpg
塩と麹の絶妙なバランスでみごとな塩麹ができあがる。
DSCN1453.jpg
そして塩麹と梅とチキンの絶妙な分量の組みあわせでこれほどにおいしい
塩麹パスタができあがる。

スピード

私はかなりせっかちかもしれません。なんでも早いのです。
店に食事に行っても、すぐに注文できます。
サラリーマン時代は、報告書のたぐいは誰よりも早く提出してました。
でも大雑把とはよく言われました。
まちがいもありました。注意力が足りないのかも知れません。
慎重さが足りないのかも。

早くて良いことと、遅くて慎重なほどよい事。同じくらいありそうです。
要は早ければいいってもんじゃないし、慎重に時間をかければいいってもんでもない。

オレンジにご来店のお客様でも、なかなか注文が決めれないお客様もいらして、どれもおいしそうだから
決めれないのでしょうが、迷うほどに魅力的ということでしょうか。

そこいくと、一品だけで勝負している店はこんな迷いはまったくない。
醤油ラーメンだけの店とか、親子丼だけの店とか。
これはこれで素晴らしい。

でもあれこれ、迷って選ぶ楽しみというものもあって、オレンジのメニューは
かなり優柔不断の方には、選ぶのが難しいメニューらしいです。
DSCN1378_20111203224244.jpg

道を究める

究める、極める、という言葉がありますが、私はその道を極めた人を大変尊敬します。
何十年とその道一本でこつこつやって来た人はそれだけで素晴らしい。
15歳から鮨道一本の親方や、少年野球から、今も現役のイチロー選手や、
私と同じ年に日大に入学した、歌手、郷ひろみさん。年は私より4つ上ですが、
この郷さんも15でデビューして今も現役、歌手道一本の方です。素晴らしい。

わたしにはこれができないのです。なんでも中途半端になってしまいます。
サラリーマンも中途で退社、店も喫茶店だったり、パスタ屋だったり、夜に居酒屋のまねごとを
したり、どれも極めることができていない。

でも今からでも遅くない。何らかの形の飲食店、誰もやったことのない、業態での飲食店で
私なりに究めてみたいと思っているのであります。
串煮込み
ピザと串煮込み、この組み合わせはありなのか?究められるのか?棘の道であります。

視覚、聴覚、味覚、

普段、我々は、ほとんどの情報を視覚で受け取っています。
新聞、テレビ、インターネット、すべて視覚です。
ラジオなどで、聴覚での情報を受け取っている人は、やはり視覚と比べれば少ない。

私たち飲食店はおいしいという味覚を文字や写真など視覚で表現して宣伝することが多いです。
いかにして味覚の情報を視覚に訴えるか?これが難しい。

味覚に訴える演技がすばらしくうまいのが高倉健さんです。
「幸福の黄色いハンカチ」では、刑務所を出てきた男が大衆食堂に入って、ラーメンとかつ丼とビールを
注文し、これを本当に美味しそうに食べるのです。みごとに演じて味覚にびんびん伝わってくるのです。

「冬の華」という映画では、テーブルと冷蔵庫しかない一室で、トースターでパンを焼き、それにたっぷりの
ジャムを塗り、これをまたおいしそうにほうばるのです。
パン一枚をこれほどにおいしそうに食べる俳優を他に知りません。

「遥かなる山の呼び声」という映画では、健さんはコーヒーミルで珈琲豆を挽き、サイフォンで珈琲をいれます、
これを、牧場主の倍賞千恵子さんと、じつにおいしそうに飲むのですが、名シーンであります。

倍賞さんとの共演では、映画「駅」での居酒屋のシーンも素晴らしいです。二人で、カウンターだけの
小さな居酒屋で、紅白をみながら、紅白では八代亜紀が「舟歌」を歌っていて、そこでお酒を飲んでいるのですが
これほど、酒を飲みたくなるシーンもありません。
名優、高倉健と倍賞千恵子だけが演じられる究極の演技であります。

映画「鉄道員、ぽっぽや」でも健さんは、死んだはずの娘に夕食を作ってもらって、それを駅の
宿直室で食べるシーンがあって、このシーンもじつにおいしそうに食事をするのです。
芋の煮っ転がしやら、味噌汁などをそれはそれはうまそうに食べ、娘に感謝するのですが
感動のシーンです。

このように、おいしそうに食べるお客さんが来てくれると、お店は本当にうれしいものです。
DSCN0637.jpg
ぜひご来店を!太っちょママさんのお腹あたりも実においしそうです!

環境適応力

たとえば「カブトガニ」2億年前から、今の形のまま生き残っている。
たとえば「くまむし」微生物ですが、拡大すると熊ににている、最強の生物、
高温、低温、無酸素、水無し、餌無しでも生きていられるという。
あらゆる環境の変化にも適応して生き残る。

どんな環境の変化にも対応できることが生き残る条件です。

お店も同じ、お客さんが来なくても、水道光熱費はかかる。家賃はかかる。駐車料金もかかる。
広告宣伝費もかかる。材料の仕入れもかかる。
だから、お客さんが来ないと、売上はゼロではなく。マイナスからのスタートになる。
当店も毎日最低でも20人くらいは来ないと、ゼロにはならない。20人以上の
お客さんがいらして、初めてそこからプラスになるのです。 だからなんとしても
お店はお客さんが来てくれないと、生き残れません。

毎月沢山の店がオープンして、たくさんの店が閉店に追い込まれる。
自然災害、放射能災害といった、環境の変化にも対応しなければいけない。

オレンジの夜のメニューの変化ははたして、正しい適応だったのか?
悩んでばかりもいられないので、たまには休息も必要。
そこで明日と明後日、はお休みとさせていただきます。
しっかり休んで、充電して帰ってきます!!
DSCN1451.jpg
休みはやっぱりお酒でしょう!!

絶対安全

毎日のように悲惨な交通事故が繰り返されています。車は危険。命をも平気で奪ってしまう。
でも、だからと言って、車に乗るのは止めようとは誰も言わない。
相変わらず格安バスツアーは今も大人気だとか。
飛行機も船も事故は頻繁に起きている。でも飛行機に乗るのはやめよう、船は沈むからやめようとは
だれも言わない。
この世に絶対安全なものはない。だから原発も再稼働していいものか?

危険を承知していても、人はこれを辞められないのです。まったく愚かな生き物なのです。

今も世界のどこかで、人を殺す武器が製造され、販売されています。
これを生活の糧にしてい人がいる。
人を殺す武器を売って、作って、その金で、幸せな家庭を築いているのだろうか・?
どれほど人は愚かなのだろうか?

一度、全世界で一斉に、みんなで、「二十四の瞳」や「男はつらいよ」などの
心温まる映画を一緒に見て、その感想を交換してみてはどうだろうか?
その後に、殺し合いをしようと、思うだろうか?

危険なものを止めて、人を殺す武器を無くす。これほど当たり前のことが
なぜ、これほどに、進化した人間ができないのだろうか?
世の中、おかしなことばかりです。

今日、今年の春に高校を卒業した若き、看護学校生が来店してくれて、
「マスターに大変、申し訳ないことをしました」と言うのです・。
「なんだ、何しでかしたんだ」と聞くと、
「学校で、作文コンクールがあって、明日の福島を考えるというテーマで、作文を書いたんだけど、
マスターのブログの文章を勝手に使ってしまいました」と言うのです。
「でももし、作文コンクールで優勝して賞品もらったら、それはマスターにあげるので、許して」と
言われまして。許すことにしました。


世界中のおかしなことを、まず福島から改めていきたいものだとおもうのであります。
共感してくれた人、どうぞ、私のブログをご活用下さい!!
DSCN1453.jpg
塩麹パスタの力で、明日の福島を立て直そう!!

映画音楽

当店でも時々、BGMに映画音楽をかけますが、映画音楽を聴くと、見たときの感動が蘇りますよね。
一番印象的な映画音楽は「ロッキー」ですかね、ロッキーのテーマを聞きながら、片手腕立て伏せを
よくやったものです。
衝撃的だったのは「燃えよドラゴン」この曲に入っている「アチョー」という怪鳥音。これが
なんとも衝撃でした。

ドキドキしたのは「ジョーズ」と「エクソシスト」この音楽は怖かったですね。ぞくぞくしました。

なんとも言えず感動が湧いてくるのは「ニューシネマパラダイス」この映画の音楽は
すごくいいです。深い感動、味わいのある音楽であります。
聞くと悲しくなるのは「禁じられた遊び」このギターの旋律があのなんともあどけなくて、
悲しい子供たちのドラマを物語っているのです。

寅さんの主題歌も抜群に素晴らしい。この歌を聞くたびに、しみじみとした郷愁が湧いてくるのです。
「24の瞳」は様々な動揺がたくさん出てきて、涙涙の映画でした。

映画音楽はその映画の重要な役割を担っているんですね。

一番ワクワクしたのはビートルズの映画「ヘルプ」です。
この曲を聞くたびに、あのころのワクワク感は蘇ります。

映画音楽のような感動をオレンジのお料理で味わって頂けたらと思うのであります。
DSCN1447.jpg
最近人気のトマト煮込みハンバーグ。

音楽の力

今年はビートルズ結成50周年。世界中でこれほどに熱烈に、長く愛されたグループは他にないでしょう。
解散してから、早40年、今も愛され続けています。

当店にはビートルズのアルバムやポスターを数多く展示しているので、よく、私もビートルズファンですと
声をかけられますが、最近は女子高生などの若い女の子にも、ビートルズファンが多いらしく、
先日もビートルズのバッジとTシャツを着ている女の子がご来店。
当店の雰囲気に感激しておりました。

音楽の持つ力は偉大です。音符の配列を変えるだけで、かくも美しい調べを奏でるのです。
なんとも不思議。音楽を楽しむ力を持った人間はそれだけで偉大です。

ビートルズを聞いて、吉田拓郎が生まれ、拓郎を聞いて、サザンや小田和正が生まれ、Jポップの原点も
まさにビートルズにあるんですね。

最近、BSで青春のポップスという番組があって、太田宏美さんを見まして、感動しました。
「木綿のハンカチーフ」や「赤いハイヒール」など、涙なくしては聞けない名曲に心震えました。
今も健在で素晴らしい歌声でした。

当店では皆さまに楽しくお食事して頂けるよう、様々なBGMをおかけしていますが、どうぞ、
リクエストなどありましたら、どんどん言って下さいね。
かなりいろんなジャンルのCDがありますので、ご希望に添えると思います。
DSCN0561.jpg
那須にはビートルズいっぱいのお店「ぺにーれいん」というお店があります。
最高のお店です。ビートルズファンならぜひ一度行ってみて。
ビートルズグッズの数にはびっくりです。

言葉

いろんな言葉で人は勇気をもらったり、励まされたりして、生きていけるのですね。
誰にだって、あるんだよ、人には言えない苦しみが。

苦しみを乗り越える為に、いろんな本を読んだり、いろんな人の話しを聞いたり、
愚痴をこぼしたり。

聞いてくれる人の御蔭で、愚痴もこぼせる。


所詮
毎日、日々の足跡が、おのずから、人生の答えを出す。
だから毎日、一生懸命、背筋を伸ばして、肩肘張らず、
力を入れて、生きて行く。
DSCN1301.jpg
黒セサミピザ、絶妙なおいしさ!!

よくばり

今日はまつき鮨の親方がいらしたので、いろいろ相談させて頂きました。
どうも夜の串煮込みの売上がいまいちであること、何屋なのかわからなくなってきていること、
店のコンセプトがあいまいになってきていること。

回答は
私は欲張りであること、たらいの中に、いっぱいのお金があって、わたしはそれを必死に全部、すくおうと
している。
でも、手の大きさには限界があって、多くすくおうとすればするほど、お金はみんな手からあふれ、
落ちていってしまう。
求めれば求めるほど、逃げていくもの。欲張っては駄目。
でも、欲張らずに、どう道を広げていけばいいのか、今の私にはわからない。

居酒屋もやりたい。パスタ屋もピザ屋も洋食屋もやりたい。
メニューを減らしたくない。
パスタ好きのお客さんも、串煮込み好きの客さんも、ピザ好きのお客さんもみんな来て欲しい。
どうも欲張りから、離れられそうにない。
私は煩悩のかたまり。
何か、新しいものを求めたら、今までの何かを捨て去るべきなのです。
そうわかっているのに、それができない。
あー悩める子羊なのであります。
120201_111853.jpg
東京のこのお店も、相当な欲張り。寿司屋もやりたい、パスタ屋もやりたいのですからね。
私と同じ人種のようです。
悩んではいないのかなあ、、、
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク