選挙公約

選挙の候補者たちはいろんな公約を言ってますが、誰一人として、沖縄の事を言ってないのです。
北朝鮮の拉致問題のことも言ってない。

原発を止めるのは当たり前。だれにもわかること。
スポンサーサイト

マニュフェスト、アジェンダ

マニュフェストだとか、アジェンダだとか、やたら今の政治家さんは横文字を使いたがる。いったいどこの国の人なんだ!いったい誰に話をしているのか?

おじいちゃんやおばあちゃんにもわかる言葉で自分の考えを述べるべきと思います。

民主党はマニュフェストをまったく守らなかった。じゃあ守らなかったことで、なにかペナルティを受けたか?
政治家だけは嘘をついても、なにもお咎めなしというのはおかしくないか?

たとえば今、いろんな政治家が選挙に向けて、お約束を語っていますが、誰一人として「この約束を守れなかった
時には、こうします!」という具体的罰を自分に課する人はいません。

マニュフェスト、お約束が守れなかった時には、自分の全財産を国庫に寄付するとか、原発作業員になるとか、
それこそ、刑務所に入るとか、それぐらいの覚悟を示してほしいものだと思うのです。

でないと、あーまた口先だけで言ってるなあと思ってしまい、まじめに選挙をしようとは思わなくなってしまいます。

最近、通販では効果がなければ全額返金します!とか言ってますが、そんな確約がほしいですよね。
口では何でも言えるのです。もし実行できなければ、罰則があって当然。

ヨーロッパの地震学者が地震予報がはずれたことで、罰せられました。学者も罰せられる時代。
政治家も罰せられてもいいのでは?そうでないと、もう信頼は得られないと思いますが、いかがでしょう・。

オレンジも、もし美味しくないものを提供したならば、もちろん御代は頂かない覚悟です。
自信をもって、提供してます!嘘はつきませんよ!
串煮込み
妥協を許さないメニューです!

インフレ、デフレ、スタグフレーション

経済の仕組みがいまいちわからない。今はデフレだと思うのですが、スタグフレーションだとか訳のわからない事を言う人もいて、日銀が金融緩和をすれば全て解決とか言う人もいたり、物価は間違いなく安くなっていると
思うけれど、やはり高いものは高いままだし。

おそろしい格差社会だとも思うし、飲食店を見てもわかりますが、今は100円どころか88円なんていう回転すし屋もあったり、でも一貫800円なんていうすし屋もあったり、東京では380円のピザ屋が出現して大繁盛とか、かたや3000円のピザ屋があったり、

エコカー減税とかで、電気自動車を売ろうとしてますが、電気自動車は充電しなければいけない。充電するには
発電所が必要、発電所からの電気を消費するのだから、ぜんぜんエコカーなんかじゃない。
つまりはまやかし、経済もやたらまやかしが実はそうとうあるのではないかと思うのです。

デフレに強いのがユニクロやニトリ、100円ショップなどの低価格のお店。でもそのユニクロの社長たるや
大金持ち。100円ショップの製品を作っている中国はいまや、急成長。お金持ちになりつつある。

貧乏人がお金持ちを作っている社会、そういう経済。

インフレとデフレの中間が一番いいのだそうですが、なかなかそのバランスというものが難しい。
一食にいくら使いますか?いくら使えますか?
280円の弁当、890円のランチ、3000円の高級ランチ。
同じランチでもピンからキリまで、経済状態の違いか?気分の違いか?
棲み分けと言いますが、高級官僚の高級な官舎、放射線被害者の仮設住宅。
同じ日本人。同じ経済状態にはならないにしても、違いすぎないか?aruku 002
当店のランチはサラダ、スープ、メイン、ドリンク、デザートが付いて890円。
これはデフレの時代に合っているのでしょうか?
280円の弁当にはない、付加価値が付いております。

選挙

今度の選挙は本当に難しい。問題山済みの今の日本。果たして救ってくれるのは誰?
原発から救ってくれる人、中国の脅威から救ってくれるのは?
デフレから脱却させてくれる人は?老後の不安を払拭してくれる人は?

橋下さん?石原さん?嘉田さん?渡辺さん?
野田さんじゃない。安倍さんでもない。じゃあ誰?

たとえば、原発を無くして、その代替のエネルギーは?デフレを脱却する産業構造は?
政府はあらゆる補助金を税金から捻出して後押しした、家電製品やエコカー、でもみんな大赤字。
補助してほしい産業は他にもっとたくさんあるのに。
補助しても、日本の産業は中国や韓国に負けるばかり。

あれだけ沖縄の人たちが米兵にいいようにされても、中国の脅威から守ってくれると信じて
アメリカに出て行けと言えない、国の防衛。

困っている人たち、自分よりはるかに少ない収入で働いている人たちが大勢いることを充分に知っているのに、
自分たちの収入を一向に減らそうとしない政治家、官僚。減らさなくてもいい仕組み。

あらゆる不平不満を一刀のもとに、片付けてくれる、そんな坂本竜馬のような人、いませんかねえ、、、。

小さな飲食店の親父の悩みを本気で聞いてくれる人。いませんかねえ、、。
DSCN0847.jpg
働けど、働けど、ささやかなる幸せは何処?今度の選挙の先にあるものは、何?見えません。

ピザとパスタ

13年前、オレンジカフェとしてスタートした。私はコーヒー会社に長年勤務していたため、最初はコーヒー中心の喫茶店として始まった。
でもコーヒーだけではなかなか売り上げも上がらず、パスタとピザ中心の店として、スタイルを変えた。

でもありきたりのメニューではいかんと思い、セサミ、ゴマの特化したメニューのピザとパスタを考案し、
店名もセサミダイニングに変えた。

セサミスパとセサミピザを2大柱として、店の看板メニューとした。

でもこれだけでは夜のメニューとしては弱い。お酒を飲むひとには物足りない。
私もお酒を飲むので、やはり、酒飲みにも喜ばれるメニューがほしいと思い。
そこで、串煮込みを考案した。

それでも、やっぱり夜メニューとしては、まだ弱い、そんなこんなで、串揚げもやっちゃおう、。

そんなわけで、オレンジは進化してきたのであります。
aruku 008

ユーミンソング

先日いらしたお客様は大のユーミンファン、当店もよくユーミンのCDはかけるので、ユーミンの話で盛り上がりましたが、二人とも、大好きなのは「海を見ていた午後」という曲で意気投合しました。
このお客さま、海を見ていた午後の中にでてくる、横浜のドルフィンという店まで行ってきたとか、
歌詞のとおり、海が見えて、貨物船も見えたそうです。
とても、とてもせつない失恋ソングでして、私はこの曲を部屋を真っ暗にして聞くと泣けてくるのです。

私も来年はぜひ横浜にいって、ドルヒィンというレストランに行ってこようと思ってます。
もちろんオーダーするのはソーダ水です。

聞いたことの無い方、ぜひ松任谷由美の「海を見ていた午後」聞いてみてください。
30年くらい前の曲ですが、ぜったいに感動して、泣けますよ。
Image002.jpg
オレンジもプロの歌手の方の曲の歌詞にでてくるような店になりたい!

福島県 郡山市 飲食店

福島県には沢山の飲食店があって、その中でも郡山市には一番多くの飲食店があって、その中でも郡山駅前には
一際多くの飲食店があって、また、その中でも、うすい百貨店近辺には、これまたワンサカと飲食店があって、
そんな激戦区でオレンジは奮闘しております。

おとといと昨日は久々に連日、昼夜、満席になりまして、ピザも串煮込みも初の完売でありました!
爆発したって感じでした。
しかも、日ごろはあまり注文の無い、日本酒も沢山オーダーが入りまして、うれしい限りでありました。

この好調をなんとか維持したいなあ、、、。。
クリスマス
忘年会も宜しく!

精神、魂とは?

最近、知人のお葬式が多く、いろいろ考えさせられますが、あるお客様がこんなこと言ってました。

最近、としのせいか、お葬式、多いんだよなあ、、、
お葬式行って、火葬場行って、火葬が終わると、みんなで、骨を箸で拾うでしょ。
あれやると、いろいろと考えるな、
これは骨、肉体を焼いて、燃え残った一部、ようするに物質。
煙突からの煙も、肉体を焼いて、変化した肉体の一部、これも物質。

じゃあ、昨日まで、しゃべったり、泣いたり、怒ったり、感動したりしていた精神的な部分はいったい
どこへ行ってしまったの?
要するに、肉体に宿っていた魂のようなもの、あれは火葬したら、いったいどこへ消えてしまったの?

歌にもあるよね、私はお墓になんかいない、大空を飛び回っていますって。
それならお墓なんていらないよね。肉体はもう消えてなくなっているし、魂は空の上にあるんだから
お墓まいりなんて無意味だよね。

肉体という物質の中に閉じ込められていた霊魂は、その人が死んだ瞬間に解き放たれて、たとえば、そのとき
新たに生まれた、胎児の肉体にその居場所を求めて、新しい居場所として、赤ちゃんに宿るのだろうか?
輪廻転生ってやつですかね。

お葬式はこの世からあの世への旅立ちの儀式なんですかね、、、。

むずかしいけど、大事なお話ですね。
難しいことは考えると腹が減る、。いざオレンジへ、!
aruku 008
串煮込みと串揚げ食べて考えよう!

やがて人類は

科学、医学は毎年確実に進歩して突き進んでおりますが、芸術は進歩を止めたかのようです。
たとえば、音楽、300年前のモーツアルトなどの活躍していた頃のクラシック音楽を今だに超えるものは存在しない。
ポップスだって、50年前のビートルズミュージックを超えるものは生まれていません。

絵画や文学もどうやら昔、頂点を極めてしまったかのようです。

でも科学や医学は今だに進歩を止めない。そしてips細胞のような物まで造ってしまって、いろんな病気が治るようになり、自動車はけっしてぶつからない車が出現してこれが普及すれば交通事故で死ぬ人はいなくなる。

そうやって人類は150歳くらいまで生きるようになって、人口が増え続け、人類の食料が無くなって
破滅してしまうのではと、ある科学者が言ってました。

進歩の先には決して明るい未来だけが待っているわけではないようです。

去年の地震が無ければ、原発は限りなく増え続けていたでしょう。そして原発だらけになって、そこに
大地震がきて、破滅していたかもしれない。

科学の進歩は実は、人間を幸せにしていないのかもしれない、、、。

私は今、現代の音楽より、300年前のクラシックと50年前のビートルズが好きなのです。

料理だって、はるか昔にパスタやピザは発明され、日本ではそばやうどんが生まれ、寿司が生まれ、
いまだにそれを超える料理なんて生まれていない。
進化は止まったままです。

科学も医学も、もしかしたら、もう進歩を止める時なのかもしれないですよね。
170年前に生まれたというピザです。
H000043554_Q013.jpg

高校生に人気です!

なぜか、最近、高校生が夕方やってきて、串煮込みを食べて行きます。飲み物は水です。
いいのです。この高校生たちも、いつまでも高校生ではないから。
いつか大人になって、そのときはお酒とともに、串煮込みを楽しんでくれるだろうと、願って。

どうも思惑どうりにはいかないようで、お酒を売りたくて、はじめた串煮込みなのですが、
なかなかお酒のお客さまが増えない。

根本的にお店の外面を変えない限りは、夜、居酒屋としては認知していただけないようです。
でもそうすると、お昼のランチのお客様が減ってしまうだろうし。

昼と夜の営業形態を変えるということは、かなり難しそうであります。
2頭追うものは1頭も獲ずになりそうです。

ピザ、パスタ、串煮込み、串揚げという4大柱というのは無理がありますかねえ、、、。
問題山済みです。
aruku 003
悩んでいるところです。

お客様の心理

お客様の心理ってどこにあるのか?お客様が飲食店に望んでいることは何か?
おいしさはもちろん。それから?

自分ではできないこと。あーこんなの、家でも食べれるよ、と思われてしまっては、負けです。
あーこれはまねできないな、、、。とか、
あーこれは、珍しい、なかなか口にできないなあ、、。とか。

オレンジに行かなければ、食べれないもの、飲めないもの。それを提供できなければ意味がない。
ああ、、これはよそでもやってるな、、とか、あーこれはあそこの店でもあったな、とか
思わせないものを望んでいるのではないか?

そんな望みに、いかにして答えられるか!
オリジナリティの追求、オレンジにしかないものを求めて、今日も思案中です。
aruku 007
DSCN0465.jpg
山形、米沢のお酒「東光」を福島県で飲めるのはオレンジだけだよ。
福島県にもゆかりのある、上杉家ご用達のお酒は如何!

意外性

ピザというイタリアの料理にゴマをもってくる意外性。
パスタというイタリア料理にみそ、醤油、塩麹、とんぶりといった和の食材をもってくる意外性
福島の店なのに、山形の酒を売る意外性、

そんな意外性で話の糸口を掴むのもありかな?などと思ったりしてます。

福島で福島の郷土料理屋さんをやるという正攻法。
福島で沖縄料理屋をやる、意外性を狙った商売もありかなあ、、、。

ピザとパスタの店なのに、串煮込みという和の料理をメニューにする意外性を狙っておりますが、
どうもまだ、あまりうまくいっていない。
串揚げとの強力なタッグを組んで勝負してみようかと思っているところです。
aruku 008

冤罪

「それでも僕はやっていない」という映画をみました。
電車の中で痴漢をしたと逮捕さえた若者の映画でした。絶対にやってませんと主張しても、結局は裁判で
有罪にされてしまう冤罪の話でした。

今日もNHKのアナウンサーが痴漢容疑で逮捕されましたが、冤罪かもしれないですね。

東京の満員電車、朝のラッシュアワーを知っている人はわかると思いますが、私も東京勤務時代、学生時代も。
何回も痴漢に間違わられて、女性に睨みつけられたことがあります。さいわい訴えられませんでしたが、
あの混みようで、体を密着の状態で、どの動きが痴漢かどうかなんて、わかるはずが無いと思います。

たいがい訴えられたら、99パーセント、有罪になってしまうようで、これを覆すことはまったく無理のようです。
犯罪者と被害者の境目は、ほんの紙一重、痴漢で有罪になってしまうと、もうまともな就職はできないし、
結婚している人は離婚したり、人生が破滅してしまうそうです。怖いですよね。

理不尽な事というのはそこらじゅうに転がっていて、やっぱり東京は怖いところ、暮らすのは田舎のほうが
よさそうですな。

DSCN1194.jpg
オレンジだったら安心してお食事ができますよ。

SF映画のよう

まるで今の世の中はsf映画のようです。欲しいものは何でもお金があればネットで手に入る。
話たい人とは、どこにいても話せる。
たしかに便利です。でもこの便利さはどこか間違っているような気がしてしょうがない。

わざわざ出かけて行って、あちこち探し回って、ようやく見つかって、手に入れる。そんな苦労や努力がまったく
無駄な世の中です。
一冊の本が欲しくて、そこ等じゅうの本屋や古本屋を回って歩いたり、そんなことを必要としない世の中になりました。

連絡がとれなくて困ったなどということが無くなった。手紙を書いて、何日も返事を待ったりすることがなくなった。

各地の名物料理もいくらでも取り寄せられるようになった。ありがたみが少しづつ
薄まっていく世の中です。

わざわざ会津やいわきや白河からいらっしゃるお客様、本当にありがとうございます。
DSCN0431_20090705223037.jpg
心をこめて、手作りでおもてなし。

挑戦

どうも、やはり串煮込みというメニューはなじみが無いためか、弱いのです。ヒット商品にはなっていないのです。
そこで、今度は串揚げにも挑戦しようかと考えています。

串煮込みと串揚げのダブル串で夜のメニューを強化しようと思案中です。

ピザと串煮込みと串揚げ、この3本柱で夜の勝負にでようかと。

運は志あるものに味方するそうです。とにかく何かをヤッテミヨウ!レッツビギン!!
年末にかけて、オレンジの挑戦は続きます。
DSCN0497_20091212221957.jpg
お客様の声援だけが頼りです!!

地球温暖化は嘘?

今日いらした方に聞いたのですが、地球温暖化は大嘘だそうです。原発を推進するためのデッチアゲだそうです。
むしろ、地球は冷えている。やがて氷河期がくるそうです。
宇宙が生まれて137億年、地球が生まれて46億年。人類が生まれて500万年。
その間、地球は冷えたり、暖まったり、繰り返しているらしい。

人間の産業活動だけで、地球がどうなるもんでもない。CO2が増えたり、減ったり、これも自然現象として
あるわけで、火力発電を止めて、石油を燃やすのを止めても、さほど影響はないのだとか。

科学者の言うことを鵜呑みにしてはいけない。まったく正反対のことを言う学者もたくさんいて、
実は本当のことなど、何一つわかっていなかったりするのですから。

真実は何か?オレンジでゆっくりお食事でもして考えましょう。
DSCN0585.jpg

映画「はやぶさ」

映画「はやぶさ」をみました。あの無人探査機「はやぶさ」を題材にした映画は4本もあるんですね。
とりあえず、西田敏行さんが主演の映画を見ましたが、面白かったです。
「はやぶさ」の偉業を理解しました。すごい科学力の結集で達成された偉業ですね。

この種の宇宙研究は素晴らしいのですが、大金がかかる、しかも即効性がない。すぐに何かの役にたつわけではない。誰かをすぐに救えるわけでもない。そのことにべらぼうなお金を費やしてしまう。
じゃあ、すぐには役にたたないから、止めてしまおうというわけにもいかない。

でも、今目の前に困っている人はすごくたくさんいて、すぐにでも救わねばならない人もたくさんいて、その事に
宇宙開発費用の一部でもまわせれば、たすかるかもしれない。

たとえば、昨年、山形で救急車を要請しても来てくれなかったために死んだ大学生。
救急車も救急隊員も足りないから、急を要しない場合は断れという指示があった為で、
つまりはお金の問題。
税金を集めて、救急車を買うか、探査機を作るか?政治家の判断って本当に難しい。
だから、だから、本当に賢い人にやってもらわないと、大変なことになる。
政治家って、要は、税金の使い道を決める人ですよね。税金という存在が無かったら、政治家なんていらない。
税金で成り立つ社会の仕組みになっているから、政治家が必要。
税金というものが存在せず、全てが民間で運営できるような社会になれば、いったいどんな国になるんだろう。

難しいことはお酒でも飲んで考えよう。
DSCN0742.jpg

幽体離脱

たとえば、イチロー選手が外野でフエンスぎりぎりまで飛んだ打球を追いかけます。ボールを見ずに、
ひたすらフエンスの方を向いて、全力で走り、フエンスによじ登り、そこではじめて振り返って、ボールの方をみると、見事にグローブにボールが収まっている。
まるで、空中から誰かが、方角を指示しているかのようです。

たとえば、プロのサッカー選手はまったく後ろを見ないで、後ろにいる味方にパスしたりします。
バスケの選手もそうです。まったく見ない方向にパスして、見事に味方にボールが渡るのです。

これらは幽体離脱の現象なのだそうです。一流のスポーツ選手のは幽体離脱力があるのです。

それは私たちにも違う面であります。たとえば真っ暗な映画館で、傑作の映画に夢中になると、自分の心は
客席を離れ、映画の中に入り込みます。

たとえば、真っ暗な部屋で布団の枕元にだけ明かりを点けて、すばらしい名作の小説を読んでいると、それに
夢中になって、心は布団を離れて、本の中、小説の中に入り込むのです。

昔、部屋を真っ暗にして、ラジオドラマを聴くのが大好きでした。倉本聡の脚本で主人公が高倉健と
倍賞千恵子のラジオドラマ、「熊嵐」などは大傑作で、暴れまわる熊の様子に聞きながら、震えました。

集中力、それが幽体離脱力なのかもしれませんね。
画像新メニュー 003
そのおいしさに我を忘れる、ピザです。

怖い話

新潟に奥さんと子供を避難させている、あるサラリーマン。毎週金曜の夜は仕事が終わってから新潟に
車で帰っています。
その日も深夜、新潟に向かって、車を走らせておりましたが、眠くなったので、途中の休憩所で車を止め、
仮眠をとっていたそうです。
少しすると、誰かが、車の窓をたたく。起きて、窓を開けると、怖そうな男が立っていて、ネクタイを買ってくれと言ってきた。
深夜でほかに誰もいない。
始めは断っていたが、この男、しつこく言ってくる。車の窓にしがみついて離れない。だんだん口調が荒くなって、身の危険を感じ、2万円でこのネクタイ買ったそうです。

もう一人の方は、道を歩いていて、車の男性に道を聞かれました。丁寧に教えてあげると、ありがとうと言って
一旦は、そのまま行こうとしたが、戻ってきて、「ところで、奥さん、着物はいりませんか?」と聞いてきた。
じつはある結婚式場に納める着物がちょっとミスがあって、取り替えなくちゃいけない。だがこのことが
会社にばれるとまずいので、この着物捨ててしまおうと思ったが、もったいないので、あなたにあげる、
と言ったのだそうです。50万はする着物だという。
じゃあ、せっかくだからその着物頂きます。というと、この男は「じゃあ、仕立て代だけもらえないか」
と言ってきた。
「仕立て代だけならと、いくら?」というと、「10万」という。さんざん交渉して「2万にしよう」
ということになって、この着物もらってきたのだそうです。

家に帰って、この着物をよく見てみると、ただの風呂敷が何枚か入っていただけだったそうです。

みなさん、騙されない様に。注意しましょう。
画像新メニュー 002
オレンジのお料理はけっしてあなたを騙したりしませんよ。

働きアリ

働きアリの中のおよそ20%はさぼっているそうです。人間社会の会社の中でも約20%はさぼって、仕事を
していないそうです。
大企業ではそれが当たり前。中小企業では、少数精鋭なので、さぼっていては生きていけないでしょう。

公務員の半分はさぼっているとか?国会議員の80パーセントはさぼっているとか。

大手家電メーカーの赤字金額にはびっくりしますよね。あれだけの大赤字でも潰れないって、不思議。

個人商店では一人でもさぼっていたら、たちまちやっていけません。
必死で商売の毎日です。
DSCN0519.jpg
個人商店、がんばる。
プロフィール

小嶋 博

Author:小嶋 博
郡山市中町6-14
024-931-2036

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
検索フォーム
リンク